--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-26

今日は大学の講義が3限目のみだった。しかも外は快晴…お花見にはモッテコイの天気じゃないか!
それだけではなく、登校前に昨日まで悪戦苦闘していたブログ更新の作業が思うように進んだことから
かなりハイテンションになっていた。僕は、この勢いのまま大学に突撃したのである。
というわけで僕、変態紳士の七咲しゅうは講義終了後、ぶらりとお花見に出掛けた。

講義のない暇な時間はいつも家にひきこもって、PCの前に常時スタンバイ…
目の前にPCがなかったらケータイをいじる…結局同じことだ。
こうなってしまったのはすべて自分のせい。単位が取れなきゃ当たり前だ。
去年まで同級生だった人たちは自分にとって先輩となり、関係はますます疎遠になっていく。
悲しい話だ。しかし、僕は決して人前で悲しい素振りは見せない。
常に心の奥で悲しい気持ちを押し殺して、笑顔を保つようにしている。

それができたのもアマガミという神ゲーのおかげである。
大好きな嫁・七咲逢のことを考えている時だけ僕は幸せでいられる。
今日桜を見ている時も、七咲アコガレ放課後イベントのことを密かに回想していた。
七咲のキャラソンの歌詞にもある、神社で七咲と一緒に「二期桜」を見る、あのイベントである。
今日見たのはおそらく「二期桜」ではないが、僕の左隣にかわいく微笑む七咲が見えた!

「それにしても時間が経つのって、早いですよね」
「もう1年経っちゃいました」
「去年、ここに立っていた私は中学生で、今はもう高校生なんです」
「一緒に見上げる人も去年と変わりました」
「私、先輩とここに来れてよかったです」


七咲のセリフを回想した瞬間、なぜだろう、僕はとたんに泣きたくなったんだ。
さっきまで強がって見せていた僕でも、時折心が折れそうになる。
悲しい気持ちを隠しきれなくなることだってあるよ。人間なんだから。
経つのが早い時間…それを有意義に過ごすか、ムダに過ごすかは個人の努力次第である。
七咲や元同級生たちは有意義に過ごして来た。だから、今幸せである。
僕はその真逆の立場だ。違う意味で一緒にいる人も去年と変わってしまった。
寂しい…悔しい…リア充になりたい…いつもそう思う。
見上げた桜はすごくきれいなのに、僕の心の中はきれいじゃない。

でも、ここで諦めたら来年も同じ気持ちでこの桜を見上げることになるだろう。
そんなことはあってはならない。

僕は男なのだ!      変態紳士なのだ!

決してくじけないぞ。   この桜に誓って!!

今年こそ有意義な時間にしてみせるさ!


そう強く決心し、桜に背を向けた。今日の僕は一味違うね!

うん、それが言いたかっただけ。じゃあ、今日はこの辺で!
また次回ということで。時間は大切にしようね。


桜0426







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ilovenanasakiai.blog24.fc2.com/tb.php/4-bebc6b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) アマガミ・七咲逢をこよなく逢する七咲逢依存症患者の家. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。