--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-12-25

エピソード「先輩、メリークリスマス!」

僕と逢の長女である祈が小学校低学年になった頃の話。
同じく長男である幸伎が生まれて3ヶ月ほど経った12月。

祈のクラス

男子A「そういや、もうすぐクリスマスだな」
女子A「そうだね。サンタさんに何をおねがいしようかな?」
男子A「バーカ!サンタなんていねーんだよ!」
女子A「いるもん!!サンタさんはいるの!!」
男子A「へぇ~」
女子A「な、何よ?」
男子A「だったら、しょうこを見せろよ」
女子A「しょ、しょうこ?」
男子A「サンタの写真でもとってこいよ!クリスマスに見せろよ」
女子A「え、ええっ?」
男子A「かんたんだろ?クリスマスイヴの夜、ずっと起きてればいいんだ」
女子A「え?だ、だめだよ。いい子にしてないとサンタさん来ないんだって!」
男子A「だろうな。サンタなんかいない。本当はオレたちの親なんだ」
女子A「ち、ちがうって!」
男子A「本当のすがたを見られたくないから、いい子はねろってことなんだろ?」
女子A「……」
男子A「だったら、本当のすがたを見てやれ!どうせ本当は……」
女子A「やめて!」
男子A「しんじているなら、しょうこをもってこれるよな?ずっと起きてろよ」
女子A「……」

女子児童の席の斜め前に、通路を塞ぐような感じで男子児童が立っている。
祈は黙って聞いている。

男子B「もうやめろよ!」

一人の男子児童が割って入った。

男子A「あ?シンじゃないか。あんだよ?」
男子B「お前がサンタはいないって思うのはかってだ。だけど、人のゆめまでこわすなよ!」
女子A「シンくん……」
男子A「うるせーよ。お前にはかんけいねぇだろ!」
男子B「かんけいあるさ。そこ、オレのせきだ。どけ」
男子A「あ??どけだと?」
男子B「つうろをふさいでてじゃまだ」
男子A「てめ!」

シンくんは男子児童をどけて着席した。

男子A「このやろ!」

男子児童はシンくんの襟元を掴んで殴ろうとしたが……

男子B「あ、先生だ!」
男子A「う……」

男子児童は大人しく席に戻っていった。

担任「じゃあ、授業を始めるわよ~」
男子A「ちくしょー。あいつおぼえとけ」
女子A「シンくん、ありがとう」
男子B「ううん。気持ち、わかるよ。オレもサンタからほしいプレゼントがある」
女子A「ほしいプレゼント?」
男子B「ああ。みんなにはないしょだけどな!」
女子A「なんだろう……」
祈「……」

休み時間、クラスの女子たちが話している。

女子B「シンくん、かっこいいよねぇ」
女子C「うんうん!さっきの見た!すごかった!」
女子B「お父さん、大きなグループの会長さんなんでしょ?すごいよねぇ」
女子C「しょうらいはお父さんのあとをつぐらしいよ」
女子B「テストじゃいつも100点だし、すごいよねぇ」
男子B「……」

女子たちの会話をそばで聞いていたシンくん。
その表情は少し曇っている。

男子B「……」

シンくんは考え事をしながら廊下を歩いていた。

男子A「よう!さっきはよくも!」
男子B「……」
男子A「おい、聞いてんのか!」
男子B「……」
男子A「おい!」

男子児童が殴りかかろうとしたところに祈が通りかかった。

祈「!」
祈「シンくん!先生がよんでたよ!いこっ」
男子B「……え?あ、うん」
男子A「ちっ」

祈は強引にシンくんの手を引いた。
職員室に行くのかと思いきや、逆方向に向かっていた。

男子B「お、おい、そっちはぎゃく……」
祈「うそだよ、あれ」
男子B「は?」
祈「何か、なやんでるの?」
男子B「え?い、いや……」
祈「私、知ってる。さっき、クラスの女子がシンくんのお父さんのこと言ってた」
男子B「なんだ、聞いてたのか」
祈「何かをなやんでて、なぐられるのに気付かなかったシンくんを助けた」
男子B「あ、ありがとう」
祈「……」
男子B「でも、それだけでどうして分かったんだ?」
祈「何となくね」
男子B「女のかん?」
祈「……えっと、言いたくなかったらいいよ」
男子B「……」
祈「じゃ、じゃあ……」
男子B「昼休み」
祈「え?」
男子B「きゅう食食べたら話す」
祈「わかった」

そして昼休み。
誰にも聞かれたくないとのことで、体育館の裏に二人は来た。

男子B「ちょっと寒いな」
祈「う、うん」

12月なので、屋外である体育館の裏は寒いはずだ。

男子B「お前のオヤジ、ケーサツなんだろ?ちょうどいいや」
祈「え?ちょうどいい?」
男子B「ああ。じつは、ケーサツにとどけようかと思ってたんだ」
祈「ケーサツに?」
男子B「オレのオヤジ、知ってるだろ?天田詠一郎。天田グループの会長」
祈「うん。お父さんが新聞で読んでた」
男子B「じつは、きのうから家に帰ってないんだ」
祈「会社にはいないの?」
男子B「オレもそう思ったんだ。だけど、学校来る時に会社から電話がかかってきた」
祈「お父さんのことで?」
男子B「ああ。どこ行ったか知らないかって」
祈「……お母さん、いないんだっけ?」
男子B「ジコで死んだ」
祈「……」
男子B「だからさ。さっきあいつらがサンタの話をしてたとき、ちょっとうらやましかった」
男子B「オレはサンタがいるともいないとも思ってない」
男子B「いるならオヤジを家に帰してほしいし、いなくてもオヤジがサンタとして帰って来てほしい」
男子B「いや、帰って来てほしいのはオヤジだけじゃない。オフクロだってあの世から帰って来てほしい」
祈「そうだったんだ……」
男子B「みんな親がいるのにサンタが親だったらガッカリとかいう話をしててさ……」
男子B「おまけに人のゆめまで平気でぶちこわそうとするやつだっているし」
男子B「親がいないオレはどうすればいいんだよ……」
祈「あきらめないで!」
男子B「祈……」
祈「たしかに、シンくんの言う通りかもしれない」
祈「言い方は悪いけど、一日いなくなったくらいじゃケーサツは動いてくれないかもね」
男子B「……だよな」
祈「でも、お父さんには話してみる」
男子B「いいのか?」
祈「うん。だって、シンくんにとっては大切な家族なんでしょ?」
祈「わたし、この前弟が生まれたばっかりだから、家族の大切さが分かる。気持ち、分かるよ」
祈「だから、わたしがシンくんの力になる!」
男子B「ありがとう。やっぱり、お前でよかった」
祈「……そろそろお昼休み終わるね。いこっ」
男子B「まて。お前先に行け」
祈「どうして?」
男子B「ど、どうしてって……お、お前といっしょにいるところを見られると……」
祈「……そ、そう、だね。じゃあね」

祈は先に戻った。

男子B「オヤジ……」

ちなみに祈はシンくんのことが好きというわけではない。
4歳の時から、つまり保育園から一緒で同級生のむーくんが未だに好きだ。
祈のクラスでは男子と女子が二人っきりでいると「お前らつきあってんだろ?」などと冷やかされる。
それを知っていた二人は別行動をとった。


一方、その頃……
七咲家

逢「よしよし。幸伎も祈みたいに立派な子に育ってね」

逢が幸伎の頭を優しく撫でている。

逢「さて、ご飯の支度しなくちゃ」

ピリリリリ……

逢「はい。どうしたんですか?……え?これから事件の捜査ですか?分かりました」

ピッ。

逢「今夜は遅くなる……か」


天田グループ、会長の部屋……

しゅう「亡くなったのは天田詠一郎さん、53歳。天田グループの会長です。死因は持病の心臓発作」
しゅう「社員らの話によると、天田会長は昨日からこの部屋でずっと仕事をしていたとのこと」
華村「だったら変だよな。何で引き出しに心臓発作を止める薬があったのに飲まなかったんだ?」
上司「薬だと?」
華村「ええ。社員らの話によると、天田会長は典型的なA型。薬はいつも多めに持って来ていたそうです」
上司「薬を切らしたことない……か」
華村「今だって薬がこんなにたくさんあるのに飲まずに亡くなった……」
松原「他殺かも」
しゅう「だろうな。誰かが天田会長にストレスを与えて心臓発作を起こさせ、薬を飲ませないようにした」
華村「それに何故ロッカーの中に遺体があったのか……不自然だ」
上司「身内は?」
しゅう「天田会長の奥さんは事故で他界、息子が一人だけです」
華村「えっと、名前は天田真次郎……あ?」
上司「どうした?」
華村「なあ、これ、祈ちゃんの同級生じゃね?」
しゅう「え?……本当だ」
上司「七咲の娘の同級生だったのか」
しゅう「そうみたいです」
松原「かわいそうだよね。お母さんは事故死、お父さんは他殺。一人残された」
上司「とにかく、他殺と決まれば早く容疑者を洗い出すんだ!」
しゅう「はい」
華村「聞き込み行って来る」
松原「同じく」
しゅう(天田グループか。そういや最近新聞で読んだな。天田グループの横領疑惑)
しゅう(それに祈のクラスメートが会長の息子……)
しゅう(何かある。きっと何か)



七咲家

逢と祈が夕飯を食べている。

祈「お父さんは?」
逢「遅くなるって。またお仕事」
祈「そうなんだ……」
逢「どうしたの?」
祈「ううん」

しゅう「ただいま」
逢「おかえりなさい」
しゅう「祈は?」
逢「もう寝てます」
しゅう「そっか」
逢「どうしたんですか?」
しゅう「ちょっと聞きたいことがあったんだけど、遅かったな」
逢「明日の朝とかは?」
しゅう「そうするか」

翌朝

祈「おはよ……あ、お父さん」
しゅう「おはよう。どうした?」
祈「あ、えっと……」
しゅう「あ、そうだ。祈に聞きたいことがあった」
祈「う、うん」
しゅう「天田真次郎くんって、祈のクラスメートだろ?何か知ってるか?」
祈「えっ?あ、うん」
しゅう「ん?」
祈「シンくんにたのまれた。お父さんをさがしてほしいって。お父さん、おとといからいないんだって」
しゅう「え?お父さん!?天田会長か」
祈「知ってるの?」
しゅう「あ、新聞で。そうか、やっぱり祈のクラスメートのお父さんだったか」
祈「シンくん、まだケーサツにとどけてないけど、さがしてほしいって。大切な家族だから」
しゅう「分かった。探してみるよ」
祈「うん」
しゅう(まさか祈にそんなこと頼んでたなんてな……)
しゅう(実は死んでたなんて言えないな。どうしたものか)
逢「……」
祈「学校行って来る」
しゅう「いってらっしゃい」
逢「気を付けてね」

逢「先輩、もしかして」
しゅう「え?」
逢「先輩のその表情からして、天田会長は……」
しゅう「……逢には分かるのか。さすがだな」
逢「お気の毒ですね」
しゅう「まだ、公表されてないんだ。だから、祈に言うわけにはいかない」
しゅう「お父さんを探してって頼まれたなら、このまま黙っておこう」
逢「……そうですね。私も黙っておきます」


しかし、僕と逢の気遣いとは裏腹に……

天田「祈はどうしたかな?学校行くか」

ピリリリリ……

天田「はい、天田……」
男「お前、天田詠一郎の息子だな?」
天田「え?」

電話の男は声を変えて喋っている。

天田「オ、オヤジに、何の用だ?」
男「残念ながらお前のオヤジは死んだ」
天田「なん、だと?う、うそだ!」
男「うそじゃない。あいつはグループの金を盗んで、バレそうになったから自殺したんだ」
天田「そ、そんな……」
男「ひどいオヤジだったよな」
天田「だまれ!」
男「オヤジの罪はお前の罪だ。お前もオヤジの後を追え!」
天田「後を?」
男「一緒に死ぬのさ」
天田「や、やめろ!」
男「怖いか。そうだな、一人は怖いよな。だったら、七咲祈も一緒だ」
天田「な!?祈も?」
男「俺はすべて知っている。お前が警察の娘に頼んでたことも知っている」
天田「あ、あいつはかんけいない!」
男「一週間だけ考える時間をやる!祈を殺してお前も死ね」
天田「い、いやだ」
男「言っておくが、このことは誰にも喋るな。もしも喋ったら俺がお前を殺す」
天田「う……」
男「いい答えを待ってるぞ」

プープー。

天田「う、そ、だ……」

シンくんはその場に座り込んだ。


一方、その頃……
祈のクラス

女子B「今日シンくんいないね」
女子C「めずらしいね。どうしたんだろ?」
男子A「はらでもこわしたんじゃね?バチが当たったんだろ」
女子A「シンくん……」
祈「……」

天田グループ、会長の部屋……

華村「社員から話を聞いて、死亡推定時刻に現場付近にいた人を割り出しました」
上司「ご苦労。4名か」
華村「平社員3名に、副会長1名」
上司「怨恨の線は?」
華村「それはないとのことで。誰からも愛される会長だったと」
上司「そうか」
松原「もしかして、会長の座を乗っ取ろうと副会長が殺ったとか?」
上司「あるいはそうかもしれんが、証拠がな」
上司「ところで、七咲。さっきから何をやっている?」
しゅう「昨日からこれが気になってしょうがないんです」
華村「それは!?暗証番号式の引き出し?」
しゅう「確か天田グループには横領の疑惑があったはずです。その証拠とかがここに?」
上司「かもしれないな。だが、暗証番号が分からんことには……」

カチッカチッ。

松原「ないね」
上司「勝手にメールを開くな」
松原「横領の疑惑があるなら、それも調べないと。だけど、見当たらない」
華村「もし横領してたなら、証拠を残すわけがないだろ?」
松原「メールは削除……か」
しゅう「うーん……もしかしたらメールの中にこの暗証番号のヒントがあるかもしれない」
しゅう「裁判所に捜査令状を出すべきかと」
上司「そうだな」

結局、捜査に特に進展はなく、捜査令状を待つことになった。



七咲家

しゅう「シンくんが欠席?」
祈「うん。おうちかられんらくがなくて、先生も分からないって」
しゅう「……」
逢「……」
祈「ねぇ、シンくんのお父さん、見つかったの?」
しゅう「……」
逢「……」
祈「お父さん……」

僕と逢は顔を見合わせた。

しゅう「落ち着いて、よーく聞くんだ」
祈「うん」
しゅう「これはまだ、みんなには発表されてないニュースなんだ」
しゅう「シンくんのお父さんは……死んだ」
祈「え?」
しゅう「シンくんのお父さんは死んでいた。だから家に帰って来なかったんだ」
祈「そんな……」
しゅう「祈がシンくんにお父さんを探してって頼まれた、その前の日にすでに死んでいた」
しゅう「祈がシンくんに頼まれた時、彼のお父さんはまだ見えない場所に隠されていて……」
しゅう「たまたまお掃除のおばさんが見つけたらしい」
祈「じゃあ、あの日の朝はまだ見つかってなかった?」
しゅう「うん」
祈「どうしてだまってたの?」
逢「言えないよ。お母さんもお父さんからお話を聞いた時、何となく分かってたけど……」
逢「そんな悲しいこと、小学生の祈やシンくんには言えるわけがない」
しゅう「警察もまだシンくんには内緒にしてる」
祈「そんな……そんな……」
しゅう「隠してて悪かった。でも、言えなかった」
祈「じゃあ、どうしてシンくんは学校休んだの?知らないはずなのに」
しゅう「……そうか!そうだよな」
逢「もしかして!」
しゅう「ああ。シンくんのお父さんを殺した犯人がシンくんに何かしたんだ!」
祈「ころされた?」
しゅう「たぶん」
逢「……とにかく、祈はこのことを誰にも喋っちゃだめよ。いいね?」
祈「分かった」

祈が寝た後で……

しゅう「天田グループって言ったら横領疑惑だよな」
逢「その罪を会長になすりつけて、自殺に見せかけた?」
しゅう「かもしれない」
逢「私の想像ですが……」
逢「犯人はシンくんに“お父さんは悪い奴だ”“お前もお父さんの息子だから”とか言ったんでしょうか?」
しゅう「グループを乗っ取った上に、会長の息子まで殺す気なのか。ひどいな」
逢「横領って本当に会長がやったんですか?」
しゅう「残念ながら、まだ証拠が出てきてないんだ。捜査令状を出したばっかりで」
逢「先輩、早く犯人を突き止めて下さい。このままではシンくんが!」
しゅう「分かった。逢は祈に注意しててくれ」
逢「祈に?」
しゅう「祈は事情を知っている。シンくんと話しているところを見られていたとしたら……」
逢「祈も危ないですね」
しゅう「ああ。祈の4歳の七夕の時みたいな、あんな事件、二度とごめんだ」
しゅう「祈が無茶しないように注意しててほしい」
逢「分かりました」

参照:エピソード「先輩、今日は素晴らしい七夕です」
祈は4歳の七夕の時、大好きなむーくんが病気で休んでいたのを心配していた。
保育園から帰る際、夕方だったにも関わらず、暗い森の中に入っていった。
むーくんのために神社にお参りしに行ったのはいいが、凶悪犯と鉢合わせて……。


数日が経過した。

捜査令状が出て、メールなども調べ、色々な事実が分かった一方で……

女子B「シンくん、どうしちゃったんだろ?」
女子C「もうすぐクリスマスなのに」
祈(シンくん……)

男「よう!そろそろ一週間経つ。どうだ?その気になったか?」
天田「うう、くっ」
天田(オレは……オレは……どうすればいい?祈)
男「その気にならないか。だったら、そうだな……七咲祈を……」
天田「やめろ!!あいつはかんけいないんだ!」
男「……」
天田「分かったよ……オレが、オレが死ねばいいんだろ?」
男「そうさ。分かってるじゃないか」
天田「どうすればいい?」
男「今から場所を伝える。来い」
天田「……ああ」

放課後

祈(シンくん……)

祈はシンくんの心配をしながら歩いている。
すると……

祈「あれ?シンくん?」

私服で手ぶらのシンくんが祈に気付かずに祈の目の前を歩いて行く。
祈はシンくんを尾行した。

祈「こんな時間に、こんな森に?」

祈には覚えがある。
ここは4歳の七夕の時に、むーくんのために入っていった森だった。

祈「警察に電話しなきゃ。でも、そんなことしたら気付かれる……どうしよう?」
祈「そうだ!」

祈は携帯電話を取り出した。
幸伎の一件で、祈にも携帯電話を持たせた方がいいという僕と逢の判断で祈も携帯電話を持っている。

祈「話さなくてもいい。せめて、こっちの会話が聞こえれば!お父さんが来てくれる!」

祈が電話した先は警察ではなく、僕の携帯電話だった。


一方、その頃……

ピリリリリ……

しゅう「ん?祈?もしもし……出ない。変だな」
男「よく来たな、天田真次郎」
しゅう(これは!?天田グループの副会長の声!)
天田「……」
男「最も、約束を破ってるみたいだがな。どういうわけだ?」
天田「やぶった?」
男「お前の後ろ。七咲祈が一緒のようだが」
祈「見つかった!」
天田「あ?バカッ!何でお前がいるんだ?」
しゅう(え?副会長とシンくんと祈が一緒にいるのか!?まずいぞ!場所はどこだ!?)
祈「だって、シンくんが心配だったから。この神社まで後をつけてきた」
祈「ここ、わたしが4才の時に入ったことのある神社だったから」
しゅう(4歳!?そうか、あそこだ!!)

僕は祈の携帯電話から聞こえてきた会話から場所を割り出した。
そして犯人にこちらの音が聞こえないように、小声で同僚たちに伝えた。

しゅう「容疑者の副会長は今、天田真次郎くんを殺そうとしている。僕の娘も危険だ」
しゅう「場所は……」
華村「了解!やるじゃん、祈ちゃん」
松原「こっそり携帯電話使うなんて、頭いいよね」

男「ほぉ、入ったことあるのか」
祈「ところでおじさん、だれ?」
男「俺か?ふん、お前らみたいなガキに名乗る必要なんかねぇ!」
祈「私の名前は知ってるくせに、おじさんは名前教えてくれないなんてずるい」
男「そうさ。俺はずるい男さ。悪かったか」
天田「祈、下がってろ。あぶないぞ」
祈「でも、シンくんを助けなきゃ」
男「助ける?はは、笑わせんな!女のお前に何ができる?それに、女に守られる男なんてだらしねぇ」
祈「う、うるさい」
天田「よせっ!」
男「言っておくが、そいつのオヤジは悪い人だ」
祈「そんなの、うそ!」
男「本当さ。会社のお金を盗んで、それがバレそうになって死んだんだ」
男「死体が見つからないようにロッカーの中で息を引き取った」
天田「……」
祈「シンくんのお父さんはそんな人じゃない。おじさんの言うことはデタラメ!」
祈「だ、だいたい、しょうこはあるの?」
男「そんなものないさ。そいつのオヤジは盗みの証拠を全部捨てていた」
祈「しょ、しょうこがないのに、シンくんのお父さんを悪い人みたいに言って……」
男「もういいだろ?とにかく、俺はそいつと話がしたい」
祈「ダメ!近よらないで!」

祈が体を張ってシンくんを守っている。

男「お嬢ちゃん、邪魔すると死ぬぞ?」

男が拳銃を構えている。

祈「……」

それでも祈は抵抗する。

天田「祈!もうやめろ!お前はにげろ!お前にはかんけいないんだ!」
祈「できないよ!!」
天田「おねがいだ!言う通りにする!!だから、だから、祈だけは、にがしてやってくれ!!」
祈「シンくん!」
男「そういうわけだ。お嬢ちゃんはどいてな」
祈「いやだ……来ないで!」
天田「オレのオヤジはいつもしごとのことばっかで、家に帰ってもしごとしかしない」
天田「そしてついには会社のお金をぬすんだ……お金ばっかりじゃないか」
天田「オレなんて、オレなんて、お金より大切じゃないんだ」
祈「シンくん……そんなこと」
天田「だまってろ!お前に何が分かる?」
祈「……」
天田「もういいんだ。僕は十分に生きたよ」
祈「シンくん!」
男「よし、いい子だ。そのまま……」

拳銃を向ける犯人と、怯える二人。
そこへ!

しゅう「それは違うよ。君はまだ死んじゃだめだ」
男「何!?」
祈「お父さん……」
天田「祈の、オヤジ?」
しゅう「シンくん、君は騙されているんだ。そこの悪いおじさんにね」
男「なん、だと?」
天田「悪いおじさん?」
しゅう「そう。その人こそ会社のお金を盗んだ張本人……天田グループ副会長、白戸隆也!」
天田「えっ!?」
祈「盗んだ人?」
白戸「ふっ、いかにも、俺は白戸隆也だ。だが、会社の金を盗んだのは会長であって俺じゃない」
しゅう「嘘を吐いても無駄さ。捜査令状が出て、全部調べさせてもらった。メールから何から」
白戸「そ、捜査令状!?」
しゅう「さっき、この子が僕のこと、“お父さん”って言ってただろ?」
白戸「じゃあ、まさか!?」
しゅう「そう。警察だ。観念するんだな」
白戸「くっ……警察がどうしてここを?こいつは通報しなかったはず」
しゅう「僕の娘が携帯電話を持ってて、森に入る前からずっと僕の携帯電話と通話中にして会話を流していたんだ」
白戸「なん……だと!?」
しゅう「おかげで場所の特定が楽だったよ。さすがだな」
祈「……」

僕は祈を褒めた。祈は照れているようだ。

天田「警察……」
しゅう「事件の流れはこうだ」
しゅう「たまたま会長の部屋にいたあなたは……」
しゅう「会長が誰かに当ててあなたの罪状を書き記したメールを送るのを見ていた」
しゅう「送られる前に会長を殺して証拠を消そうとしたあなたは会長に襲いかかった」
しゅう「ハンカチか何かで声が出ないようにして、会長をロッカーまで追い詰めた」
しゅう「そこで会長は持病の心臓発作を起こし、薬が飲めずに亡くなった」
しゅう「あなたは会長の遺体をロッカーに入れて隠した後、メールを消し、何食わぬ顔で部屋を出た」
白戸「ぜ、全部推測じゃないか。証拠がない」
天田「え?オヤジはけっきょく、自分の病気で死んだ?さつ人じゃないんじゃ……」
しゅう「いや、これは殺人なんだ。自殺じゃないよ」
しゅう「君のお父さんは事件の直前、友達にメールを送っていた」
しゅう「いつも仕事ばっかりで息子に嫌われているんじゃないかって心配だったようだ」
しゅう「そこで、次のクリスマスにサンタに変装して何かプレゼントを贈ろうと考えていた」
天田「え……?オヤジが?」
しゅう「うん。こんなに息子思いな優しいお父さんが自殺するわけない」
天田「そう、だったんだ……」
しゅう「それに、削除されたメールの中に引き出しの暗証番号のメモがあった」
しゅう「その引き出しを開けたら、あなたの横領の証拠が入っていた。警察で押収させてもらった」
白戸「う……」
しゅう「会長は何かも知っていたんだ」
しゅう「持病のせいで自分はもう長くないと分かっていた。あなたを次期会長にするつもりだった」
しゅう「なのに、あなたは会長の期待を裏切るように会社の金を横領していた」
しゅう「あなたの横領の証拠を集めながら、会長は嘆いていたと思う」
しゅう「それがストレスになって会長の持病は悪化していった」
しゅう「たぶん、いつかあなたの横領が明るみに出て……」
しゅう「あなたが自分に罪を着せて自分を殺すんじゃないかと、会長は分かっていたんだと思う」
しゅう「だから、自分宛てにロッカーの暗証番号を書いたメールを送って削除したんだ」
しゅう「消えたメールは捜査令状が出ないと読むことができないからな」
しゅう「あなたが消したメールがどんなメールだったか分からないけど……」
しゅう「たぶんあの会長の性格からして、悩んでいたんだと思う」
白戸「悩んでいた?」
しゅう「あなたを次期会長にしたい。だけど、あなたは横領していた」
しゅう「どうすればいいかを誰かに相談するためにメールしていたんだと思う」
しゅう「あなたをきっとシンくんのように大切に思っていたはずだ」
しゅう「他にも色々と捜査で分かったけど……」
しゅう「あなた以外の容疑者の候補だった3人はいずれも会長のことを尊敬していたようだ」
しゅう「あなただって会長のことを尊敬していたはずなのに、どうしてこんなことをしたんだ?」
しゅう「焦らなくたって、いずれグループはあなたのものになっていたはずなんだ」
白戸「尊敬?違うな」
しゅう「な?」
白戸「俺はあいつに女を取られたんだよ。クリスマスにな」
しゅう「何だと?」
白戸「真次郎、お前の母親は……お前の母親は……俺の妻になっていたはずだったんだよ!」
天田「えっ?そんな……」
白戸「あの男に、取られた。俺が先にデートに誘っていたのに、あいつが奪った」
白戸「やがてあいつは結婚し、お前が生まれた。俺は悔しくて仕方がなかった」
白戸「いつか復讐してやろうと、このグループに入り、副会長にまで上り詰めた」
しゅう「じゃあ、会長を殺して、シンくんを殺して、終いにはグループを乗っ取るつもりでいたのか」
白戸「それが復讐だ!」
しゅう「ふざけるな!奪われたならどうして奪い返さなかった!?シンくんに罪はないだろ?」
白戸「うるせー!3人まとめて、ここで殺してやる!」
祈「ひ!お父さん……」
しゅう「祈、シンくん。僕の後ろに隠れてろ!絶対に守ってやる!シンくんのお父さんの分まで」
天田「けいじ、さん……」

僕は盾になって二人を庇った。

しゅう「落ち着け、落ち着くんだ!拳銃を下ろせ!」
白戸「ふっ、命乞いか。警察のくせに見苦しいな」

僕の後ろで祈とシンくんが不安そうに見守っている。

しゅう(頼んだぞ、新入り!)
白戸「死ね!」

犯人が拳銃を構えると、どこからともなく飛んできた弾丸で拳銃が弾け飛んだ。

白戸「何!?」
しゅう「今だ!食らえ、ナナサキック!」
白戸「ぐおっ!」

犯人はその場に倒れた。

しゅう「白戸隆也。殺人罪および横領罪で逮捕する」

犯人を無事に取り押さえた。

天田「す、すげぇ!祈のオヤジさんすげぇじゃねぇか」
祈「え?あ、うん」
しゅう「いや、すごいのは僕じゃない。新入りのスナイパーさんだよ」
天田「スナイパー?」
女性刑事「や、やめてください。たまたまですよ」
華村「いや、すごかったぜ。さすがだよ」
松原「でも、しゅうちゃんの奥さんだってあの時はすごかったもんな」
しゅう「あの時?ああ、確かにな」
祈「うん」

祈の4歳の七夕の時、犯人に追い詰められた僕と祈を助けたのは逢だった。
逢が初めて拳銃を使って犯人を狙い撃った。

しゅう「やれやれ。撃たれるかと思って防弾ジャケット着て来たけど、要らなかったな」
華村「さてと。犯人は連行した。シンくんと祈ちゃんからも一応事情聴取しとくか?」
しゅう「そうだな。シンくんにはぜひ見て欲しい証拠品があるから」
天田「オレに?」
松原「君のお父さんが残したもの」

僕と祈とシンくんは同じパトカーに乗って警察に向かった。
あ、その前に、祈の携帯電話を借りて逢に連絡しておいた。
僕の携帯電話は署に置きっぱなしだ。
念のために祈の携帯電話とずっと通話中にして犯人との会話の一部始終を署で録音していたんだ。

署に戻った。
僕は携帯電話を回収しに、シンくんは証拠品を見に行き、まず祈が事情聴取を受けた。

天田「これが……オヤジの?」

そこにあったのはシンくん宛の一通の手紙とプレゼントだった。

天田「……真次郎へ」

――お前がこの手紙を読んでいる時にはお父さんはもうこの世にはいないだろう。
知っての通り、お父さんはある人に命を狙われ、お前一人を残して死んでしまった。
この手紙はお父さんが死ぬ前に残したものだ。

天田「オヤジ……」

――いつもいつも仕事ばかりですまなかった。
お母さんを事故で亡くしてからは、お前が将来苦労しないように一生懸命仕事をしていたんだ。
お前が少しでも幸せになれるようにな。
だけど、そのせいでお前をいつも独りぼっちにしていた。
そのことでお父さんは悩んでいた。
そこで、知り合いに相談して、サンタに変装してお前にプレゼントしようと考えた。
結局お前に渡せなかったけどな。
でも、きっと警察の方が引き出しの暗証番号を調べて、引き出しを開けてくれると信じている。
お前がこの手紙を読めているということはきっとそれがうまくいったのだろう。
せめてもの、お前へのクリスマスプレゼントを用意した。
それをお父さんの形見だと思って受け取ってくれ。
お前が立派に成長することを信じている。
じゃあ、さようなら。いつでもお前を見守っている。
天田グループ会長 天田詠一郎

どうやら会長が残した遺書のようだ。
丁寧に漢字一つ一つにフリガナが振ってある。

天田「オヤジ……バカヤロウ!」

手紙がもう一枚あることに気付いたシンくんはもう一枚も読んでみた。

――追伸。
お父さんを殺した男を許してやってくれ。
あの人には本当にかわいそうなことをしたと思ってる。
でも、逆に言えば、あの人とお母さんがうまくいっていたらお前は生まれなかった。
今は分からないだろうけど、もしも将来そのことで悩んだら、お前はお前を責めちゃだめだ。
あの人を許しながら、お前は立派に生きてくれ。
ごめん、うまく言えない。
とにかく、許してやってくれ。

天田「……いみ、わかんね。なんであいつをゆるすんだ?バカヤロウ!」

シンくんはプレゼントを開封してみた。

天田「あ!」

ナント、シンくんの好きなおもちゃが入っていた。
会長が悩みに悩んだ末に買ったプレゼントだった。

天田「……」

シンくんは涙を流している。

天田「こんなの、いいのに。オヤジの命の方がよっぽど大事なプレゼントだったのに……」
祈「……シンくん」
天田「祈」

事情聴取を終えた祈が見ていた。

華村「さ、二人とももう帰っていいよ」
天田「え?でもオレ……」
しゅう「今日はもう遅いし、そんな気持ちのままじゃ無理だろ?明日でいいから」
祈「シンくん。今日うちに来ない?ひとりぼっちでしょ?」
天田「いいのか?」
祈「いいよね?」
しゅう「うん。喜んで」
天田「あ、ありがとう、ございます」
しゅう「二人とも、もう遅いからパトカーで帰ろう。あ、お母さんに連絡しとくわ」
祈「そうだね。今夜はごちそうだね」

それから三人で七咲家に帰宅した。
夕飯を作り置きしていた逢が僕らを出迎えた。
久々の家族揃っての食事に、シンくんは涙を流した。
祈がそんなシンくんにふざけて“泣いてるの?”と冷やかすと……
シンくんは“バーカ。泣いてねぇよ”と強がってみせた。

やがて就寝時間になって、シンくんは祈と一緒のベッドで寝た。

天田「祈、今日はありがとうな。世話になった」
祈「ううん。こっちこそ。シンくんのおかげで大事なことを勉強したよ」
天田「……ああ。家族ってやっぱりいいものだよな」
祈「うん。今までつらかったんだね。これからはわたしが友だちになるから。何でも聞いて」
天田「何でも……か。そうだな……祈のお母さんって……」
祈「お母さん?どうかしたの?」
天田「……」
祈「シンくん?」
天田「あ、やっぱ何でもねーや」
祈「何それ……」
天田「お前とはもっと前から友だちだよ。オレの助けになってくれた時から」
祈「シンくん……うん!そうだよね」
天田「オレ、お前を守れてよかった」
祈「それはわたしのセリフ」
天田「ふふふ」
祈「クスッ」

シンくんと祈の、二人だけの楽しい夜……。
一方。

しゅう「はぁ、疲れた」
逢「お疲れ様です」
しゅう「会長は優しい人だったけど、シンくんも負けないくらい優しい子だよ」
しゅう「祈のこと、命懸けで守ろうとしてた」
逢「もしかして……恋ですか?」
しゅう「さあ?どうだろ。祈はまだむーくんが好きみたいだしな」
逢「片想いですか……」
しゅう「それはそうと、祈はやっぱり頭がいい。携帯電話持たせて正解だったな」
逢「通話料はどうするんですか?」
しゅう「えっ??か、考えてなかった」
逢「じゃあ、先輩のお小遣いから引くというのはどうです?」
しゅう「ちょ、やだよ。逢が払ってくれ」
逢「私は関係ありません。祈と先輩の通話ですから」
しゅう「うう……ぼ、僕が頑張って稼ぎます」
逢「いえ、今まで通りでいいです。会長みたいなことにはならない方がいいかと」
しゅう「……だな。子供のためとはいえ、あまり仕事熱心なのもな……考えさせられた」
逢「というわけで、よろしくお願いします。クスッ」
しゅう「ちょ、ひどいよ!」
逢「ふふっ」
しゅう(くっそぅ、どうしてこうなる!?)

翌朝、シンくんは学校の準備をするために早めに朝飯を済ませ、一旦帰宅した。
その後、祈もいつも通りに起きて学校に行った。

女子B「シンくん!ひさしぶり!」
天田「やあ、みんな。ちょっとあってな」
男子A「てめぇ、この前のつづ……」
天田「あ、先生だ」
男子A「ちっ」
天田「ニヤッ」
祈「ふっ」

シンくんはまたいつも通りに学校生活を送った。
その後、天田グループの一件がニュースになったが、シンくんには特に影響なく、平穏な日常となった。

やがてクリスマスがやって来た。
祈は毎年恒例のサンタさんのプレゼントをもらった。
シンくんもナント、サンタさんのプレゼントをもらったのだ!
これでサンタさんが実在するということを照明できたのである。

祈「プレゼント、とどいた!」
しゅう「よかったな」
逢「よかったね、祈」
祈「でも、シンくんのおかげで分かった。わたしにとっていちばんうれしいプレゼントは……」
祈「お父さんとお母さんと幸伎がいることだよ」
しゅう「祈……」
逢「祈……」
祈「だって、プレゼントをもらっても家族がいなかったらさみしいだけだもん」
祈「お父さん、お母さん、私と幸伎をうんでくれてありがとう」
しゅう「……ああ、そうだな。僕も祈と幸伎が無事でいてくれることが嬉しいよ」

僕は祈の心からの感謝の気持ちに思わず涙を流してしまった。

逢「泣いてるんですか?」

そうやって僕を冷やかしている逢も涙を流している。

しゅう「お互い様だろ」
逢「ふふっ」


一方、学校で。

男子A「すみませんでした!サンタは本当にいました!」
天田「分かればいい」

今まで散々“サンタはいない”と人様の夢を壊していた男子児童が土下座で謝っていた……。


シンくんは確かに大切な家族を亡くした。
でも、そこから気付いた大事なことが山ほどある。
祈もシンくんのおかげでそれに気付いた。
本当の意味で、二人にとってのメリークリスマスとなった。
素晴らしい、素晴らしい……
メリークリスマス!!



七咲アフターストーリー
エピソード「先輩、メリークリスマス!」
END


……はい。というわけで毎度毎度、お粗末さまでした。
やっぱりまだ某推理アニメみたいにうまくは書けませんね。
この話、クリスマスイヴイヴ(12月23日)に急に思い付いた話です。
ちょっと事件と絡めて何か大事なことを書いてみようかなと思いました。
そのため、やっつけ仕事みたいになってしまい、うまく伝わらなかったかなとも思いました。
でも、せっかくだから間に合うように書きたかったので……。

それはいいとして。
ちょっと解説をしなきゃいけないなと思います。

この話に登場した固有名詞。
「天田」「天田グループ」「真次郎」「詠一郎」「白戸」「隆也」
これらはすべてペルソナ3が元ネタです。
つい最近、ペルソナ3ポータブルの女主人公編の二周目をクリアしました。
女主人公の名前は前にも書いた通り、二周とも「七咲祈」でした。
ですから、「七咲祈」と「ペルソナ3」は一応関係があるので、今回はペルソナ3を元ネタにしました。
(ペルソナ3ポータブルの女主人公が七咲祈のイメージにピッタリで、僕は寵愛しています(笑))
まあ、色々縛り要素を入れた二周目をクリアした記念作ということにでもしておきましょう。

「天田」は「天田乾」から。
「天田グループ」は「桐条グループ」から。
「真次郎」は「荒垣真次郎」から。
「詠一郎」は「岳羽詠一郎」から。
「白戸」は「白戸陣」から。
「隆也」は「榊貴隆也」から。

なので……
「天田真次郎」は「天田乾」と「荒垣真次郎」を足して2で割ったようなキャラに。
「天田詠一郎」は「岳羽詠一郎」みたいな、優秀で家族思いな父親キャラに。
「天田グループ」は「桐条グループ」のような大企業です。
「白戸隆也」はペルソナ3で敵キャラとなった「白戸陣」と「榊貴隆也」を足して2で割ったようなキャラに。
……という設定です。

詳しくはこちらをご参照下さい。
いまさらP3考察 @ Wiki 人物

なんか、書いているうちにすごく長い記事になって、どこで区切ろうか悩みましたが……
まあ、これはこれでいいような気もして、結局一つの記事にまとめました。

……本当に、お粗末さまでした。
伝わったら嬉しいなと思います。

それではもう一度……
メリークリスマス!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ilovenanasakiai.blog24.fc2.com/tb.php/154-7fcbc68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) アマガミ・七咲逢をこよなく逢する七咲逢依存症患者の家. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。