--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-23

ゆかなチャリティーライブ~そよかぜのウタ~

18時を少し回った頃、会場のある阪急六甲駅に到着。
早速むーたんと会場に向かうことになるのですが、二人して迷子になりました(笑)
会場は阪急六甲駅から徒歩1分の場所でした。
1分以上歩いて、「まさかここまで行かないだろう」ということで引き返しました。
聞きなれない会場名だったので得意の「NAVITIME」を使うこともしませんでした。
ただ単にめんどくさかっただけですが(笑)
駅まで引き返す道の途中で僕が脇道と一箇所に屯している人たちを発見しました。
それとぼんやりでしたが、それらしき名前を見付けました。
「ね、もしかしてあれじゃね?」
むーたんと一緒にそこへ向かうと……ビンゴ!!
今回のゆかなチャリティーライブの会場「Maiden voyage」を発見!!
さすが僕!!この時ばかりは珍しくむーたんよりも僕の方が冴えていました!

「Maiden voyage」を初めて見て正直に思ったことは……小ぢんまりしてるなぁ。
こんなことを言ったら大変失礼ですが、もう少し規模が大きいのかなと想像していました。
ごめんなさい!!(笑)
そして、ちゃーんとありました。
2011041418080000 2

実は僕はチャリティーライブに来るのは今回が初めてでした。
正直、普通のライブとチャリティーライブの違いが分かりませんでした。
前回2月20日に参加したゆかなシークレットバースデーライブと同じような形式だと思っていました。
でも、当然それは違いました。
むーたんがこの時チャリティーライブについて説明してくれました。
チャリティーライブというのは給料を一切もらわず……ライブで集めたお金はすべて募金に宛てるんだそうです。
言ってみれば、何もなしに出費するというのはさすがに気が引けます。
ゆかなさんのライブ代として出費するならみんな満足します。
ゆかなさんは仕事じゃなくて個人的に被災者の役に立ちたいという想いからこのライブを計画しました。
自らお金を払って神戸に来て、自らの歌声と引き換えにお金を集めて、一銭ももらわずにすべて募金しました。
本当に優しい方ですよ。ゆかなさんの愛情が満ち溢れています。
チャリティーライブの意味を知った時、僕もゆかなさんを関東から追いかけて来てよかったなと思いました。
ゆかなさんの想いに応えられて幸せです!!

……話がライブ(大分)脱線しましたね(笑)
会場にはまだ1時間前だというのに25人ほど並んでいました(笑)
いやあ、関西のゆかなストには脱帽しました(笑)恐ろしいわ、この人たち(笑)
前回の関東のライブでは1時間前でもこんなに並んでいませんでしたよ(笑)
正直その人だかりを見て出遅れたなと思いました。
関西のゆかなストをなめたらアカン!!要注意やで!!
開場まで階段に座ってアマガミをやっていました。
途中でむーたんが話しかけてきて「(階段下の)あの人たちが七咲逢ジグソーパズルの話をしとったで」
それを聞いて、やはり自分たち以外にもアマガミストがいるんだーと思いました。
そりゃそうですよ。ゆかなさんと言ったらアマガミ七咲逢ですから!
ゆかなさんが好きな人は七咲逢も好きです。逆もまた然り。
開場予定時刻の10分前くらいにアマガミを辞めて開場準備を始めました。
開場予定時刻の6分前になっていよいよ開場スタート。
むーたん「会場解錠して開場した!」 ←うまいな、この人(笑)
しゅう「開場、入場なう」
会場に入ってすぐの所で名前を言ってドリンク代500円を払うのですが……
僕の発音が悪くて名前を間違われ、また、わざわざ募金の2000円を用意していたのに後払いでした。
前者はまたしても僕のDJKスキルで、後者は何故一緒に徴しゅう(収)しないのかと疑問でした。

先に入ったむーたんが席を確保してくれて、荷物を置いた後ドリンクを取りに行きました。
前から3列目くらいの右端の席でした。
帰りに酔いつぶれたら大変だから辞めとけと心配するむーたんに対して……
1杯程度なら大丈夫だからと言ってカシスパイン(略してカシパン)を取りに行きました(笑)
だって、せっかくお酒やカクテルがあるのに飲まなきゃ損ですよ(笑)
ちなみにむーたんはノンアルコールの普通のドリンクでした。

会場内は前回参加したライブ会場よりもかなり狭かったです。やはり最初に思った通りでした。
前回はケーキも出たのでテーブルも用意されていたのですが、今回はドリンクだけだったので椅子だけでした。
全体的に狭いため、荷物を置く場所が限られていました。
むーたん曰く「これ拍手したら手に持っている飲み物がこぼれるんじゃね?」
また、何故か知らないけど、僕の携帯は会場内で圏外でした!
むーたんの携帯は電波が3本立っていたのに、どうして僕の携帯会社はこんなにロークオリティなんだ!?
おかげでTwitterという便利ツールが封じられました(笑)
(これを言ったら僕がどこの携帯を使っているかバレるかな~(笑))
仕方ないのでむーたんにお願いして代わりに書いてもらいました(笑)
「しゅうくんはカシスパイン略してカシパン飲んでる」
どうでもいいことだけど、何故か書きたくなりました(笑)
で、そのカシパンはというと、カシスの味がしないただのパインジュースでした(笑)
店員さんが作るのを見ていると……
先にカシスをコップの5分の1くらいまで注いで……
そこに紙パックのパインジュースを残り5分の4注いでかき混ぜていました。
道理でカシスの味が薄いわけです(笑)おかげでそんなに酔いませんでした(笑)

また、むーたんがゆかなさんのブログをチェックしていました。
ゆかなさんはライブ前になるとよくブログを更新されるのですが、この時ばかりは更新がありませんでした。
その代わりにアメーバブログの「なう」というTwitterによく似たツールは更新されていました。
「がくやなう。[4/14 18:57]アメモバから」
それに対してむーたんが「@ゆかな ざせきなう posted at 19:16:55」とTwitterに呟きました(笑)
粋なことをしますね~(笑)

さて、前置きが長くなりました。
いよいよライブ、スタートです。
画像にもあった通り、今回のライブはヴォーカルのゆかなさんとギターの千代正行さんだけで行われました。
たった二人のライブというのも初めてで新鮮でした。
ちなみに千代正行さんという方は……
ゆかなさんのアルバム「Yukana Blooming Voices」に収録された曲でギターを担当しています。
ライブ終了後にむーたんから「Yukana Blooming Voices」のコンサートに千代さんが出演していたと聞きました。
それを聞いてアルバムを見てみたら確かにアコースティックギター千代正行と書いてありました。

そんなわけでお二人が舞台に登場されて……
1曲目:ほほえみをあげたい
これは先程紹介したゆかなさんのアルバムに収録された曲です。
卒業式や入学式といった、出逢いと別れがあるこの時期にぴったりの曲です。
「さよならの代わりに ほほえみをあげたい」「涙なんかじゃなく エールを送りたい」
別れの時期は悲しみでいっぱいだけど、前向きな気持ちでいこうという意味が込められています。
僕はアルバムの中で最初にこの曲が好きになりました。
勝手に「七咲アフターストーリー」のテーマ曲と位置付けて、カラオケでもよく歌います。
2曲目:あくびのカノン
この曲は初めて聞いたので詳しいことはあまり分かりません。
むーたんによると、野上ゆかな名義での昔の曲だそうです。
ゆかなさんの本名は野上ゆかなですが、シグマセブンに所属してからゆかな名義に変えたそうです。
ちなみに僕よりもむーたんの方がゆかなスト歴が長く、ライブにも数多く参加しているそうです。
昔は大阪でもゆかなさんのライブがあったそうで……
今回むーたんに再会してすぐにもらったのはそのライブでもらったゆかなさんのサインだそうです。
まったく、羨ましい限りです。
3曲目:Friends
この曲も初めて聞いたので詳しいことはあまり分かりません。
むーたんによると、W'sってユニットでの野上ゆかな作詞曲だそうです。
詳しくはこちらをご参照下さい → W's - Wikipedia
実はむーたんから聞いて、ネット検索して、初めてこのユニットのことを知りました。
熱烈なゆかなストと自称しながら、実は野上ゆかな時代のことをあまり知りませんでした。
そんな自分を恥じつつ、ゆかなさんのことなら何でも知っているむーたんをちょっと尊敬しました!
熱烈なゆかなストと自称するならもっともっとゆかなさんの事を勉強しなきゃなーと痛感しました!

そしてついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
4曲目:恋はみずいろ
これは来ると予想していました!!
何故なら、前回のゆかなシークレットバースデーライブで初めて公の場で歌われた曲だからです。
これが必ず来ると予想していて、事前に持っていたゲーム版の七咲逢Tシャツを膝の上に広げて置いておきました!
いつでもゆかなさんに見せられるように!アピール出来るように!
これは七咲ストとしては絶対に逃してはいけない大チャンスです!!
ちなみに前日、家を出た時からずっとアニメ版の七咲逢Tシャツを着ていました(笑)
もう一つ別の種類の七咲逢Tシャツと合わせて全部で3種類用意していました!!
さっすが、七咲逢の夫ですよ(笑) ←自分で言うな(笑)
「アマガミSSって知ってる?」
そう聞いて来たゆかなさんにここぞとばかりに膝上待機のゲーム版の七咲逢Tシャツを掲げました!!!
よく訓練された七咲ストなので、反応はかなり早かったです!!
七咲逢Tシャツの両肩の部分を両手でガシッ!と掴んで……バッ!と一気に両腕を伸ばして……
ゆかなさんに見えるように前、上へ高々と掲げました!!(笑)
僕の左隣に座っていたむーたんも支援してくれました!!さすが僕のパートナー!!
「あ、知ってるんだ」
当然!
僕の後ろの人「DVDやBDを買いました!ゲームも買いました!」
「ゲームも買ってくれたんだ!もしかして、みんな紳士なの?自分が紳士って人ー」

僕やむーたんを含め、ほとんどの人が挙手!!
当然ですよね、ゆかなさんと言ったら七咲逢ですから!!切っても切れない関係とはこのこと。
現に僕みたいに会場にアマガミのゲームを持ち込んでいる人もいるし(笑)
「そっか、みんな紳士なんだ。変態ってつく紳士だよね」
変態って言葉にみんな爆笑。
まあ、アマガミストはみんな変態紳士ですから!(キリッ
僕はむしろゆかなさんに「変態!」って罵ってもらいたいくらい……(笑)
それで、前回のライブ同様に倍速バージョンの「恋はみずいろ」でした。
ゆかなさんはよくあんなに速い歌が歌えるなぁとまたしても感心しました。
ちなみに、「千代さんにはついさっき楽譜を渡したばかり」とゆかなさん(笑)
えっ!?と思いました。
あんな倍速バージョンを短時間でマスターした千代さんって一体何者なんですか!?
千代さんは本当にすごい方だなぁと思いました!感心しました!
5曲目:dearie
これもアルバムに収録された曲です。
「消えなくていい キズあとも 生きた証 その全てを 抱きしめて あたためよう」
……というのがこの曲の1番目のサビです。
アルバムは持っていますが、前回のゆかなさんのライブで改めてこの曲を聞いて感動しました。
それ以来、「そよかぜのウタ」と一緒によく聞いています。
黒歴史という名のキズあとばかりで生きるのが嫌になっていた僕はこの曲に強く心を打たれました。
黒歴史だって立派な生きた証だからそれを認めてあげようと言われたら思わず泣きたくなります。
前回のライブから今回のライブまで本当に嫌なことばかりでした。Twitterが欝itterになるなど……。
それでも再び生でこの曲を聞いたら少し元気が出ました。
欝itterだって生きた証です。おかげで手に入れた大切な仲間もいる。だから認めてあげたいです。
6曲目:WE CAN SHARE
これもアルバムに収録された曲です。
全部ゆかなさんが作詞作曲された英語の歌詞の曲です(笑)
実際歌詞を何となく訳しながら聞いていましたが、やはりよく分かりませんでした。
今までに何回か聞いたことはありますが、それでも……。
今パッと訳した感じでは……
「We were born alone」「We will die alone」「We know we are alone」
「Still we all share this world, we can share」「That is all and true」
「私たちは一人で生まれ、一人で死ぬ。私たちは一人だと知っている」
「それでも私たちはみんなこの世界を共有出来る。これがすべてで本当のことだ」

まさに今のご時世にぴったりの曲です。
生まれた時、死ぬ時は一人だけど、この世界はみんなで共有出来る。
例えつらいことがあってもその想いは一人だけのものじゃない!
楽しい想いも悲しい想いもみんなで共有出来るんだよ?
震災だって人事じゃない!同じ想いをみんなで共有して生きて行くんだ。
この曲の歌詞と、今ゆかなさんがこの曲を選んだ意味はたぶんそういう事だと思います。
7曲目:そよかぜのウタ
これもアルバムに収録された曲です。
「ありがとう 出会ってくれて 出会わせてくれて」で始まる出逢いに感謝する優しいウタです。
自分を支えてくれる人への感謝の気持ちはそよかぜみたいに優しく吹いて自分を支えてくれる。
身も心も暖まる感動的なウタです。
僕は先程の「dearie」同様に生で聞いて大好きになりました。
本当に素晴らしいウタです。

……と、以上の7曲でライブは終了しました。
曲の合間のトークの部分を省きながら書きました。
ここでトークの内容をまとめて書きたいと思います。

まず、ゆかなさんがこのライブを企画した経緯から。
(一部引用させていただきました → ご報告です
平成7年(1995年)1月17日(火)に阪神淡路大震災が発生。
当時まだ20歳だったゆかなさんは被災者に何かしてあげたいと思うも何も出来ず歯痒い想いをしたそうです。
何も出来ない自分が申し訳ないと思っていたそうです。
それから時が過ぎ、平成23年(2011年)3月11日(金)に東日本大震災が発生。
20歳の頃、何も出来ず歯痒い想いをしたゆかなさんは今度こそ被災者に何かしてあげたいと思いました!
あの時は出来なかったけど、今ならようやく出来る!!
そう思って……
「節電地域を避けて…と、京都の知人に連絡したのが(今回のライブの)はじまりでした。」
「本職でもない彼女をダメモトで頼って、そこから人づてで…本当に不思議な縁でした。」

こうしてゆかなさんの人望と人脈によってこのライブは成立しました。
それも……ここ、神戸で。
この記事の一つ前のオフ会の記事に阪神淡路大震災の爪痕の画像を載せました。
そう。ここ、神戸は……ゆかなさんにとって16年前に歯痒い想いをした場所なんです。
16年前に想いを遂げられなかったこの場所で今やっと想いを遂げた。
すごく運命的なものを感じます。
きっと、16年前のゆかなさんの必死の想いが今になってようやく届いたんでしょう。
「そよかぜのウタ」の歌詞の如く……
ありがとうのきもち あなたに伝えたい
その想いは そよ風みたいに優しく吹いて また明日も 歩き出す力 わたしにくれる

想いはそよ風みたいに届くんですよ。

「神戸は観光で何回か来たことがあるんだけど、ライブで来たのは初めて」
「どうして関西でライブをしたかと言うと、いっつも関東ばっかりだから」
「関西の人たちを置いて行ってるみたいだったから」

「こんな所まで来るくらいなら募金しろよ!とか叩かれそうだけどね(笑)」
「今さ、東日本じゃ節電しろとか自粛しろとか言ってるじゃない」
「だけど、自粛し過ぎはよくないと思う!みんなで落ち込んでいてどうするの?」
「誰かが元気にならなきゃいつまで経っても暗いままでしょ?」


ざっと書き出すとこんな感じでしたね。
要するに……
ゆかなさんは16年前の歯痒い想いを遂げたかった。
東日本大震災で落ち込んでいる被災者以外の人たちにも前向きな気持ちになりなさいと伝えたかった。

ゆかなさんは東日本大震災発生からブログでちょくちょく励ましの文章を書いていました。
だけどそれじゃやっぱり足りないんです!
直接人を集めて、面と向かってブログには書き切れない伝えたい想いを一生懸命伝える必要がありました。
その二つの意味を込めての今回の神戸でのライブ。
このライブが成立したことにはきっと意味があります。
ダメモトがダメで終わらず、成功した。
こんな普通では有り得ないことが有り得たのはゆかなさんのおかげです。
あなたのその優しさがきっと天に届いたのでしょう。


ゆかなさんのトークを聞いていてすごく同感しました。
僕自身も東日本大震災発生からTwitterで「贅沢言うな」とか「自粛しろ」という意味で叩かれまくりました。
それを反省して「自分が悪かった」とか「生きていて申し訳ない」とか逆に欝なことを呟いてもまた叩かれ。
そういう負の連鎖が繰り返されて仕舞いにはTwitterを本気で辞めたいと思うほど追い込まれました。
だけど、考えてみればそんな呟きをしたからと言ってどうして僕まで落ち込まなきゃいけないんだ!?
確かに僕は不快な呟きをしたかもしれない。
しかしそもそもの原因は大震災にある。誰のせいでもない。
そんなことは分かっていても人間は辛い時、誰かを責めたくなる。
責められた誰かもまた辛くなり、同じように誰かを責めたくなる。
結局、悲しいことが起きて悲しみが連鎖してみんなして悲しくなってしまったら一生立ち直れないんです。
誰かが元気になって悲しみの連鎖を止め、逆に元気を連鎖しない限り、復興は出来ないんです。
ゆかなさんの言いたかったことはたぶんそういう事だと思います。
自分の例えで申し訳ないですが、僕もまた元気になりました。
Twitterを本気で辞めたいと思った時、むーたんや大切なフォロワーさんのことが頭に浮かびました。
失いたくない大切な人たちがいる。だから僕は残るんだ。
それが僕がTwitterを続けることを選んだ理由です。
一部の人たちには不快な想いをさせてしまい、関係を切られました。
だけど、今いる人たちはそんなことがあっても僕のことを許してくれました。
僕が思っているようにその人たちにとっても僕は失いたくない大切な人なのかもしれません。
僕はその人たちから元気をもらいました。
そしてまた僕も色んなフォロワーさん方に元気をあげられたらいいなと思います。
ゆかなさんが仰ったように、「誰かが元気にならなければいけない」んです!
だから僕は元気になる!僕はみんなに元気を分け与えて悲しみの連鎖を止めたいんです!
ゆかなさんやフォロワーさん方がくれたこの元気を必ず活かしたいと思います!!

トークの内容と僕が感じたことはこんな感じでした。
これですべて伝え切れたかどうかは定かではありませんが。

ライブが終了して会場が明るくなり、時間的にもうアンコールはないと思いましたが……
数名がアンコールを要求しました。
おいおい、それは辞めておけと思いましたが、ゆかなさんが再登場しました(笑)
まさかの展開でした!
しかし、当然ゆかなさんはアンコールには応えませんでした。
時間も押しているし、アンコールの曲も用意していなかったとのこと。
そもそもの目的がチャリティーなので仕方のなかったことです。
心なしか、ゆかなさんが涙目で語っているようにも見えました。
先程のトークも、このアンコールタイムも。
アンコールを要求したことに対して申し訳ないと会場のみんなを説得したゆかなさん。
「帰る際はライブ代(募金)2000円と気持ちでいくらかを入り口でスタッフに渡して下さい。
それをまとめて全額必ず募金に宛てます。ちゃんとブログで報告すると約束します」
そう必死に訴えかけたゆかなさん。
そんなゆかなさんの言葉を聞いて僕は絶対に多めに募金しようと決めました。
ゆかなさんのその必死の想いに少しでも応えたいと思いました。
また、関東でも5月8日に同じようなライブを行うそうですが、色々不具合が生じているとのこと。
出来れば有志でお手伝いをしてほしいと僕を始めとする関東からの参加者に呼びかけていました。
僕は当然率先してお手伝いをしようと思います。
給料なんか要りません。ゆかなさんのためならボランティアなんて余裕です!(キリッ
ぜひ、5月8日の関東でのライブにも出席してお手伝いがしたいです。
(ちなみにむーたんは予定があって来れないとのこと。残念ですが)

アンコール前かアンコールの時か忘れましたが……
僕の後ろの人が「ゆかなさん。甘い物でも食べて頑張って下さい」「これ回して下さい」と言って……
紙袋を前列に、ゆかなさんに向けて回していました。
その時に紙袋の角が僕の後頭部に当たって痛かったです(笑)
その心意気は褒めますが……もうちょっと周りに配慮しましょうね?^^

アンコールが終わり、ゆかなさんの去り際に僕は精一杯声を張り上げて……
「いつまでも応援しています!頑張って下さい」
……と叫びました。
後ろの人の熱意に負けたくなかったんです!
前回のライブでたぶんゆかなさんに顔を覚えてもらいました。
だから今回も「ここにいますよ」というアピールがしたかったんです。
ゆかなさんを追ってわざわざ関東から来たんです。
「僕はいつもそばであなたのことを応援しています」
それをどうしても伝えたかったんです。
僕はいつもゆかなさんから元気をもらっています。だからどんな辛いことでも乗り切れるんです。
その感謝の気持ちを込めて、僕も微力ながらゆかなさんを支えたいんです。
ゆかなさんが言っていました。
東日本大震災が発生しても私の所属している事務所はただ様子を見ているだけ。
だから私は個人的に動いている。
責められてもいい、私は少しでも役に立ちたい。
私は小心者だからいつ責められるかビクビクしながら活動しているんだけどね。

ゆかなさんは見た目はすごく芯が強く、小心者には見えませんが実は小心者なんだそうです。
僕みたいにいつ誰かに責められるか恐怖しながら生活しているとのこと。
だったら僕がやるべき事はただ一つ。
ゆかなさんが安心して活動出来るようにすること!
僕一人じゃ微力だけど、ゆかなさんのファンがみんなで彼女を支えてあげれば大きな力になります!
例えゆかなさんが責められるようなことをしても、その時は僕らでフォローするだけです!!
みんなゆかなさんに大きな恩があるはずです。彼女を支えてあげることくらい造作もないはずです!
5月8日の関東でのライブだってそう。
足りないところは僕らで補ってあげればそれでいいんです!
とにかく僕は素晴らしいものをくれたゆかなさんを全力でバックアップしたいです!!
ありがとうのきもち あなたに伝えたい
その想いは そよ風みたいに優しく吹いて
また明日も 歩き出す力 わたしにくれる

今回のゆかなチャリティーライブを総まとめしてタイトルをつけるなら……
正しく「そよかぜのウタ」です。
「そよかぜのウタ」の如く、素敵な出逢いのあった素晴らしいライブでした。

そんなわけで、ゆかなチャリティーライブは終了。
ゆかなさんから大変素晴らしいものを受け取った僕はそれに感謝して1000円余分に募金して来ました。
本当はそんなんじゃ足りないと思ったけど、まだ学生だし遠出なので仕方がありませんでした。
むーたんと一緒に会場を出て、帰りの夜行バスの関係で大急ぎで駅へと向かいました。
ゆかなチャリティーライブが終了して、後は節電地域の神奈川に帰るだけ。
今回の旅もいよいよ終了の時が迫って来ました。



帰りの夜行バス~弾けろDJK魂~に続く。

スポンサーサイト

コメント

チャリティーライブ!
自費で行うとか尊敬です!
アマガミストは変態紳士の集まりですから(キリッ
僕は棚町Tシャツ持ってますが、まだ袖を通した事がありません(^o^;)

ゆかなさんマジ天使ですね…見習いたいものです!

変態紳士ってゆかなさん言ったんですねwwノリもいい人なんだなぁ。

ゆかなさんの場合、被災地に義援金を贈るというだけではなく、被災地ではないけど節電やイベント自粛などで元気の無いその他の人達に対しても勇気を与えてくれる素晴らしい人ですね。しゅうさんの記事を見てるとゆかなさんの人の良さがものすごく伝わってきますよ。

自分もいつかこんなに素晴らしい人のライブに参加してみたいですね。

Re: タイトルなし

ゆかなさんはマジ素敵ですよ!
早く袖通してなさいよ。ぶつわよ!(cv.佐藤●奈)

Re: タイトルなし

なるほど!言われてみればそうですね!
元気づけているのは被災者だけじゃない。
ゆかなさんは素晴らしい人ですよ。
ぜひまたの機会にご一緒しましょうか

利奈さん\(^o^)/
一度叱られたい、、、、、、、、
なんて(笑)
勿体なくて袖通せない(´;ω;`)

利奈さんはドラエモンにも声優ででてたんですね(^_^)

Re: タイトルなし

僕もゆかなさんに「変態!」って罵られてみたい(笑)
袖通しましょうよ!ボロボロになった薫Tシャツこそ薫を逢した証!!(笑)
歴史ですよ!!
ドラえもんにも?へぇ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ilovenanasakiai.blog24.fc2.com/tb.php/116-f9f870f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) アマガミ・七咲逢をこよなく逢する七咲逢依存症患者の家. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。