--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-27

第1話「逢ちゃん許すまじ!!」

七咲アフターストーリー第1話~第2話 準拠

4月始め
夕方
橘家
橘「ただいま!!」
美也「お帰り!!」
美也「にぃに顔がデレデレしてるけど、何かいいことあったの?」
橘「うん。まあ。ちょっとな」
美也「ふ~ん。そういえば今日高橋先生と面談だったんだよね?」
橘「ギクッ!!」
美也「どうせ模試の成績悪かったんでしょ~?」
橘「う……」
美也「でも、逢ちゃんに慰められていい気になったんでしょ?」
美也「みゃーにはすべてお見通しなのだ!!」
橘「う、うるさい。シャワー浴びて来る!」
美也「はぁ。逢ちゃん……か」

にぃに、昔はよくみゃーと遊んでくれたのに。
幼馴染のりほちゃんと3人で楽しかったのに。
今ではにぃにとりほちゃんは疎遠で……
にぃにとみゃーも疎遠になりつつある。
これもすべてにぃにが逢ちゃんを好きになったせいだ!!
去年のクリスマス……
にぃにが逢ちゃんとデートに行ったあの日から……
すべてが変わってしまった!!
もう……にぃににとっては逢ちゃんが一番大事で……
みゃーなんてどうでもいいのかもしれない!!
みゃー悔しいよ!!逢ちゃんに負けるなんて!!
みゃーは態度には表せないけど、にぃにのことが大好きなのに!!

でも、まだチャンスはあるはず!!
そうだ、にぃにと逢ちゃんはまだ付き合いたてのカップル……
それに対してにぃにとみゃーはもう16年間一緒だよ?
この一緒にいた年月の差でみゃーの方が勝ってるんだ!!
逆転のチャンスは必ずある!!
みゃーは今ここに宣言する!!
「打倒逢ちゃん!にぃに奪還!!」
これ以上、逢ちゃんに大好きなにぃにを好きにはさせない!!
絶対に奪い返す!!何があっても!!!!
逢ちゃん許すまじ!!!!!!!!!!!


というわけで、この話は橘美也が主人公で……
本編「七咲アフターストーリー」の橘美也視点バージョンです。
「にぃに」こと本編の主人公「橘しゅう」の妹である橘美也が……
「逢ちゃん」こと本編のヒロイン「七咲逢」に敵意を抱き……
毎回毎回何らかの作戦を立てて橘しゅうを奪還しようと企てます(笑)
はたして橘しゅうは七咲逢と別れ、橘美也のものになるのか!?
ちなみに見てわかる通り、本作主人公の橘美也はブラコン設定です(笑)

美也「ブラコンで何が悪い!?」


翌日
休み時間
輝日東高校・図書館
美也「でね!この話面白いんだよ~」
中多「え?そうなの?」
美也「紗江ちん、きっと楽しめると思うよ~」
中多「うん。じゃあ、ぜひ読んでみる!」
美也「にししし」
橘「いてっ!な、何をするんだよ、七咲!?」
美也(ん?七咲?この声はもしかして……)
七咲「何をじゃないです!先輩は今なぜここにいるかわかりますか?」
美也(にぃにと逢ちゃん!!)
橘「そ、それは……受験勉強をするため……だけど」
七咲「そうですね。先輩は、勉強をするためにここにいるんですよね?」
橘「う、うん」
七咲「だったらちゃんと勉強に集中してください」
美也(あの二人、図書館でもイチャイチャしてる!!)
中多「美也ちゃん、どうしたの?」
美也「しーっ」
中多「ん?あれは……先輩と七咲さん?」
美也(逢ちゃん……にぃにとあんなに仲良くして!!)
橘「絢辻さーん!」
絢辻「え?ああ、橘くん」
橘「あ、絢辻さん!ちょうどいいところに!!」
絢辻「私に何か用なの?」
橘「うん。実は勉強を教わりたくて。いい……よね?」
絢辻「ええ。構わないわ」
橘「やった!」
美也(な……絢辻先輩まで!?)
美也(にぃに……絢辻先輩とも仲良くしてるんだ……)
美也(逢ちゃんがいるっていうのに……それだけじゃ足りないの?)
美也(にぃに……みゃーは……)
美也「がっかりしたのだ」
中多「美也ちゃん、そろそろ授業始まるから行こう」
美也「にぃに……」
七咲「さ、先輩。私たちも行きましょう」
橘「うん……あれ?美也!お前こんな所で何を?」
七咲「美也ちゃん、遅れるよ?」
美也「う、うるさい……」
橘「は?」
美也「うるさいのだあああああああああああああああ」
七咲「美也ちゃん?」
美也「こんな所でもイチャイチャしちゃって!!」
美也「逢ちゃん、にぃには……みゃーのものなんだからね!!!!!」
美也「絶対に渡さないのだああああああああ」
美也は走って逃げた。
橘「あいつ……何が言いたかったんだろ?」
七咲「さあ?あ、それより早く行きましょう」
橘「うん」

こうして、みゃーは休み時間の図書館でイチャイチャしているにぃにと逢ちゃんを発見した。
さらにはにぃにが絢辻先輩ともイチャイチャしていることが判明。
にぃに……みゃーは情けないよ。

でも、後で廊下で偶然出逢った絢辻先輩から聞いて分かったけど……
絢辻先輩はただ普通ににぃにに勉強を教えていただけで……
別ににぃにのことは何とも思ってなかったらしい。
絢辻先輩からは「まったく。早とちりなんだから」と苦笑された。
猛省します……。
みゃーは、にぃにのことだからてっきり……
「絢辻さん、エッチな勉強を教えて!!」
とでも言ったのかと思ったよ。にししし。

また、絢辻先輩はにぃにと逢ちゃんが恋人同士だってことは見抜いていたらしい。
さすが、天才の絢辻先輩。
勝負はまだまだ始まったばっかり。
これからみゃーは頑張って逢ちゃんに勝ってみせる!!
そして、にぃにを必ず取り戻してみせるからね!!
次回をお楽しみに。



第2話に続く。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ilovenanasakiai.blog24.fc2.com/tb.php/48-a893b607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) アマガミ・七咲逢をこよなく逢する七咲逢依存症患者の家. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。