--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-15

第15話(第3章)「ヘンシン」

さてさて、
第14話(第2章)「トキメキ」に引き続き……
第15話(第3章)「ヘンシン」の感想を書いていきたいと思います
今回も一部イベント名が表記しづらかったので、
ゲーム本編にあるイベントはゲーム本編のイベント名を採用しました。
アニメオリジナルの方は僕のオリジナルです。
では、感想をお楽しみください。

『七咲の水泳部での変化』
ゲーム本編:座標(15,42)

プールにて。水泳部の部活が終わっても塚原先輩とともに練習を続ける七咲。
この日は背泳のタイムを塚原先輩に計測してもらっていた。
ストップウォッチを見る塚原先輩の表情はかなり険しかった。
七咲本人も納得のいく泳ぎじゃないと自覚しており、
泳ぎ終わって早々にもう一度測りたいと塚原先輩に申し出る。
この時から七咲のスランプは始まっていた……。
何度見ても悲しいイベントだよ(涙)

『大エジプトの謎』
ゲーム本編:座標(24,50)

一方その頃、以前七咲が食べていた大判焼きのクリーム味を食べながら下校する主人公。
すると彼の目の前に怪しげな男が参上し、遊園地のチケットを渡される!
これで七咲との遊園地デートフラグが立った!!
にしても怪しい格好をしてるな(笑)よく職質されないなぁ(笑)

再び……
『七咲の水泳部での変化』
ゲーム本編:座標(15,42)

水泳部の部活が終わり、着替えて帰る七咲。
更衣室で大会出場者のリストを見ながら悩む塚原先輩。
背泳50m枠が空欄になっていて、そこに七咲を入れるか他の子を入れるかで悩んでいた。
ま、結果は見えてますがね……(涙)

再び……
『大エジプトの謎』
ゲーム本編:座標(24,50)

七咲とのデートの日。
遊園地で七咲を待つ主人公。
そして七咲が現れた!!
あれ??私服違うぞ!?鞄も!!
確かゲーム本編では黒のタートルネックに黄色のジャケットだったはず……
鞄も通学用の青じゃなかった?
ま、いっか。アニメ版の私服もかわいいし!!
早速赤いスカートに見とれる主人公。ここで変態スキル発動!!(笑)
当初の予定では郁夫も来るはずだったが、風邪引いて来られなくなったとか。
郁夫は七咲の母に看病され、大人しく家でお留守番!
ナイス郁夫!!空気読んだな!!(笑)
こうして主人公と七咲の二人っきりのデートが実現した!!
おめでとう!!

そしてこの逢がかわいい!!!!!!!!!!">そしてこの逢がかわいい!!!!!!!!!!
惚れちゃった!!!!!!!!!!
七咲「あの、先輩?」
橘「ええっ。何?」
七咲「今日の私の服に何かコメントとかないんですか?」
橘「ああっ。ごめん。よく似合ってるよ」
七咲「遅過ぎます」
橘「うう……ごめん」

七咲「ふふっ」
そうだよな!遅過ぎるよな!空気読め、主人公!!(笑)

そして早速ジェットコースターに乗って酔ってしまった主人公。
高所恐怖症だもんね。無理もない。
ちなみに僕もジェットコースター駄目なんだ。
コーヒーカップみたいな高速系もね。
別に高所恐怖症ってわけじゃないんだけど。スピードが速過ぎて駄目なんだ。
はい、どうでもいい情報でしたー。
と、どうでもいい情報載せたらコーヒーカップ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
主人公は平気みたいだけど、僕はね……(汗)
その次は射的ゲーム!!うまいな、主人公!!
休憩にソフトクリームを七咲と二人で食べる。
おやおや、ソフトクリームが主人公のジャケットについてるよ。
それを七咲がハンカチで優しく拭き取った!!
いいなあ、僕も七咲に拭いてもらいたい!!(笑)


あれ?そういえば郁夫はいいけど……
美也は?ベントされた。当然。
主人公と七咲の二人っきりのデートに美也は要らない。

『梨穂子と美也と中多さん』
アニメオリジナル

主人公が自分を置いて一人で遊園地に行ったことに腹を立てている美也。
七咲が一緒にいることを知らないのかな?クスクス(笑)
そんなわけで気晴らしに中多さんを誘って遊びに行こうとしていた美也。
すると、そこへ梨穂子が現れる。
美也が梨穂子を中多さんに、中多さんを梨穂子に紹介し、二人はお互いに挨拶する。
梨穂子は創設祭の準備のため、新しく出来た和菓子屋さんに来ていた。
美也と中多さんは梨穂子に付いて行くことになった。
また太るぞ、梨穂子!!(笑)

そして再び……
『大エジプトの謎』
ゲーム本編:座標(24,50)

さあ、いよいよお待ちかねのファラオの時間となって参りました!!
僕はこのイベントめっさ好きだよ!!
ファラオの中に入ると……薄暗くて禍々しい雰囲気!!
早速出たー!!余裕の表情を見せる主人公の後ろに七咲が隠れた!!
七咲は怯えている!!だが、それがかわいい!!(笑)
橘(ああ、びっくりした。必要以上に警戒しててよかったよ)
橘(七咲の前で悲鳴上げるわけにはいかないからな)

さすが、主人公!!紳士だなぁ(笑)
奥へ進んで行くと……
①男になった薫と、並んで歩く恵子が後ろに!! ゲーム本編:座標(51,20)
恵子さん、薫にメロメロやーん(笑)薫もはりきってる!!(笑)
②幼女・つかさ&③犬になった森島先輩登場!! ゲーム本編:座標(47,51)(58,44)
この二人?いや、一人と一匹の組み合わせが絶妙だねぇ!!
つかさかわいいよ、つかさ!!(笑)

そしてキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
とうとう広い場所に出たよ!!これはあれだね!!
ゲーム本編でいくと……
ファラオの呪いにかかった七咲がしょうゆラーメンになって、
主人公が七咲を食べようとしてこしょうをかけると元に戻るっていうストーリー。
アニメでは若干修正されていて……
ファラオの呪いにかかった七咲がみそラーメンになって、
主人公が七咲を食べようとしてバターを入れて、
容器に口をつけようとすると元に戻るっていうストーリー。
戯言などいらん!!覚悟を決めろ!!!!
かっけぇぇぇぇぇ!!!!!きゃあああああファラオ様あああああ!!!!!(笑)
さらに白い霧を浴びて主人公、ヘンシン!!
七咲「よかった。無事だったんですね」
橘「う……」
七咲「先輩?」

何と!?主人公は“冬印 石川バター”を手にしているではないか!?
これはまさか!?
音楽が変わった!!恐ろしい(笑)
橘「七咲」
七咲「はい、何ですか?」
橘「七咲ってすごくおいしそうな匂いがするよね?」
七咲「は?」
橘「特にバターの溶けたみそラーメンって最高な気がするんだ」
七咲「せ、先輩?冗談ですよね?」
七咲「そんなことより早く元に戻してください。じゃないと私伸びちゃいます」
チャポン!(バター投入!!)
七咲「あ……あ」
橘「うー……」
目付きが怖いぞ、主人公(笑)
七咲「ああん……う……」
どんどん七咲の中にバターが溶けこんでいく。
七咲「バターが……う……う……あああああああああああ」
これはエロい!!!!!
裸の七咲の描写が!!!!!!
七咲「指……先輩の親指が……はぁ……息が……」
七咲「私……先輩に……食べられちゃう」
うわああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!
これはエロいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!
最高にエロいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!

主人公が容器に口をつけようとした瞬間!!
七咲が元に戻り、主人公が口をつけていた容器が七咲の人差し指に変わった。
主人公は七咲の人差し指を咥えていたとさ。
照れてそっぽを向いた七咲。かわいい!!

『ブランコで遊ぶ』
ゲーム本編:座標(11,47)

その後遊園地を出て、二人は出逢った公園に向かう。
主人公がお詫びにと、七咲に温かい缶コーヒーを渡す。
七咲は部活でタイムが伸び悩んでいたことにストレスを感じていたので、いい気晴らしになったらしい。
よかったなぁ。でも、これで七咲の不安は消えたわけじゃない……。
二人は一緒にブランコに乗ることに!!これはもしや……
やっぱりキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
スカートひらひら!!くそう、見えそうで見えない!!残念。
案の定スカートの中を見ようとしていたことが七咲にバレてお仕置きされる主人公。
七咲がブランコがまだ動いているにも関わらず、主人公の上に座り……
そのままキス!!!!!

ウホ……これは素晴らしい!!(笑)
橘「七咲?」
七咲「本当にエッチな先輩ですよね」

そのまま七咲は恥ずかしそうに帰って行った。最高!!

『翌朝、登校』
アニメオリジナル

昨日の七咲とのキスのことを思い出しながら登校する主人公。
「まさか七咲は僕のこと……だとしたら僕は……」
そこへお宝本を見せに来たKYな梅原が現れた。
お宝本のタイトルは“ILLUSION 田中ケイリ写真集”
え?田中恵子??(笑)
しかし七咲のことで悩んでいる主人公はスルーした。当然だろ?
学校に着き、早速七咲と逢い、緊張する主人公。
昨日キスしたからなぁ……。
でも、七咲はいつも通りクールのままでいた。
そしていつも通り、主人公に特売に付き合ってもらえますか?と頼む七咲。

『僕が彼女のために出来ること……』
ゲーム本編:座標(13,45)

そしてそしてキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
あの名シーンについての考察で述べている通り、
僕が一番好きなイベント!!!!!
このイベントなくして七咲逢は語れない!!!!!
七咲と一緒に特売に行くため、中庭で七咲を待っていた主人公。
しかし、部活が終わったにも関わらず七咲は出て来ない。
通りがかった部員に話を聞くと、部活は終わったけど、七咲はまだプールにいるとのこと。
主人公がプールに向かってみると……そこには塚原先輩と七咲の姿が。
何やら深刻そうだ。
塚原先輩に注意され、泣き出してしまう七咲。
泣いている姿を塚原先輩に見せたくなくて塚原先輩から逃げ出す七咲、追う塚原先輩。
ついにはプールに飛び込んで行く七咲。
心配した主人公は制服のままプールに飛び込み、七咲を追う!!
そして主人公はプールから上がろうとした七咲を捕まえ、プールに引き戻す。
プールの中で……主人公の腕に抱かれて号泣する七咲。それを優しく受け止める主人公。
その様子を見ていた塚原先輩は「彼に任せておけば大丈夫」と安心した表情でプールを出て行った。
ああ……書いていて泣きたくなってきた!!本当に素晴らしいよ、このイベント!!!
僕は初プレーで、このイベントを見たことがきっかけで七咲逢依存症になったんだ。
もう……逢がかわいくてたまらない!!!!
七咲がプールに飛び込む際に流れたBGM……ゆかな『MINAMO』
この曲は七咲逢編ED ゆかな『恋はみずいろ』のカップリング曲だそうだ。
みなも(水面)とは読んで字の如く水面という意味だ。
『恋はみずいろ』で七咲逢の恋心を、まるで水面に浮かんでいるみたいなゆらゆらした気持ちと表現している。
『恋はみずいろ』と『MINAMO』は意味的に繋がっていて、どちらも素晴らしい曲だと思う。

続いて下校シーン。もう辺りは真っ暗で特売には行けなくなっていた。
どうやら七咲は塚原先輩から、背泳の選考に落ちたと告げられ、それが原因で泣き出してしまったらしい。
でも、主人公のおかげで気持ちが落ち着いて、七咲はあと2年間で頑張ると決心した。
そこで主人公がこの質問を切り出した。
橘「あのさ、こういうこと聞いていいのかどうなのか分からないけど……」
七咲「はい?」
橘「どうしてあの時逃げ出したの?」
七咲「私、塚原先輩に泣いてるところを見られたくなくて」
橘「だから逃げ出したのか」
七咲「はい。でも、橘先輩にはもっと見られたくなかったんです」
橘「え?ごめん」
七咲「いえ、すみません。そういう意味じゃないんですけど」
橘「嬉しかったよ」
七咲「ん……え?」
橘「僕は嬉しかった。いつもと違う七咲が見られて、なんか嬉しかったよ」
七咲「先輩は……」
橘「え?」
七咲「どうして私のことを……その……追いかけて来てくれたんですか?」
橘「実は僕にもよく分からないんだ」
七咲「え?」
橘「でも、泣いている七咲を見たら何だか知らないうちに無我夢中で追いかけていた」
七咲「そうですか」
橘「うん」

いい話だなぁ!!これだから七咲逢編は最高なんだよな!!
もう逢ちゃん大好きだ!!(笑)

さらに
七咲「あの、先輩」
橘「うん?」
七咲「これから時間空いてますか?」
橘「え?これから?」
七咲「あ……いえ、すみません。何でもないです」

これはもともと温泉に誘いたかったんだね!!でも恥ずかしくて言い出せなかった。
しかたないよ。

『七咲からの誘い』
ゲーム本編:座標(22,53)

最後に七咲は主人公に創設祭での水泳部の出し物を手伝ってくれませんかと依頼する。
例のあの騒動で水泳部に迷惑をかけてしまった主人公は快く引き受けた!!
(※前回参照。胸の辺りの話)
待てよ?クリスマスに創設祭ってことは……
つまりナカヨシルートのクリスマス・パーティーに出席するってことか。
え?スキルートBESTの温泉は?ベントされた??

ご安心を!!予告にはちゃーんと温泉が映っていたから。
たぶん、創設祭の後、疲れて温泉行くフラグだね!!よかった(笑)
あの温泉シーンは絶対に必要だと思うんだ。変態的な意味でも(笑)

予告の森島先輩によると……
「逢ちゃんの背泳ぎはちらっと見える脇がセクシーなのよ」
だそうだ(笑)
これ森島はるかじゃなくて伊藤静の台詞なんじゃ……(笑)

以上……
アマガミSS第15話 七咲逢編第3章「ヘンシン」の感想でした!!
逢のヘンシンっぷりがすごい回だったね!!
僕はこの回が一番好きだな!!最高だった。もう人生に悔いはないよ(笑)

次回……
アマガミSS第16話 七咲逢編最終章「コクハク」の感想をお楽しみに!!
次回で最後だよ!!寂しいなぁ。最後は思いっきり楽しみたいね!!


ちなみに現段階でこの話の再生回数は回です!!
もう七咲逢を見たくて見たくてたまらない!!無限ループ余裕です!!(キリッ
11/23現在
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ilovenanasakiai.blog24.fc2.com/tb.php/65-157cd3b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) アマガミ・七咲逢をこよなく逢する七咲逢依存症患者の家. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。