--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-17

ほほえみをもらった ゆかなさんのライブ

2月12日、ゆかなさんのライブ当日。
この日は朝7時半に起床し、軽くシャワーを浴びて身支度を整えて8時にチェックアウト。
なか卯で朝飯を食べたかったのですが見つからず、結局会場の隣のマクドナルドへ。
スマートフォンなので調べれば良かったのですが、面倒だったので(笑)
朝飯を食べ終えて9時くらいに会場前に待機。
新幹線で10:09に仙台に到着し、30分以内に来るという僕の相棒とここで待ち合わせをしました。
DSC_0534縮小  DSC_0535縮小

ご覧のとおりに、会場は大きな商店街の中にあります。
9時半くらいになって貼り出されました。
DSC_0536縮小
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
ゆかなああああああああああああああああああああ!!


それからちょっとの間PSPでゆかなさんのアルバムを聞きながら商店街をブラブラしていました。
10時ちょっと前くらいになって、ピアノの海老原さんを発見!!
急いでPSPの音楽を止め、隣にいたフードを被った白いゆかなさんに近付きました。
その際に焦ってPSPを地面に落としました!!
しかし拾っていてはゆかなさんが行ってしまうと思ったので放置
ゆかなさんに後ろから声をかけ、前日に買ったお土産を直接手渡ししました。
「頑張って下さいね」「ありがとう」
少ない言葉を交わし、再びPSPの元に戻りました。
「落としましたよ」「あ、だ、大丈夫です。問題ないです」
海老原さんともそんな会話をしました。
いやぁ、偶然とはいえお二人に逢えて嬉しかったです。
ゆかなさんに誕生日プレゼントを直接手渡せて良かったです。
前日に買った「ROYAL TERRASSE(ロワイヤルテラッセ)」の「ダックワーズ」です。
金賞を受賞したという洋菓子なので、ゆかなさんにはぴったりのお誕生日プレゼントです。

その後、待てども待てども相棒はなかなか来ませんでした。
会場の前にいたらスタッフと間違われ、地元の商店街のおじちゃんからゆかなさんについての質問を受けました。
「この人どういう人?」
「声優のゆかなさんです」
「声優さんがライブ?」
「はい。彼女の誕生日が1月6日で、それを記念して1月21日に東京でバースデーライブが行われ……」
「今回は出張版としてこちらで行われることになりました」
「当初、土曜日か日曜日かで迷って、土曜日は東京で日曜日は仙台で行われることになりました」
「まあ、去年が去年なので東北復興を兼ねて仙台での開催となりました」
「声優さんがライブやるんだ……声優さんも歌うんだね」
「はい。声優さんも歌が上手いですよ」
「スタッフですか?」
「あ、いえ、僕は参加者です」
「ずっと立ってるからスタッフかと思いました」
などという会話を交わしました。
そこまで説明しなくても良かったのに、ゆかなさんのことになるとついつい本気になります。
ノンストップで1日ゆかなさんのことを語れる自信があります!(キリッ
スタッフと間違われ、それでもいつか本当にスタッフになれたらいいなぁなどと考えていました。
いや、僕はただの参加者でいいです!それ以上は望みません!!
声優さんも歌が上手い……当然かもしれませんね。もともと歌唱力も鍛えられているはずなので。
最近はキャラソンを歌うことを余儀なくされるので歌唱力がないとやっていけないのかも。

相棒がなかなか来ないので聞いてみると、道に迷ったとか!
どうやら移転前の場所に行ったらしく、何とか連絡を取り合って会場前で再会出来ました。
去年の早稲田祭で出逢った相棒、agaokaoさん(ゆかなさんのブログのコメント参照)です。
彼もゆかなさんの大ファンで、初代プリキュアの頃からのファンだそうです。
彼と11:30頃までゆかなさんの出演作について語っていました。
例えば、ISでは僕同様シャルロッ党だとか、アマガミSS+七咲逢編について僕と同意見だったり。
会話の最中に今度は別のおじちゃんにゆかなさんについて尋ねられ……
代表的な出演作として初代プリキュアを挙げていた彼はさすがだと思いました。
最近の深夜アニメよりもプリキュアの方が一般受けがいいですからね。

そうこうしているうちに11:30くらいになって誰も待機者がいないことを不審に思い……
この通路を進んで会場内に入ると、すでに数名並んでいたという。
DSC_0539縮小
みんないつの間に!?
待機していた人の中にagaokaoさんの知り合いがいて、その人と仲良くなりました。
後ほど行動を共にすることになる「きき」さんという方で、同じくゆかなさんのブログにコメントする人です。
どうやら早稲田祭にいたらしく、僕のことを多少知っていました。
やがて整理番号順に整列し、会場入りとなりました。
ききさんが5番、僕が6番、agaokaoさんは9番の人がいなかったので9番でした。
ちなみに、僕とagaokaoさんの間にききさんの知り合いがいました。
彼は当日にゆかなさんのライブの情報を掴み、急いで当日券を買ったそうです。幸運!
DSC_0537縮小  DSC_0538縮小

僕はいつも通りに心のリミッターを解除し、ライブモードに突入。
カシスウーロンを注文。
膝にはゆかなさんのシングル2枚、セシリアさんのタペストリー、C.C.のファイル、七咲逢のラバーストラップ……
もちろん七咲逢Tシャツは常時装備で。
そんな臨戦態勢バッチリな僕は前から2列目中央、通りを挟んで右に着席。
その隣、通りを挟んで左にagaokaoさんが着席。
さらに僕の右隣とその右隣にもゆかなさんのブログにコメントを寄せている方々が。
彼らともすぐに仲良くなりました。

毎度毎度前置きが長くてすみません。
ここからお待ちかねのライブパートです。



こんな感じの衣装でゆかなさんがステージに上がり、続いて海老原さんが。
東京の時と同じ衣装で、そちらに参加した夢幻探求君(むーたん)が描いた絵です。
ゆかな衣装

1曲目:ほほえみをあげたい
ライブはこの曲の開始とともに始まりました。
むーたんから東京の方の話は聞いていたので、選曲が同じだとすぐに分かりました。
早稲田祭(早稲田にほほえみをあげたい)から連続して1曲目に歌われています。
この曲が終わって冒頭の挨拶でゆかなさんが仙台のPRっぽいことを言っていました。
ゆかなさんも僕同様に初仙台で、前日に牛たんを食べ、宿に一泊したそうです。
ホテルでONEPIECEのしらほし登場シーンを見てから来たと言っていました。
(仙台でONEPIECEは関東と放送時間が同じで一週遅れ)
ゆかなさんのライブが初めてという人が数人いました。
ゆかなさん「べ、別にたくさん来ているからいけないってわけじゃないんだよ?」
また、僕を含め、仙台以外から来た人が結構いました。

2曲目:DA-NN! DA-NN! はじまる物語
さっきも書いた通り、僕は去年のバースデーライブで買ったゆかなさんのシングルを膝の上に乗せていました。
2005年発売のシングル「dearie」に収録されているのが「DA-NN! DA-NN! はじまる物語」です。
CDのケースの表のゆかなさんはかっこいいし、裏のゆかなさんはかわいいし。
そのシングルをこの歌の間中、左手でゆかなさんに見えるように持っていました。
(さっき書いたもう一枚は2002年発売の「everytime together」です)
このタイミングだったか忘れましたが、ゆかなさんがご自身のライブのスタイルについて語っていました。
ゆかなさんのライブはフリーダムです。
毎回曲を決めて来るものの、その時の雰囲気や天候で曲を変えるらしいです。
今まではアニメの出演はそんなに多くなくてキャラソンはあまり歌わなかったのですが……
最近になってアニメの出演が増えてキャラソンを歌う機会が多くなったと。
ゆかなさん「仙台のアニメの事情は知らないけど、今アマガミSS+は何話?」
左端の方の人「梨穂子編終わりました」
ゆかなさん「そうなんだ……」
僕「関西では今日七咲逢前編です」←聞かれてもないけど答えた人
ゆかなさん「そっか。終わったのは関東だけなんだ。あ、ネタバレするつもりはないよ」
ゆかなさん「アマガミSS+ではキャラソン歌ってないけど、アマガミSSのEDを歌うね」
というわけで……

3曲目:Noble Heart
4曲目:恋はみずいろ
3曲目はIS(インフィニット・ストラトス)のセシリア・オルコットのキャラソンです。
早稲田祭で初披露となり、その時はEDと混ぜた感じでしたが、今回はフルサイズでした。
僕はシャルロッ党ですが、実は誰のキャラソンも聞いたことがありませんorz
早稲田祭で聞いた「Noble Heart」以外はね(^ω^;)
この歌の間中、セシリアさんのタペストリーを掲げていました。お約束。
むーたんから誕生日プレゼントとしてもらったものがここで役に立つとは……。
でも、その後ISの見てない3話以降を見始めたら見事にシャルロッ党になり……何だかなぁ。
まあ、それはいいとして、七咲逢「恋はみずいろ」
これも早稲田祭で聞いたのですが、あの時とは違ってそこまでアップテンポではなかったです。
東京の方では「幸せの砂浜」だったそうですが、ここでは「恋はみずいろ」でした。
これもゆかなさんが気分的に変えたのでしょうか?

5曲目:Close To You
2011年のバースデーライブの“ミュージックバーゆかな”
それが2012年のバースデーパーティ(東京)で“ミュージックカフェゆかな”に変わりました。
理由は簡単で、お酒がないからバーじゃないと。じゃあカフェ。
東京の方はケーキがありましたが、今回はケーキがなくて歌だけでした。
歌の間奏部分で「本当は抹茶でも出したいけどね」とゆかなさん。
でも今回逆にケーキがなくてよかったと思います。
東京との決定的な違いは、ケーキを食べるためのテーブルがないことです。
テーブルを置いたため、会場入り出来る人数が削減されてしまったのが東京のデメリットでした。
ゆかなさんご自身初の仙台でのライブなので多くの人に来てもらいたいという想いがありました。
そのため、ケーキを出さなかったことで、ゆかなさんとみんなの想いが実現したライブとなりました。
ただ、仙台にもデメリットがありました。
それは、会場の「仙台MACANA」がもともとオールスタンディング用のライブ会場だということです。
オールスタンディング用なので立った時にステージと客の高低がちょうど良くなります。
距離感も近めに設定されています。
それをライブ開始直前にagaokaoさんが言っていました。
チケットをゲットした時に「オールスタンディング」と書いてあり、それを覚悟して行ったわけですが……
わざわざ来た僕らのために丁寧に椅子を用意して下さったゆかなさん。
ゆかなさんのライブスタイルが「座ってゆっくり聞く」なので、当然と言ったら当然かもしれません。
ただ、座ってしまうと客席の方が低くなるし、距離感もかなり近かったです。
普段とは全然違う会場にゆかなさんも緊張していたように見受けられました。

ここで、海老原さんがゆかなさんとの出逢いについて語っていました。
「“ゆかなです(可愛い感じに)”って紹介された時は、ああそういう感じなんだって思った」
「でも、初めて彼女の洋楽を聞いて、圧倒された」
要するに普段は可愛いゆかなさんだけど、本気モードになるとまったく別人になるというギャップです。

また、物販に置いてあった謎のCDの説明がここでありました。
どうやら海老原さんの奥さんのCDだそうです。
いつも海老原さんと女性が一緒にいるところを見かけ、仕事の関係者だと思っていたゆかなさん。
実はそうではなくて、海老原さんの奥さんだったという!
ゆかなさん「結婚してたんだ……。いいなぁ。私は一生独り身」
それを聞いて僕の中の何かが反応しました!(笑)

6曲目:Friends
この曲はゆかなさんの友達が落ち込んでいる時に思い付いた曲だとか。
友達って大事だなって思わせる曲です。

7曲目:傘になる
海老原さんが下のパートを担当していました。
ゆかなさんは(コードギアスの)某福山と一緒に仕事をしているといつも雨になるそうです。
東京でのライブの時にゆかなさんがそう言っていたとむーたんから聞いたのを思い出していました。
また、agaokaoさんから後で聞いた話ですが……ゆかなさんが「傘になる」を歌うと大抵失敗するとか。
ゆかなさんのアルバムのコンサートDVDでは失敗した「傘になる」だけがカットされているとか。
このライブでは成功していたので良かったですが。
ちなみに、この日の仙台は朝から雪が降っていました。
ゆかなさんは以前は晴れ女でしたが、東京・仙台どちらも雪が降り、雪女疑惑が浮上しました……。

8曲目:Wandering
全体的にしっとり系の曲が多かった今回のライブ。
2曲目の「DA-NN! DA-NN! はじまる物語」と同様の明るい曲でした。
この日珍しく会場から手拍子が聞こえたような気がします。

9曲目:dearie
ゆかなさん「短かったね。これで最後だけど……」
僕「え~~~~~!」
みんな「え~~~~~!」
ま、お約束のリアクションでした。
東京の方の8曲目「愛が迷わない」の代わりにここで「dearie」でした。
曲の途中でゆかなさんの歌声が途切れました。
どうしたのかな?と思ったら目から涙が。
曲が終わり、海老原さん「今朝被災者を見て感極まったんだよね?」ゆかなさん「それ言わないで……」
なるほど。仙台は被災地です。あの災害の爪痕はまだ残っています。
ゆかなさんは言ってなかったけど、前日から仙台に泊まっていたなら地震を体感したはずです。
僕は地震の直前に目が覚めたので感じましたが、ゆかなさんははたして……?
また、ライブの直前にagaokaoさんから聞いた話ですが、気仙沼はテレビで見るよりも被害がすごかったとか。
「dearie」って歌はゆかなさんの人生そのものが書かれた歌です。
「生きた証」という言葉が歌詞に出て来ます。
まさしく被災者の方々が抱えている悩みや不安と通じるものがある歌です。

ここで一旦ゆかなさんと海老原さんが退場し、アンコールで戻って来ました。

戻って来て早々アニメの話になりました。
「私ね、男子高校生の日常~女子高生は異常~っていう作品に出ていて女子高生役をやってます」
「男子高校生の日常って言うけど、あれはほんのごく一部の男子高校生だと思うのね」
といった感じに最初は男子高校生の日常の話題になりました。
~女子高生は異常~っていうのを聞いて真っ先に思い浮かんだのは言うまでもなく「●咲逢」です(笑)
何故か「●咲逢」が脳内をループしていました(笑)
続いて……
「他に何か作品知ってる?」
僕「未来日記」
「未来日記かぁ。あれ恐いよね。そう思わない?未来日記は恐いから、元気のある時に見てね」
いや、そうは思いませんが……。疲れている時に見ても何とも思いません。
最後に……
「他は?」
agaokaoさん「ラストエグザイル」
「ラストエグザイルは大変!寝れない!」
「台本が収録の二日前に渡されて、ロシア語を勉強しなきゃいけないから徹夜する」
「私は私の役の他にナレーションをやってて、サブタイトルが何故か英語」
「他にも男の子と女の子の役をやってて、もう大変!!」
「まあ、男の子と女の子は日本語だからまだ楽だけど……」
……とにかく途方もない話を聞きました。
ラストエグザイルの話自体は東京の方のライブに参加したむーたんから聞いていましたが……
まさかここまで大変な役だとは思ってもいませんでした。
ゆかなさん頑張り過ぎじゃないですか?
徹夜して倒れないことを祈っています。

「えっと……そろそろ歌おっか?」

10曲目:命咲く
11曲目:やさしさがしっとりと降るなかで
さきほどまでのトークの中で海老原さんが「アンコールで一曲増やそうか?」と言っていました。
よって、11曲目が歌われることになりました。
僕的には「そよかぜのウタ」でシメてもらいたかったのですが、こういうシメ方もアリだなと思いました。
しっとり系の曲で始まって、途中ちょっとだけ盛り上がって最後はしっとり系でシメる。
素晴らしいライブでした。


ライブ全体を通して
さきほども書きましたが、いつもとは違う雰囲気の会場だったためにゆかなさんは緊張していました。
「~です、よ、ねっ?」と言って不安そうに海老原さんの方に振り向くことが多々ありました。
今回しっとり系の曲が中心で、いつもはっちゃける僕も比較的大人しかったです。
ていうか、しっとり系の曲なのに一人だけバカみたいにハイテンションだったらおかしいです。
困っているゆかなさんを見てもどうしていいか分からず、僕も困っていました。
もっとゆかなさんがリラックスできるリアクションができたらよかったのになと後悔しました。
まあ、いつもこんな感じの癒し系フリーダムライブなので何とも言えませんが。
それでも僕は他の人よりは頑張ってリアクションしている方ですよ?
しっとり系の曲だってゆかなさんを見つめながら体を揺らしてリズムに乗りながら聞いています。
目立つように色々なアイテムを毎回用意しているし。
……って!そんな僕はどっちかって言ったら異常??
ゆかなさんのライブは癒されて眠くなってリアクションできなくなるのが通常。
逆にはっちゃける僕は異常ってこと、です、ね……。
いいじゃないですかぁ!!隠しきれない気持ちを体全体で表現しているんです!!
まあ、そんなわけで、僕はゆかなさんが緊張しないように精一杯リアクションします!!
それが僕に癒しをくれるゆかなさんへの精一杯の感謝の気持ちだと思うから!!

ラストエグザイルなどのハードな仕事を次々とこなしていく立派なゆかなさん。
だけど、ライブで緊張してしまうなど、内面はすごく繊細で弱いです。
チャリティーライブを開催した時も事務所が動いてくれなくて自力でやったそうで……
大丈夫かなぁ?ってちょっとビクビクした様子でした。
今回、そんなゆかなさんのギャップを知ることが出来ました。
こんな風に忙しい中わざわざ仙台まで足を伸ばして椅子も用意して下さるなど優しいゆかなさん。
その優しさに答えるべく僕らも困っているゆかなさんを支えてあげられたらなぁと思います。

まあ、そういう話はまた別の機会にして、次行きましょうか。



dearie  素敵なお友達との思い出  へ続く

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ilovenanasakiai.blog24.fc2.com/tb.php/180-383b13ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) アマガミ・七咲逢をこよなく逢する七咲逢依存症患者の家. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。