--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-12-15

フィナーレ「みんな集まれ!華の同窓会」

2年A組の教室

高橋「……ええ。だいたい合ってるわ。さすが現職の刑事ね」
しゅう「ありがとうございます」
伊藤「しかし驚きました」
伊藤「案内状に書いてある優秀な3人。うち二人は共犯者だったなんて」
逢「ええ。まるでたった一人の人物に対する挑戦状ですね」
高橋「最初からそのつもりだったわ。現職の刑事の腕前を見たかった」
しゅう「え?僕は最初から試されていたんですか」
高橋「期待通りで嬉しかった」
しゅう「そうですか……」
高橋「私も鼻が高いわ。教え子がここまで優秀になってて」
棚町「高橋先生。だいたい合ってるってどういう意味?」
森島「そうよね。何か間違ってるのかな?」
高橋「間違ってても無理はないと思う」
棚町「というと?」
高橋「さっきあなたたちが言ってた共犯者」
高橋「このメンバーの中にいない人もいるし、ひょっとしたら知らない人かもしれない」
しゅう「誰なんですか?」
高橋「塚原さん、絢辻さん、お務めご苦労。もう話してもいいわ」
塚原「高橋先生もお疲れ様でした」
絢辻「お役に立てて何よりです」
塚原「今回の一連の事件。これは確かに高橋先生が最初に考えたことよ」
塚原「動機もさっきので合ってる」
絢辻「高橋先生が考えて、一人じゃうまくいかないということで……」
絢辻「私と塚原先輩が電話で相談を受けたの」
田中「だよね。二人とも学年トップだもんね」
塚原「高橋先生、絢辻さんと話し合って、今回の企画に必要な人材を集めた」
絢辻「桜井さんと中多さんを誘うためにマネージャーさんと打ち合わせをしたの」
桜井「私の?」
中多「マネージャーさんですか?」
絢辻「ええ。私は弁護士で、前に一度相談に乗ったことがあって、それでね」
桜井「そうだったんだ」
塚原「棚町さんの場合は、棚町さんと偶然知り合いになったって職員がいるの」
棚町「そうなんですか」
塚原「ええ。彼、海外での勤務経験があって、その時に棚町さんのケガの治療をしたらしいわ」
棚町「ああ!あの人ですか!」
塚原「悪いとは思ったんだけど、棚町さんの住所を聞いた」
棚町「あ、そっか。住所変更を知らせてなかった」
森島「わぉ!棚町さんって海外に住んでるの?」
棚町「ええ。画家をやってます」
森島「すごいねぇ」
しゅう「意外ですよね」
棚町「うっさいわね、あんた」
高橋「で、他の人たちは普通に誘ったの。一部の人は内緒で直接届けたわ」
塚原「このメンバーの中で唯一結婚しているしゅう君と七咲」
塚原「今回の在校生というヒントにうまく使わせてもらったわ」
逢「ええ、それが大きなヒントになりましたね」
田中「みんな未婚のままだったら分からなかったね」
夕月「高橋先生も早く結婚した方がいいんじゃないですか?」
飛羽「相手がいない」
高橋「こら!あなたたち、余計なお世話よ」
塚原「じゃ、話を戻して事件の真相を話すわ」
塚原「私の犯行ははるかを眠らせただけ」
塚原「来校の途中で買った自販機の飲み物に遅効性の睡眠薬を仕込んでおいたの」
森島「やっぱりひびきじゃない!ひどい!」
塚原「それと、しゅう君と七咲と棚町さんを物置に閉じ込めるよう指示しておいた」
逢「ひどいです。出るのに苦労したんですから」
塚原「でも結局出たじゃない。さすがね」
しゅう「僕の手柄ですけどね。ははは」
絢辻「それはどうでもいいとして……」
しゅう「ひどい……」
絢辻「私の犯行は桜井さん、伊藤さん、中多さん、棚町さんの事件」
絢辻「さっきの推理通りよ」
桜井「じゃあ残りの人は?」
しゅう「僕を眠らせたのはどうせ梅原だろう」
しゅう(後でお宝本を奪ってやる!)
逢「塚原先輩の犯行じゃないとしたら、私は誰に?」
田中「私は電話の男の人と高橋先生に?」
夕月「あたしらはどうなるんだよ?」
飛羽「早く知りたい」
高橋「待ってて。今呼ぶから」
高橋「もしもし。いいわよ」
中多「電話?」
伊藤「共犯者何人いるの?」
高橋「どうやら来たようね。さあ、入って」

共犯者たちが入って来る。
その中に……というよりも全員知っている!

男子生徒「やあ!」
女子生徒「元気だった?」
女子生徒「久しぶり!」

しゅう「……あ!な、何だと!?」
逢「犬好先輩、斗部先輩、天殿先輩じゃないですか!!」
高橋「知り合い?」
しゅう「犬好は絢辻さんと美也の件で、斗部さんと天殿さんは水泳部の件で」
絢辻「え?私と犬好君のこと知ってるの?」
しゅう「知ってるも何も、大変だったんですから」
しゅう「美也が犬好に恋をして、犬好が僕に絢辻さんと仲良くなりたいと相談を」
犬好「わあああああ、それ言うな!」
絢辻「相談?へぇ、そうだったんだぁ」

絢辻さんが犬好を睨んだ。

犬好「わ、ちょ、べ、別に怪しい相談なんか……」
絢辻「ま、いいわ。話は後で署で聞くから」
犬好「署って……やめてくれよぉ」
逢「斗部先輩、天殿先輩、お久しぶりです。元気そうで何よりです」
斗部「七咲こそ、元気そうで何よりだよ。あの時はごめんね」
逢「いいんですよ。先輩、水泳はどうなりました?」
斗部「七咲のおかげで立ち直って、現役のスイマーだよ。絶好調なんだから!」
逢「よかったです」
天殿「塚原先輩、翠子のことで七咲さんがお世話になったそうで……」
天殿「ありがとうございました」
塚原「ううん。私は何もしてない。七咲が頑張っただけ」
斗部「塚原先輩、すみませんでした!私何も分かっていませんでした!!」
塚原「斗部。七咲に感謝しなさい」
斗部「はい!!」
犬好「おお、よく見れば桜井さんに伊藤さんじゃないか!」
桜井「犬好君!」
伊藤「また、たくましくなったね」
犬好「転校早々友達になってくれてありがとう」
桜井「え~?お礼なんていいよ」
伊藤「そうそう。あたしらクラスメートなんだから」
犬好「そうかい?ありがとうな」
田中「わぁ、犬好君、イケメン……でも絢辻さんのもの。ぐぬぬ~」
棚町「諦めなって」
田中「どういう意味?」
犬好「あ、キミは美也の友達の!」
中多「えっと、あの、その……」
逢「中多紗江ちゃんです」
犬好「紗江ちゃんかぁ。かわいいね」
中多「え??」

中多さんは一気に赤面する。

絢辻「犬好。浮気?」
犬好「ち、違うよ。紗江ちゃんを褒めただけだ」
絢辻「……」
犬好「僕は絢辻さんのことが……」
絢辻「あっそ」
犬好「聞いてくれないのか……」

一方、他の人たちが感動の再会を喜んでいる最中、事情を知らず固まっている人たちがいた。

夕月「……」
飛羽「……」
森島「……」
しゅう「先輩たち、どうしたんですか?」
夕月「あのなぁ。感動の再会を喜ぶのは勝手だ」
森島「でも、私たち、知らないからどう反応していいか分からないの」
飛羽「これが当然の反応だ」
しゅう「そういえばそうだった」
高橋「じゃあみんな、自己紹介」
犬好「僕は桜井さん、伊藤さんと3ヶ月間だけ同じクラスだった、犬好忠生です」
犬好「うちの事情で4月から7月までしかこの学校にいかなったけど、一応OBかな?」
犬好「絢辻さんから今回の件を聞いて、みんなに逢いたくて参加しました」
夕月「りほっちと同じクラスだって?」
飛羽「知らなかった」
犬好「無理もないですよ。3年生の時に転校しましたから」
夕月「なるほどな」
飛羽「納得」
斗部「私は七咲君と同期で、C組だった斗部翠子です」
斗部「高校時代は水泳部でした。塚原先輩や七咲のお世話になりました」
桜井「えっと~?七咲君がしゅうで、七咲が逢ちゃんね」
伊藤「その解説、要らない。たぶん分かる」
桜井「香苗ちゃ~ん……」
天殿「同じく、天殿麻衣です。翠子の友達です」
天殿「高校時代は帰宅部で、よく部活が終わった翠子と帰宅していました」
夕月「なるほどな。そういう繋がりだったのか」
飛羽「いい話だ」
しゅう「で、この3人と事件の繋がりは?」
犬好「まず僕は田中さんを離脱させた役と、しゅう君を眠らせて運んだ役」
田中「え?あの電話の人?」
犬好「そうだよ。知らなかった?」
田中「え?あなただったの!?」
棚町「あれ?恵子、電話の相手は知ってる男の人って」
田中「か、勘違いだったみたい……」
棚町「じゃあ、あんたまさか知ってるつもりで知らない人と?うわっ」
田中「そう、なる、かな?」
棚町「あんた大丈夫?危ないよ」
田中「う~」
犬好「僕でよかったなぁ」
絢辻「ん?」
犬好「いえ、あの、何でもないです」
しゅう(ははは、尻に敷かれてらー)
しゅう「梅原じゃなかったのか」
高橋「残念ね。梅原君、今日は実家の寿司屋が忙しくて来れないの」
犬好「そこで僕がピンチヒッターだ」
しゅう「そうなのか……」
しゅう(くそ、お宝本を奪い損ねた)
斗部「次に私は夕月先輩と七咲を」
天殿「私は飛羽先輩と田中さんを眠らせて運んだ役」
しゅう「よく運べたな。特に夕月先輩と飛羽先輩」
夕月「ああ?てめぇ殺されてぇのか!?」
飛羽「発言には気をつけろ」
しゅう「そうじゃなくて、正門から屋上まで距離あるのにすごいなって」
斗部「ああ、私は現役のスイマーだし、麻衣も元々体力あるし」
天殿「こういうミッションは私たちに任せて!」
逢「なるほど。斗部先輩なら物置のことも分かりますね」
斗部「同じ元水泳部だもんね」
塚原「頼りになったわ」
高橋「はい、以上です。これがあなたたちの推理の間違ってた部分」
しゅう「納得しました」
棚町「謎はすべて解けた!」
森島「ばっちゃんの名にかけて!」
伊藤「……えっ?」
中多「あ……」
塚原「はるか。じっちゃんの名にかけて、でしょ?」
森島「そっか!」
伊藤「しかもそれ、事件解決前に言う台詞ですよ」
森島「あちゃー」
中多「ふふ」
高橋「さてと、もう夕方ね。みんな、そろそろ本当の会場に行くわよ」
田中「制服のままでですか?」
高橋「そう。制服のままでお酒飲むの。たまにはいいでしょ?」
しゅう「新鮮だなぁ。いいかも」
中多「私、お酒飲めない……」
高橋「もちろん、ジュースもOKよ」
中多「あ、はい」
高橋「塚原さん。会場は大丈夫?」
塚原「ええ。準備は整っているそうです」
夕月「会場って広いんですか?」
高橋「ええ。これだけの人数での同窓会だもの。広くなくっちゃ」
高橋「それに、本当の同窓会から参加する人もいるからね」
しゅう「まだいるんですか?」
飛羽「大所帯」
高橋「みんなには無理してこの企画に参加してもらったからね」
高橋「せめてものお詫び。私と共犯者たちの奢りよ」
犬好「うえ!?ぼ、僕も出すんですか?聞いてないです!!」
絢辻「出せるわね?まさかそんなことも知らなくて参加したわけ?」
犬好「は、はい、承知しました」
斗部「塚原先輩ひどい!」
天殿「何で私まで?」
逢「これだけの人数分をたったの6人で割り勘ですか?それはできません」
高橋「七咲さん」
逢「先輩、出せますよね?」
しゅう「もちろんだ」
棚町「さすがにお金はかわいそうね。他のことでお詫びしてもらいたい」
高橋「棚町さん」
伊藤「そうだ!!一発芸とかどう?」
森島「ぬるいわ!普段はできない恥ずかしい芸とかは?」
塚原「はるか……」
田中「それいい!!」
塚原「田中さんまで……」
しゅう「そうです。塚原先輩がまったく違う一面を見せれば中多さんともっと仲良くなれます!」
逢「これを機に強面を克服してみてはいかがですか?」
塚原「七咲……余計なことを」
夕月「いやぁ、楽しくなってきたね!お、あんたら二人は夫婦漫才とかどうだい?」
絢辻「はい!?」
犬好「ぜひやらせぐぼ……」
絢辻「い、嫌です」
飛羽「すでにやっている」
夕月「そうそう!そんな調子でいいからさ!今みたいな感じで頼むよ」
飛羽「似合ってるぞ」
絢辻「なんだ……。これでいいのなら喜んで」
犬好「もうやめたげて!犬好のHPは0よ!!」
絢辻「ぜひやらせてくださいってさっき言わなかった?」
犬好「誰かさんに遮られました。断じて言っておりません」
絢辻「旦那が喜んでやりたいと言っているので、やります」
犬好「違う……」
夕月「おお、そうか。期待しとくよ」
飛羽「計画通り」
犬好「うぉのれぇ!」
斗部「恥ずかしい芸かぁ。ないなぁ、ネタ」
天殿「うそぉ?ほら、あれやってあげたら?あの時の」
斗部「ええっ??い、嫌だよ。ていうか何で覚えてるの?」
天殿「へへ~ん、親友だからね!」
逢「え?何ですか?気になります」
斗部「聞かなかったことにしなさい!」
逢「え……」
塚原「斗部!部長命令よ。やりなさい!じゃないと退部扱いよ」
斗部「つ、塚原先輩!はい、やります!」
逢「頼もしい部長ですね」
塚原「ええ。私もこれから火傷するんだから、お互い様よ」
逢「ふふっ」
天殿「じゃあ、私は水泳部じゃないから関係ないね。やらなくてよし」
しゅう「誰がやらなくていいと言った!?」
天殿「だって、私帰宅部だから」
しゅう「そうか。ならば、帰宅部の部長であるこの僕が命ずる!!やれ!!」
天殿「はい??帰宅部に部長なんていないわ」
高橋「そう?じゃあ、嫌なら天殿さんがしゅう君の分を全額……」
天殿「わぁ、やりたいなぁ!私恥ずかしい芸大好き!」
しゅう「ナイスアシストです」
高橋「こちらこそありがとう」
しゅう「礼なら妻に言って下さい」
高橋「そうね」

こうして、事前の約束が成立し、一行は同窓会の会場に向かった。


会場

会場はすごく豪華だった!

しゅう「す、すごい……」

みんなが会場の豪華さに見とれていると……

美也「お兄ちゃん!逢ちゃん!みんな!」
しゅう「美也!それに祈」
美也「退屈だったから来ちゃったのだ」

美也がベビーカーを押して会場入りしていた。

桜井「美也ちゃん!久しぶり!」
美也「りほちゃん!久しぶり!」
森島「わぉ!祈ちゃんかわいい!ね、抱っこしていい?」
逢「どうぞ」
森島「わぁ、ふわふわしててかわいい」
田中「森島先輩。次私に」
棚町「何言ってんの?あたしが先!」
夕月「あたしらもいいだろ?」
飛羽「私はパス」

祈を見るなり、みんな祈をかわいがってくれた。
みんな順番に抱っこしていた。

犬好「いいなぁ。ねぇ、僕たちも……」
絢辻「こうでもない!ああでもない!」
犬好「なぁ、詞?」
絢辻「うるさい!今ネタ考えてるの!」
犬好「シュン……」
しゅう「それはそうと、美也!お前もグルだったか!」
美也「ふえ?何のこと?」
中多「美也ちゃん、ひどい」
逢「中多さんが読書好きだってことを高橋先生たちに密告したでしょ?」
しゅう「それが中多さんを陥れるトリックに使われた」
美也「ち、違うよ、美也じゃない。美也犯人じゃない」
逢「あ、ボロ出た」
しゅう「お?美也、お前、かかったな」
美也「う!」
しゅう「トリックって言っただけで事件とは言っていない」
逢「なのにどうして犯人じゃないと?事件のことを知っているの?」
中多「美也ちゃん……」
美也「バレちゃった……」
しゅう「美也!」
美也「うう……紗江ちゃん、ごめん!!」
中多「美也ちゃん……いいよ」
美也「許してくれる?」
中多「うん」
美也「やった!」
中多「その代わり……」
しゅう「恥ずかしい芸をやるんだ!」
美也「何それ?」
逢「共犯者全員に課せられた義務。お詫びに恥ずかしい芸をやるの」
しゅう「ちなみに違反しようものなら罰金あるからな」
美也「う……」
塚原「橘さん。お願いだから、従って」
犬好「ぼ、僕からも頼むよ。一緒に火傷しよう?」
美也「塚原先輩……それに犬好先輩も」
美也「分かりました」
しゅう「やったね、中多さん!」
中多「はい!」

中多さん、満面の笑み!
計画通り(キリッ

こうして美也も加わって、主催者と共犯者の恥ずかしい芸大会が行われた。
みんな火傷し、心に傷を負った。
だが中には火傷し、心に傷を負うどころか、逆に元気になった強者もいた!

犬好「もっと僕を蹴って、マイハニー!」
絢辻「しつこい!」

ドガッ!

犬好「ああ、何という幸福感!さすがだよ、マイハニー!」
しゅう(相変わらずドMだなぁ。いや、以前よりもドMか)
美也「はぁ。一緒に火傷しよう?って言ったのは誰なの……」
しゅう「美也……言ってやるなよ。あいつはああいう性格なんだ、きっと」

主催者と共犯者の恥ずかしい芸大会の後はパーティとなった。

マサ「いよぉ、しゅう!久しぶり」
ケン「元気だったか?体も、ア・ソ・コも」
ユウジ「おいおい、まだ早いぞ」
ケン「な~に、まだ慌てる時間じゃないぜ」
しゅう「マサ、ケン、ユウジ!懐かしいなぁ」

僕は僕で懐かしい友人と酒を飲み……

逢「え?こ、これ?」
美也「そうなのら~!逢ちゃん、一気一気!ひっく」
中多「美也ちゃん、酔ってる酔ってる」
美也「酔っれらいよ~うい~」
逢「の、飲めない」
美也「な~にぃ。お主わしの酒が飲めんと申すか?」
中多「誰?」
逢「の、飲みます!」

逢は瞬時に酒とノンアルコールドリンクを入れ換えた。

逢「んぐ、んぐ、んぐ、はぁ。飲めましら?ひっく」
中多「七咲さん?これノんん……」
逢「言っちゃダメ。酔ったフリをするの」
中多「あ、うん」
美也「よう飲んら。ささ、お主も飲め飲め」
中多「んぐ、んぐ、んぐ、はぁ」
中多「うい~」

逢と中多さんもそれなりに頑張り……

夕月「りほっち~酒持って来~い!」
桜井「先輩。人使い荒いですぅ」
飛羽「私のテンションTHE有頂天!」
伊藤「うぅわ、飛羽先輩、人が変わった……」
塚原「はぁるか。そぉれしか飲んでないのぉ?ちっ、もっと飲みなさいいいい」
森島「ひぃびきちゃんこそ。飲んれ飲んれ」
絢辻「ほら!もっときびきび動きなさい!あんたあたしの飼い犬でしょ?」
犬好「ご主人様すまないワン……」
犬好「でも、すごく快感!酔ったご主人様にコキ使われて、僕って何て幸せな犬!」
絢辻「う~~るさい!」
犬好「痛い!でも、快感だぁ!ビクンビクン」
棚町「うっわ、みんな盛り上がってるわね」
田中「そうられ~」
高橋「みんなあたしのおかげでしょ?あたしえらいえらい」
高橋「なのにどうして誰もあたしを嫁にもらってくれないのぉ?」
田中「分かります!!その気持ち、痛いほどよく分かります!!」
高橋「れしょう?」
田中「ふぁい~」
棚町「ちょっと、二人とも!」
高橋「ああん。あたしってみじめな女。ねえ、棚町さぁん。結婚してぇ」
棚町「え?」
田中「かおるぅ~結婚しれよ~おれがいいいいいいいい」
棚町「うっわ、ないわー」
斗部「さて、みんなが酔ってる最中、あたしたちはジュースで乾杯」
天殿「そうだね」
斗部「麻衣」
天殿「ん?」
斗部「参加してよかったね」
天殿「うん」
斗部「あたしたち、この先もずっと友達だよね?」
天殿「ううん」
斗部「え?」
天殿「親友、の間違いでしょ?」
斗部「あ……う、うん!親友だね」
天殿「そうよ!そうこなくっちゃ」

他の人たちもそれぞれで盛り上がり……
無事に同窓会は幕を閉じた。
久々に逢った共犯者の3人がみんな元気そうで何よりだった。
特に犬好がな。
犬好は絢辻さんと結ばれている。
赤い糸で結ばれた恋人?
違う。
赤くて極太のリードで結ばれた主従関係!!
今後もこういう楽しい同窓会をぜひ企画してほしいな。


そして同窓会もいい感じでお開きになった。
みんな帰って行った。

美也「それじゃあ、みゃーは今晩、紗江ちゃんの家に泊まるのだ」
美也「久しぶりだなぁ、紗江ちゃんの家」
中多「そうだね」
しゅう「悪いな中多さん」
中多「いえ、いいんです」
しゅう「ありがとう」
美也「祈ちゃんはお兄ちゃんたちが連れて帰るんだよ?」
しゅう「当たり前だ!誰が置いて行くものか」
美也「じゃあね~」
中多「先輩、七咲さん、また今度」
しゅう「うん」
逢「中多さん、また逢おうね」

こうして僕と逢は祈を連れ、歩いて帰ることになった。

しゅう「すっかり暗くなったな」
逢「ええ。物置に閉じ込められた時よりも暗いですね」
しゅう「脱出できてよかった」
逢「そうですか?」
しゅう「え?逢は脱出したくなかった?」
逢「私は、しゅう先輩と一緒なら別にあのままでもよかったですよ」
しゅう「でも、薫がいたからな」
逢「そうですね。棚町先輩には悪いですが、そう思います」
しゅう「……」
逢「ずっとあのままならもっと触っていられた」
しゅう「えっ?」
逢「先輩の気持ちを代弁しました」
しゅう「ま、まだ、許してくれないのか」
逢「はい」
しゅう「うう……」
逢「クスッ」
しゅう「い、祈はやっぱりみんなの人気者だったな」
逢「そうですね。みんな祈を抱っこして笑顔でした」
しゅう「微笑ましい光景だったよな」

逢と他愛ない会話をしているうちに僕の実家に着いた。

しゅう「ただいま」
逢「お邪魔します」

両親も美也もいない。
僕と逢と祈だけの空間。
ここから3人だけの、いや、正確には2人だけの大人の三次会が始まるのだが……
それはご想像にお任せしよう。
おうちに帰るまでが同窓会。
おうちに帰ってからも同窓会。
僕と逢の、2人だけのあま~い、あま~い夜が過ぎていったとさ。



七咲アフターストーリー スペシャル
「輝日東高校同窓会ミステリー」

スポンサーサイト

コメント

連続米ですよ

推理とか苦手・・・
理解にちょっと時間掛かりました
でも最後の同窓会のところは、いいなぁこうゆーのって感じになりました
罰ゲもっと書いて欲しかった!

Re: 連続米ですよ

いえいえ。
大事なのはそこじゃないんで、罰ゲは省きましたよ(笑)
ご想像にお任せします(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ilovenanasakiai.blog24.fc2.com/tb.php/151-b20cc0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) アマガミ・七咲逢をこよなく逢する七咲逢依存症患者の家. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。