--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-21

ここ最近の病気なしゅう 議題~本当の友達って?~

どうも、しゅうです。
とあるブログを真似てみました。
まあ、これにはちょっと意味があってね。

最初に書いておきます。
ここから先、ちょっと嫌なことを書くので、見たくない方は閉じて下さい。
……と言っても、本当は皆さんに見てもらいたいと思ったので書いたわけですが(汗)
僕の本音も混じっています。ご了承下さい。
本当に嫌なことなので、どうしても書きたいと思っています。
僕がこのブログを使ってでも訴えたい心の内です!!






僕は最近病気なんです。
いつからかって言うと東日本大震災が発生してからずーっとです。
色々あって心の病気なんです。
僕は前にも書いた通り、神奈川県西部なので、特に何も被害はありません。
まあ、被害があると言ったら被災地からの物流が途絶えて色々商品が不足していることくらいですね。
計画停電の対象として2回ほど停電したこともありました。

また、僕は知っての通り、Twitterをやっていて、かなり自由奔放に近況を呟いていました。
地震がどうとか、計画停電がどうとか、とにかく自由奔放に、ウザいと思われるくらいに。
そうしたら案の定、被災地のフォロワーさんに「精神的に限界だ」とか言われて関係を切られる始末。
まだそれだけなら僕が明らかに悪いから関係を切られたのは仕方ないと反省していたんです。
何故かと言うと、僕はTwitterをやることが本当に楽しいんです。
すごく親しいフォロワーさん方と毎日馬鹿話することが僕の日課であり、趣味でもあるので。
本当にTwitterなしじゃいられないくらいにTwitterに没頭しています。
だから知らなかったんです、自重という言葉を。
状況によって使っていい表現、悪い表現ってあると思います。
だから、僕の呟きが相手の癪に障ったから関係を切られたので、仕方ないと思っているんです。

ただ、その人がそのことをTwitterの公の場で
堂々と他のフォロワーさんに陰口をしていました!!
Twitterのダイレクトメッセージを使ったわけでもなく……
スカイプを使ったわけでもなく……
何の考えもなしにそのままで。
間接的な表現だったけど、明らかに僕のことだって分かるような内容でした。
これは非常に許せない行為だと思いました!
しかも何度か逢ったことのある親しい人がそれをやっていたこと……。
それだけじゃない!!その陰口に影響された人もいた!!
「こいつ要らね」とか言って関係を切って来た同様の人もいた!!
これはかなりショックでしたね!!
陰口を言ったその人のせいで僕は色んな人から嫌な奴と思われた!!
関係を切られまくった!!


元はと言えば僕が悪いんです。
僕が自重しないで呟いていたせいでその人を傷付けた。
そのことは100%僕が悪いと自覚している。
ごめんなさい。
だけどね、だからと言って陰口って卑怯なやり方じゃないの?違う??
陰口をしてまでそんなに僕を叩きたいのか!?

正直呆れましたね。謝る気なくなりました。むしろこんな人大っ嫌いですよ。
時間が経って東日本大震災がすべて収まってまた関係を元に戻してもらえたら誠心誠意謝罪しようと思っていました。
だけど、こんな人に謝る必要はないですね。
むしろ公の場で僕の悪評をばら蒔いて僕の心をズタズタにしてくれたことに感謝しますよ。
おかげでTwitter引退を本気で考えました。

僕がTwitter引退を本気で考えた原因はそれだけじゃありません。
Twitterって元々は独り言を呟くための場ですよね。
何でもかんでも好きなことを言っていい場所なんです。
なのに、フォローというシステムによって個人同士が繋がり、大きなチャットスペースと化しました。
まあ、だからこそ遠く離れた場所にいる人と仲良く会話できるわけです。
僕は少なくともTwitterの存在意義をそう捉えています。
でも、中にはそうじゃない人もいて、東日本大震災を受けて情報収集の場としてTwitterを始めた僕の友達もいますが。
Twitterは楽しく会話する場所、交流する場所なんです。
基本的には好きなことを言っていいんです。度を越えない程度に。
僕はTwitterで会話することが楽しくて仕方ないんです。
時々身近な人には言えないような欝なことも呟いたりして、それがまた楽しかったりします。
僕は基本的にはTwitterは楽しむための場所だと思っているんです。
それなのに、また自由に呟いていたら突然説教を始める人がいました。
それも2人くらい。
まあ、親しい人なので説教を受けましたが。
それでも……
説教をしても僕がそれを聞かなかった……
言う通りにしなかった……
そんな理由で片方には関係を切られ……
もう片方には他のフォロワーさんに陰口をされました!!


ちなみに説教の内容は……
「Twitterの呟きを改善するように努力しろ」
「自分が努力出来なかったのが悪かったのに人のせいにするな」
……っていうような内容でした。
要するに……
「失敗したのは努力が足りなかったから。努力する気がなかったから」
「それを人のせいにしているおまえは悪だ」

まあ、確かに言っていることは正論です。
でも、捉え方によっては綺麗事にも聞こえます。
「頑張れば何もかも出来る」ってことですよね。
そんな綺麗事、言うだけなら言えますよ。
「じゃあ、そう言うあなたはどうなの?」って聞きたい。
僕に言うからにはまずは自分自身で実行して成功した試しを聞いてみたい。
ちなみにその人から聞いたのは友人の成功話でした。
自分が出来もしない綺麗事を人に押し付けないで下さい。
そりゃ僕は昔から何にも努力してないですよ。
勉強だってスポーツだって何一つ出来なかった。
努力をするのを躊躇っていたからね。
だから僕に、その人に反論する権限なんてないです。
僕はその人よりも劣っていると思っているから。

分かりやすい例えを出します。
今、被災地で苦しんでいらっしゃる方々に向かって……
僕が「努力して乗り切って下さい」なんて言っても何の説得力もないでしょう?
僕は大震災を経験したわけじゃない、同じ苦しみを味わったわけじゃない!
僕はただ平凡に何の不自由もなく生きているだけの若造ですよ。
「おまえに何が分かるんだ、我々の気持ちなんて分からないだろ!」っていう反論が来るのは当然です。
その反論に対して怒って「嫌いだ!」って言っているようなものです。

つまり、まとめると……
僕は説教をされましたと。
で、相手が言ってることは相手自身が実際に経験していない綺麗事。
それを僕は無理矢理実行しろと言われ……
少しは自分を変えていこうと思った矢先……
ちっとも言ったことを守っていないじゃないかと関係を切られました。
それも僕が毎日楽しんでいるTwitterの場で。
さらには僕が信頼を置いていた相手に。



綺麗事といえば、僕だって東日本大震災の被災地の方々のことを何も知りもしないくせに……
それを題材にした物語をつい数日前に上げていましたね。
僕にはこれしか出来ないと思ったからやったまでのことですが……
綺麗事ばかりの人間で本当に申し訳ありません!!


本当にもう、上の二つの大きな出来事が重なってTwitterを本気で辞めたいと思うほど欝になりました。
このブログだってしばらく更新出来ないくらいに欝になりました。
何がeternal-friend(永遠の友)だ?
eternal(永遠)なんてものはこの世には存在しない。
その証拠に僕のTwitterのリスト「eternal-friend」から3人ほど消えました。
それを見て、僕は「eternal-friend」なんて我ながら馬鹿なリストを作ったなと思いました。
自分の愚かさに後悔しました。
元はと言えば僕が引き金となった今回の出来事。
僕は自分の手で「eternal-friend」を創造し、自分の手で「eternal-friend」を破壊してしまいました。
自分のせいで、もう誰も信用出来なくなってしまいました。
永久に信用出来る人なんていない、Twitterなんて続けても心に傷を負うだけだと思いました。
一回一回の呟きの度にフォロー、フォロワー人数をチェックする……
楽しいけれども、どこか怯えながらTwitterを続けていた……
そんな毎日を捨ててしまいたいと思いました。
そこまで追い込まれました。

そして思っていたことを実行に移しました。
まず、本アカウント(七咲しゅう)と塚原響先輩のbot以外のアカウントをすべて削除しました。
ごめんなさい、この前作ったって言っていた七咲郁夫くんのbotも自暴自棄の末、削除してしまいました。
参照:郁夫、お誕生日おめでとう!!
勘違いしないで下さい、別に郁夫くんが嫌いだったわけじゃないです。むしろ大好きですよ。妻の弟だから。
ただ、塚原先輩に比べたら出番が少なく、残しておいてもどうかなと思ったので削除したまでのこと。
次に、塚原響先輩のbotは残すと決めたので、本アカウント(七咲しゅう)を削除する作業にかかりました。
しかし、そうすぐには削除出来ないと思いました。
何故ならいきなり削除すると混乱するフォロワーさん方がいらっしゃるので。
僕が度々Twitterを辞めたいって呟くと止めて下さる心優しい方々のためを思ってのことでした。
Twitterを辞めるならせめて本アカウント(七咲しゅう)の呟きをすべて削除して……
連絡先でも残して、1ヶ月くらい放置したら本アカウント(七咲しゅう)を削除しようと考えました。
お世話になった方々なので、せめてTwitter辞めた後、生きているかだけでも教えてあげたいと思ったんです。
そう思って本アカウント(七咲しゅう)のツイートを削除している最中に突然恐怖が襲いました。


もうこれでTwitterを辞めるんだ。
え?辞めたらどうなの?
もうこの人たちとはお別れをしなきゃいけない。
もう明日からこの人たちの呟きを見れなくなる。
そんなのは嫌だ!
Twitterを辞めるのが恐い!
Twitterを辞めたくない!
やっぱりTwitterを辞めたくない!


僕にそんな迷いや恐怖をもたらしてくれたのは……
僕をTwitterに引き止めてくれたのは……
やっぱり「eternal-friend(永遠の友)」でした!!


さっき僕はこう書きましたよね?
何がeternal-friend(永遠の友)だ?
eternal(永遠)なんてものはこの世には存在しない。
……って。
だけど僕はその時忘れていたんです。
僕がTwitterを辞めたいって呟いた時に
必死で僕を止めようとしてくれた人たち……
彼らこそが本当の「eternal-friend(永遠の友)」だということを。
僕は本当に愚かだった……
まだいるじゃないか、僕を大切に思ってくれている人たちが!
まだあるじゃないか、希望の光が!
一度は消えかけた友。
一度は僕の心の闇に飲み込まれて消えかかった希望の光。
だけど、それらが繋いでくれた!僕とTwitterを!
それらが僕の心を明るく照らしてくれた!
まだ僕には希望がある。だからこそ、前向きになれる。
本当に彼らには感謝したい!感謝しなければならない!
本当に……本当に……ありがとう!!


僕がTwitterを辞めたいって呟いた時に「やだ!!」って呟いてくれたむーたん
以前紹介した通り、同じゆかなさんの大ファンです。
偶然にもゆかなさんが僕とむーたんを繋いでくれました。
ゆかなストの絆をなめんなよ!!
ゆかなストはこういう、いざと言う時に打たれ強い性格なんだ!!
ありがとう、むーたん。
ありがとう、ゆかなさん。


また、ワルサさんという方がいらっしゃいます。
ワルサの妄想世界というブログを書かれています。
ブログのリンクは右のリンクに貼ってあります。
このFC2ブログでは「ブロとも」という関係で、Twitterでもブログでもとても仲の良い人です。
そのワルサさんが僕に言ってくれたこと。
「しゅうさんは希望だらけじゃないですか」
「ゆかなさん、声優、そしてフォロワーのみんなの存在がある」

今思えば、この言葉、まさしくその通りだと思いました。
確かにTwitterで嫌な思いはしました。
だけど、そんな出来事があっても、それでも僕と交流したいという人たちはいるんです。
そんな優しい人たちのために僕はTwitterを続ける。

また、Twitter続行を決めた直後、ワルサさんとスカイプで長時間通話しました。
ワルサさんは基本的にTwitterで自分に嫌なことを言う人たちはあっさりと切り捨てると言っていました。
仲の良い人とだけ付き合えばいいと言っていました。
確かにその通りです!!
僕が望むTwitterとはまさにワルサさんの言っているような続けるのが楽しいTwitterです!!
自分が楽しいと思えなければ何も出来ませんよ!!続くわけがない!!

極論だけど
自分を大切に思ってくれる人、自分のすべてを許し受け入れてくれる人……
僕はそういう人だけが欲しい!!
お互いに良く想い、お互いに大切だと思えるそんな関係でありたい!!
それこそが僕の望む理想のTwitterなんです!!

確かに説教するのは良い事だ、僕を成長させようとするのは良い事だ。
だけど、それをやるなら他でやって欲しい!!
僕の楽しいはずのTwitterを不快にさせないで下さい!!
せっかくの美味しいご飯が不味くなりますよ。
僕が気に障ることを呟いたのがいけないけど
僕の楽しいはずのTwitterで説教は辞めて下さい!!
そして僕をもっと信じてほしい!!
今は駄目かもしれないけどいつかきっと変われるんだって!!
説教したのが損だとか言ってすぐに関係を切らないで下さい!!
それは僕を信じていない証拠です!!
そんなに僕が信用出来ないならさっさと関係を切ればいい!!
僕を信用してくれない人なんか要らない!!
友達とすら呼べない!!
僕の方から願い下げです!!


本当に信用しているのならリムーブやブロックなんていう手段は使わないはず。
僕は裏切られたんだ……。


でも、安心して下さい。
もう僕は自由奔放には呟かない。鳴かない鳥になる。少なくとも公には。
どういうことか説明します。
僕は今までどんなに嫌だと思った相手でもその人を信じたいという意志から自分からは関係を切れなかった。
だから今までずっと悩んできた。
相手は悪くない、すべて自分が悪い。
そうやって自分を追い込み、苦しめて来た。
僕はワルサさんとは違って優しさ故に思い切りがないんです。鬼になれないんです。
そこで、関係は切らずに好きなことを好きなだけ呟ける方法をワルサさんに教えてもらいました。
ずばり、Twitterの中に自分と本当の「eternal-friend(永遠の友)」だけの居場所を創造することです。
サブアカウントを作って絶対に許可した人しかフォローしない、もちろん呟きは部外者には非公開で。
そうして作った自分だけの世界で僕は思う存分今まで通りにやる!
自分だけの世界にいる人たちは自分のことを大切に思ってくれる人たち!
だからこそそこには安心がある!
僕の楽しいTwitter人生のために、陰口も説教も絶対に許さない!!


部外者には見えない世界がある!!
僕が今まで通りに呟いても誰も傷つかない。
何故なら僕の世界には僕を認めた人しかいないから。
今までどんなに自由奔放に呟いても許してくれた人しかいないから。
それに部外者の人たちは今までの僕の呟きが嫌だったから僕を嫌な奴だと思って来たわけで……
これからは自由奔放な呟きはすべてサブアカウントに封印して、本アカウントでは絶対に呟かない。
そうすれば見たくもない呟きを見なくて済む。
彼らの抗議に僕が傷つかなくて済む。
一石二鳥じゃないですか。
さらに、呟きは非公開で部外者には見えないし、リツイートも禁止されているので……
陰口される心配が少しは減ります。
まあ、自分の世界に入れることを許可した人たちの誰かに裏切られたら話は別ですがね。
その時はその時で強制追放しますが、僕が最も信頼を置いている人たちですから。

あ、もちろん約束はしますよ。陰口は絶対に言わないって。
僕は今までいじめられた経験があって、陰口は大っ嫌いなんです!!
自分が嫌なことは人にはしない、これ当然です!!

ワルサさんからこの方法を教わった時、僕は思わず感激してしまいました!!
何という素晴らしい方法なんだと!!
まさに絢辻詞的裏表白黒作戦って奴です!!
表(白)の本アカウントで猫を被って、裏(黒)のサブアカウントで本音を言う。
僕の楽しいTwitterの邪魔はさせませんよ!!
言いたいことも言えないこんなTwitterなんてポイズン♪

むーたんに続き、ワルサさんも僕の大切な本当の「eternal-friend(永遠の友)」です。
二人だけじゃない!!
僕をTwitterに引き止めてくれた人たちみんなが僕の大切な本当の「eternal-friend(永遠の友)」です。
みんなが僕をTwitterに招き入れてくれたみたいに……
僕もみんなを自分の世界に招き入れてあげたい。
それがみんなに対する恩ってやつだから。

僕なんて正直言って大した人間じゃないですよ。
面白いことなんて呟けないし、みんなの力になんかなれないし、欝なことばっかり言うし。
それでもみんなは僕のことを面白いから、いないと寂しいからって言って認めてくれる。
おまえら本当、大好きだ!!
おまえら本当、偉大だぜ!!

僕が結果的にTwitterを辞めなかったのは
辞める勇気がなかったからなんかじゃない!!
本当に大切にしなければならない仲間がいたからだ!!
僕はみんなのことが大好きだから!!



今回の出来事でやっと気付けた……本当の友達って何か。
僕はもうTwitterを辞めたいなんて決して言わないよ!!
だって、大切な仲間を手に入れたから!!
決して失いたくない仲間を手に入れたから!!
そして、この記事を最後まで読んで共感してくれたあなたも
僕の大切な仲間です!!
もしも僕がまた弱気になって
Twitterを辞めたいとか馬鹿なことを言い出したら絶対に止めて下さい!!
いや、こんなことわざわざ書く必要ないかな。
だって、みんな僕の大切な仲間だ。
きっと、絶対、止めてくれるよね!!
my eternal friend(僕の永遠の友)!!


最後に……
「ありがとう 出逢ってくれて 出逢わせてくれて」
僕の大好きなゆかなさんの曲「そよかぜのウタ」の冒頭です。
このフレーズでこの記事を締めくくりたいと思います。



追記。ちょっとおまけで。
被災地の皆さん、絶対に諦めないで下さいね!
今は暗闇の中にいるように思えても、実はその暗闇の中に必ず希望の光はありますよ。
ただちょっと闇に覆われ過ぎて見えないだけですよ。
誰の心の中にも必ず希望の光はある!!存在する!!
これは綺麗事なんかじゃない!!
僕が今回の出来事で学んだことです!!僕が出来たことをあなた方に伝えています!!
あなた方を必要としている人は必ずいます!!
あなた方を愛している人も必ずいます!!
だから絶対に希望だけは……希望だけは……捨てないで!!
希望さえ持っていれば未来はいくらだって明るくなります!!
大切なのは希望を持ち続けることです!!
スポンサーサイト

コメント

永遠の友としてコメント

オレはもちろん秀さんの全てを受け入れますぜ!気持ちがわかりますからね。

ぶっちゃけ、その相手はネットで説教とか何の見返りを求めているのか理解できない。

ツイッターでの場合、ウザいって思うならフォロー外せばいいのに
改善して欲しいって思うなら言い方を考えるべきだと思う。

説教タレる相手はしゅうさんに変わってほしいのか、それともただ単にキツイ言葉を浴びせて楽しんでいるだけなのか、どっちなんだろう。おそらくは後者が多いんじゃないかな?

ブログの記事やツイッターのつぶやきを不快に思うなら無視すればいいのに。無視しないのは、そこに何か理由があるからなんだろうね。

しゅうさんの事を想っていない説教なんてクソの役にも立たないと思う。そんな説教は傷つくだけなんだから、される身にもなってほしい。

随分と反感を買いそうなコメントをしたけど、これがオレの言いたいこと。

しゅうさん、オレや「むーたん」さんのように全てを受け入れてくれる「eternal-friend」を忘れないでね。
友達はどんなことがあっても友達。
周りがなんて言おうと、なんて思おうと友達。

それを忘れないでね!

自分もチャットでの揉め事をブログに持ち出すことがありますけど(荒らしがよく来て困ってる)

せめてダイレクトメッセージか何かを使うべきでしょう。
公の場で堂々と言うべきではありませんね。

自分は七咲さんの味方です。
これからもよろしくお願いします。

Re: 永遠の友としてコメント

ありがとう、ワルサさんのおかげで随分気が楽になったよ。
本当に感謝している。
明日逢ったらまずはお礼を言いたいね。

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
皆さんの応援のおかげで居場所を失わずに済みました。
本当に感謝しています。

こんにちは。


まずは、ごめんなさい。
私の言葉が不適切でしゅうさんが傷つかれたことに。
そして、私の想いがしゅうさんに届かれなかったことに。


私の言葉は確かに、上から目線で偉そうで自己満足で綺麗事でした。説教でした。
頭に血がノボってメチャクチャな部分や言葉遣いが悪いところもございました。
後から自身のツイートを読み返しても酷いものです。

ですが、私は決してしゅうさんを苦しめるためにこれらのツイートをしたわけではありません。
笑いものにするためでも、もちろんございません。


こんなことを言って、また綺麗事だ、偉そうだと思われるかもしれませんが、
私はしゅうさんが似た過ちを繰り返し、苦しまれている様子をたびたび目にしました。
「そんなしゅうさんを見たくない」
そう思い、しゅうさんが同じ過ちを繰り返されないよう、何かできればと思い至りました。

理由は何かと言われ、全部取り上げるのは難しいですが、
強いて一つをあげれば、以上でしょう。



私にできること、それは私の経験をもとにお話することでした。
中には私自身が体験したことではなく、人の話の引用や受け売りの部分も多々ありました。
しかし、その言葉のほとんどは私自身が実際に言われたことであったり、自身の失敗から学んだものであります。
確かに「じゃあ、お前はどうだよ?」と言われても、できないものも多くあります。
「人のことを言える立場か?」と言われると、そうではありません。
ですが、私はしゅうさんをともに成長していく友とみなし、一緒に成長できたらと思い、あえて苦言を呈しました。

今更言うのも説得力に欠けますが「しゅうさんが過ちを繰り返すのを見たくない」と思った理由も、
「私自身が同じ過ちをしたからではないか」とも思っています。

何度も書きますが、不快に思われることも多々あったかと思います。
ならば、こうした場ではなく、その都度おっしゃっていただければ…と今更ながら思います。
例えば、私の友人の話を聞いたとき、「友人の話は聞いた。じゃあ、あなたはどうだったんですか?」と聞かれれば、
大した話ではないですが、私は自分の話をしたことでしょう。
それと、文中の「頑張れば何もかも出来る」というお言葉について、
確かに私はしゅうさんが実現されることが困難なことを言ったかもしれません。
ですが、私は「魚屋に白菜を売るよう努力しろ」のようなことを言ったつもりはございません。
しゅうさんならできると(私が)判断した言葉をかけたのです。



私もtwitterを楽しむ場と認識しています。
と、同時にtwitterを自分を高める場として利用しています。
そのため、ともに成長していく友達としてしゅうさんと接してきました。
ですが、今回の件でしゅうさんが友達ではなく、馴れ合いの関係が欲しかったのだと気付きました。

馴れ合いの関係を求めるしゅうさんに対し、今回のような説教をしたことを深くお詫び申し上げます。
今後、二度としゅうさんに説教をしないことを約束します。
しゅうさんが素敵なtwitter-lifeを送られますよう……。




最後に、今となってはどうでもいいことなのですが、リムーブした理由について弁明を。
私はしゅうさんがtwitter引退されるというお話をお聞きし、
やり方や考え方はともかく、しゅうさんのただならぬ想いを感じました。
その想いを尊重させるため、温かく引退を見守ることにしました。
一つ何かをやり遂げ、しゅうさんが変われるきっかけになると信じていたからです。
リムーブした理由も私がいれば決意が揺らぐのではないか…などというみょーちきりんな理由です。
信じてもらえないでしょうが、戻ってこられたときは喜んで再フォローするつもりでした。
しゅうさんが変わろうと決意したことが本気だったと思えるからです。

ところが、しゅうさんは引退はされず、しゅうさんの決意もどうなったのか分からない状態でした。
しゅうさんの決意や変化が不明なため、再フォローするかどうか悩み、
しばらく様子見のためフォローを外した状態で過ごしていました。
決して関係を断ったわけではなく、ちょくちょくツイートは拝見していました。
どこかに決意や変化が分かるツイートがあるのではないかと信じて。

今、私がしゅうさんにどんな想いを抱いているのか、述べません。
述べてもしゅうさんが望むような言葉ではありませんので。
ただ、リムーブした理由は以上であると、誤解のないようお伝えします。




それでは、長文失礼しました。
お互いにtwitterを楽しみましょう。

Re: タイトルなし

僕の方こそ勘違いしてしまい、大変申し訳ありません。


正直言うとあなたから説教を受けたことやリムーブされたことに
ものすごく驚き、ものすごくショックだったんです。
そう思った理由は他でもなく、あなたを親友だと思っているからです。
あなたのことを僕がものすごく慕っていたが故に
突然の説教、突然のリムーブが信じられなかったんです。
僕はリムーブやブロックは相手が嫌いだからするものだと勝手に思い込んでいます。
そのせいもあり、
あんなに親しかったのに、どうしてなんだろうと。
本当に胸が張り裂けそうなくらいショックだったんです。

僕が前に盛んに呟いていた言葉があります。
「リムーブやブロックを恐れていてはTwitterは出来ない」
「リムーブやブロックをされたらたったそれだけの関係だったんだと諦めろ」
そうしてきた例もいくつかあります。
ですが、あなたにだけはそれが出来なかった。
何故なら、前に聞いた話がずっと頭の中を過ぎっていたからです。

運命的な出逢いをしたあの日、
あなたは僕と交流したいからブログやTwitterを始めたと言って下さいました。
それを聴いて、僕はあなたに絶大な信頼を置いていました。
ずっと仲良くしたい相手として捉えていました。

だからこそ、今回のことはすごくショックだったんです。
こうして思わずブログを使ってまで書きたいほど
誰かに向かって叫びたいほど
悲痛な胸の内だったんです。
ご無礼、お許し下さい。

ごめんなさい。勝手なことを書いて。
でも、僕はあなたにリムーブされた今でもあなたのことを慕っています。
だからこそいつまでもあなたのことをリムーブできないんです。
いえ、あなたのことをリムーブしたくないんです。
勝手だとか甘えだとか言われるかもしれない。
それでもいい、それでもいいんです!!

僕はあなたが必要です!!
決してお世辞とか綺麗事を言っているわけではなく、
本当にあなたのことを必要としています。

僕なんて一生何も変われないかもしれない。
あなたががっかりするほどの駄目な人間かもしれない。
だけど、僕は少しずつでも変わっていくと誓います!!
あなたの理想になれるように努力します!!
例えどれだけ時間がかかっても僕は変わってみせます!!
あなたとはずっとずっといい関係でいたいから!!

だから……勝手なお願いですが……
僕を見捨てないで下さい!!
僕をずっと見ていてほしいんです!!
お互いにお互いの理想になれるようにこれからも努力していきましょう!!

今回のことで一度は対立したけれども、
あなたからすごく大切なことを教わりました。
おかげで少し成長出来たと思います。
本当にご迷惑をおかけしました!!
本当にありがとうございます!!

今日始めてこのブログを閲覧させていただきました。

eternal-friendの話からそれてしまいますが、
「七咲アフターストーリー」を読ませていただきました。
自分は一昨日アマガミを知ったばかりなので登場キャラは少数しか知りませんが、
でら感動しました。

それともう一言言わせてもらいます。
七咲は自分の嫁ですww
長文で申し訳ありませんでした。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

感動もありがとうございます。

七咲は自分の嫁……そうですか。別に構いませんよ(笑)

だって、彼女と嫁と妻は似ているようでいて異なるので。

七咲逢は僕の(彼女と嫁を通り越して)妻です!

そして七咲は(……しゅうだか逢だか郁夫だか知りませんが)あなたの嫁です。

あれ?もしかして七咲祈がご希望ですか?

祈はあげない!!!父親として(笑)

今後ともよろしくお願いします

結局僕はどっちでもなかったんだよね。

しゅうさんに対して説教するでもなく、辞めるなと止めるわけでもなく、ただ見守っていただけ。

なんでしょうね、個人的には何か言ってもよかったんでしょうけど、何が正しいとかわからなかったからなあ。

というかみんなの意見がそれぞれ間違いでないからこそ、議論することはないかなとも思ったんですね。

僕が中立言ってるのはそういった「正しいやり方」が1つではないから。
僕のように複数のクラスタを抱えていたりすると誰か1人だけの味方につくなんてことはできないんですよ。
逆にいえばみんなの味方とも言えるんですがね。

まあ綺麗事さえも言えないけど、楽しくやりたいという気持ちは同じなんでこれからもよろしくお願いします!

Re: タイトルなし

先日はありがとうございます。

中立って言ってたのはそういう意味だったんですね。
やっと理解出来ました。

確かにみんな言ってることは正しくて、間違いなんてないですね。
そんななかで意見が言えることもすごいことだと思います。
また、そういうことを考慮して意見を敢えて言わないことも同様に。

団結さんともまた楽しくやりたいので、これからもよろしくお願いします。

僕からも少々。
僕が思ったのは、Twitterは確かにネットという場ですが、不特定多数の人が関わってくる以上、小さな「社会」というものを形成していると思います。
社会であるからこそ、人と同調する事もあれば、時に対立し、そして自分が知らない色んな事を学べると思っています。
これは捉え方の違いだと思います、僕にとってはそうであり、しゅうさんにとっては馴れ合いに近い場所なのかもしれません。

その小さな社会において、誰かとトラブルがあったとします。
その時はやはり、何が悪かったか、どうすれば防げたか、原因を探るべきだと思います。
それで悪かった点を見つけた後、他のフォロワーの方々へ同じ過ちを繰り返さないよう、「努力」すべきだと、僕は思っています。
例えエターナルな友人であろうと、自分の内面において悪いと気付いた所、また他の人とトラブルになった所について改善していく事が、友への感謝の形になるのではないでしょうか。
「親しき仲にも礼儀あり」この言葉は言い得て妙だと思いました。

しゅうさんにとっては、「努力」という言葉が苦手なのかもしれません。
でも社会に出たら、自分にとって苦手な人と仕事を共にしたり、人間関係のトラブルが絶えなかったりと、多くの困難があると思います。
そういう時どうするか。しゅうさんならどうしますか。
Twitterというツールについて別の角度、つまり「社会の縮図」として、人間関係のあり方や、社会勉強の場として捉えてみてはいかがでしょうか。
しゅうさんの捉えるTwitterとは全く異なる意見でしょうが、ご参考になれば幸いです。

長々とごめんなさい。
僕の言葉が少しでもしゅうさんに届く事を願ってます。

Re: タイトルなし

はい。それは分かっています。
人間関係を改善しなければならないということは分かっています。
ですが、そのための具体的な改善点が見えていない今、不安なんです。
今の未熟な僕では何を言っても説得力がありません。
説得力がつく頃にはもう今付き合っている人はいないかもしれません。
こんな揉め事があと何回、何十回、何百回続くかと思うと不安でなりません。
少しずつ、改善していきたいです。
そう言っている自分すらも信用出来ませんが。

改善点なんて…それは毎日を生きる中で常々模索するものだと思いますよ。
僕だって人間関係の構築は下手です。特効薬なんて無い以上、日々何が良いか悪いかを考えています。
決して全てが実る訳ではありません、ただそういう姿勢を持てば、自ずと見つかるかもしれませんし、何か人として変わるきっかけを掴めると思います。

周りの友人と毎日を過ごす中で、成熟していけるよう願ってます。
Twitterといいこちらといい、上から目線で申し訳ない、僕も日々頑張ります。

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
すべてはこれから変えていくってことですね。
でも、今までに迷惑かけてしまった人たちのことを想うとなんだか切ないです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ilovenanasakiai.blog24.fc2.com/tb.php/106-dbadcb37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) アマガミ・七咲逢をこよなく逢する七咲逢依存症患者の家. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。