--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-17

dearie  素敵なお友達との思い出

こうしてゆかなさんのライブは無事に終了。
物販のところでしばらく僕、agaokaoさん、ききさん、ききさんの知り合いの4人で会話。
その後、ききさんの知り合いと別れて3人で商店街をブラブラしました。
とても大きな商店街で、地元の名産品がずらーっと並んでいて興味深かったです。
地元の名産品を眺めながらのゆかなさんについての会話はとても楽しくて……
気付いたら17時くらいまでそこにいました。
ここで特に印象的だったのは……
・ききさんが僕とagaokaoさんにワッフルをプレゼントして下さったこと
・朝僕が見つけられなかった「なか卯」がこの商店街のすぐそばにあったこと
……ですね。
ききさんは親切な方だし、僕はDJK(ドジっ子)だし、個性あふれる3人です。
(あれ?1人抜けてる?)

ちなみにこのライブで知り合ったゆかなさんファンは4人でした。
ききさん、彼の知り合い、僕の右隣の方、その右隣の方。
このうちの彼の知り合い以外の方々はゆかなさんのブログにコメントしています。
この4人とは出逢うべくして出逢ったわけですが、会話をしたのは今回が初めてでした。
こうやってゆかなさんのライブで楽しい仲間がぽぽぽぽーん!
もっと色んな方と知り合えたらいいですね。

一応改めて紹介しておくと、agaokaoさんとは早稲田祭で出逢いました。
彼が参加出来なかったゆかなさんの神戸のチャリティーライブ。
その内容が書かれているどこぞのブログにお世話になったとか。
それからしばらくして早稲田祭に参加。
同じ会場にいた目立つ人を見つけて声をかけました。
その相手がそのブログの管理人だったそうです。
それが僕と彼の出逢いでした。
当ブログと「七咲しゅう」だけで特定されてしまってびっくりでした(笑)
そうやって知り合った直後に一緒に映画プリキュアを見たという思い出が。

で、話を戻して、会場を離れた3人は別の商店街をブラブラしました。
いきなり牛たんを食べるか、それとも喫茶店でご当地のお菓子を食べるか。
迷った末に後者に決まりました。
そんなわけで入ったお店が「玉澤総本店」でした。
二階が喫茶店になっていて、18時半までの営業でした。
とりあえず、僕は「ずんだしるこ」を、他の2人は「抹茶ぜんざい」を注文しました。
DSC_0541縮小  DSC_0542縮小
「ずんだ」ってなんだ??って思われる方。ギャグのつもりはありません!!
「ずんだ」とは枝豆(未成熟な大豆)またはそら豆をすりつぶして作る緑色のペーストのこと。(by wikipedia)
言葉で説明するとそんな感じです。
写真を見ると、その色とところどころ豆の形が残っているということで分かると思います。
豆の味とクリームの味が合わさって絶品でした!
この「玉澤総本店」で18時半頃までだべっていました。
一番年上のききさんが面白かったです。
ききさん曰く、僕もagaokaoさんも変わり者だと(笑)
まあ、僕は確かに変わり者ですがね……。←自分で言うな(笑)

その後、2人をお土産物屋さんまで誘導しました。
この2人、何も調べずに仙台まで来たそうで、僕が案内するしかなかったです。
僕は珍しく用意しゅう到で仙台のお土産物屋さんについて色々と調べてから来ました。
まあ、もともとagaokaoさんが一緒に来ると分かるまで1人で行動する予定でしたから。
夜行バスの時間までの暇潰しをバッチリ用意していたわけです。
そんなわけで仙台三越、藤崎に行きました。
前日にお土産を買ってしまった僕は2人がお土産を買うのを見届けていました。

時刻は19時を周り、仙台三越、藤崎の閉店時間になりました。
20時台の新幹線に乗って帰るというききさんのために、仙台駅の牛たん通りへと案内しました。
人が大勢並んでいた「利久」は避けて、「たんや善治郎」に入りました。
僕はニ夜連続「牛たん定食1人前」を、agaokaoさんは「牛たん定食1.5人前」をそれぞれ注文。
ききさんは地酒3種類とともに「牛たん丼」か何かを注文していました。
「たんや善治郎」の「牛たん定食1人前」↓
DSC_0543縮小
僕は前夜に1人前で満腹になったのに1.5人前を注文したagaokaoさんがすごいなと思いました。
ききさんはききさんで、これから新幹線で帰るってのに酔い潰れる気満々でした。
「ニ夜連続牛たん食うハメになってすまんね」とききさん。
いやいや、むしろニ夜連続牛たんが食えて嬉しいくらいでした。
こうやって牛たん牛たん書いて写真見てるとまた牛たんが食べたくなってきたという……。
恐ろしや牛たん!
なお、前夜に牛たんを食べた僕は二人に盛んに「テールスープおすすめ」って言っていました。
テールスープは本当に美味いです!!
それに対し「酒飲んでテールスープって、汁物ばっかりだな」とききさんのさり気ないツッコミ。
とりあえず、ききさんの新幹線の時間に間に合うようにペースアップして食べていましたが……
それでもagaokaoさんが僕以上に食べる速度が速かったです。
「1.5人前あったのにもう二人の残っている量が同じだな。すごい」とききさん。
確かにagaokaoさんはすごいなぁと思いました。
その後食べ終わった僕はききさんの新幹線の時刻を調べました。
この時分かったのは、僕もagaokaoさんも「はやて」に乗って来たということです。
ききさんに新幹線の停車駅を聞かれて「東京、上野、大宮、仙台」と答えました。
「え??大宮から仙台までノンストップ??」
ききさんはすごくびっくりしていました。
どうやら東北新幹線はやまびこ以外は栃木県と福島県には止まらないようです。

ちょうどいい時間になって「たんや善治郎」を後にして新幹線の改札口へ。
「喫茶入ったし、お土産買ったし、牛たん食ったし。もう思い残すことはない」
ききさんは十分に仙台を堪能されたようで、何よりです。
ききさんと別れて、夜行バス組の2人だけになりました。
上記から分かる通り、ききさんは「やまびこ号」に乗って帰りました。
あんなに酔っ払って大丈夫だったかな?と心配でしたが、まあ問題ないでしょう。

2人で夜行バスの乗車位置を確認し、仙台駅東口のサイゼリヤに入りました。
僕は23:30発の横浜駅東口行きに、agaokaoさんは23:45発の東京駅行きにそれぞれ乗る予定でした。
なので、23:00までサイゼリヤでドリンクバーだけ注文してだべっていました。
この時一番驚いたのはagaokaoさんがazusaさんの曲を好きになっていたことです。
早稲田祭の時に、彼が「アマガミオールナイト上映会」に参加するという話を聞きました。
当然ゆかなさん目当てだったようですが。
そこでazusaさんの生歌「i Love」「君のままで」を聞いてファンになったとか。
僕はそれを聞いて嬉しかったです。
早稲田祭が終わって二人で映画プリキュアを見に行った際に彼の前でうっかり着信音が鳴ってしまいました。
azusaさんのアルバムの曲で「夏祭り」でした。
それを聞いた彼が「それ何て曲ですか?」って聞いて来て、「あ、知らないんだな」って思いました。
あの時azusaさんを知らなかった彼がazusaさんに興味を持ってくれて僕は嬉しい限りです。
今後、ゆかなさんだけじゃなくてazusaさんのイベントも一緒に行きたいなと思いました。

だべっているうちに時刻は23:00となりました。
23:20集合だというagaokaoさんを集合場所まで見送った僕は引き返して夜行バスに乗りました。
初めての1階建てトイレ付きの夜行バスでした。
今までは2階建てトイレ付きしか乗ったことがありませんでした。
やっぱり1階建てだろうが2階建てだろうが夜行バスが窮屈なことに変わりはない!!
しかも休憩なしで横浜に向かいました。
以前神戸行った帰りに休憩時間に起きた悲劇を思えば、休憩がなくてよかったなと思います(笑)
しかしやっぱり夜行バスは窮屈で寝付けません。
4時くらいに起きてカーテンの中に首を突っ込んで夜景を見ながらワッフルを食べました(笑)
ききさん、本当にありがとうございました。
ちょうどいいお夜食でございました。



最後にまとめます。
ゆかなさん、本当にありがとうございました。
ゆかなさんが仙台でライブを開いて下さったおかげです。
そうでもなければ僕らがこうして仙台に行くこともなかったと思います。
仙台の美味しい物を食べて宿に泊まって、楽しい仲間と出逢えて……。
本当に感謝の言葉しか出て来ません。
僕は仙台に行けて幸せでした。また行きたいなと思います。
そう思えたのもやっぱりゆかなさんのおかげですよ。
ありがとうございました。
また今度遠征する機会があったらぜひぜひお供させて下さい。
ゆかなさんが緊張せずにライブを楽しめるようにこちらも頑張ろうと思います。

がんばれ、東北!
がんばれ、ゆかなさん!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ilovenanasakiai.blog24.fc2.com/tb.php/181-21058757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) アマガミ・七咲逢をこよなく逢する七咲逢依存症患者の家. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。