--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-29

エピソード閏年特別版「先輩、今日は2012年2月29日ですよ」

4年に一度の「閏年」と呼ばれる年がやって来た。
今日は4年に一度しかない2月29日だ。
この日に誕生した人は4年に一度しか歳をとらないとか言われてるけどデタラメだろう。
それはいいとして。
僕と逢、長女の祈、長男の幸伎、それにアマガミの面々+αが登場するこの七咲アフターストーリー。
それが載っているとかいう妙なブログが開設されてから初めての閏年を迎える。
閏年の記念に管理人が閏年特別版の話を作ったんだ。
まあ、突然思い付いたとかで、皆さんが読む頃には3月になっていると思うけど……。
というわけで、本編に移ります。



七咲家

逢「先輩も祈も大丈夫かなぁ。今日は一日中寒くて雪が降ってるし」

刑事である僕と、小学生の祈はそれぞれ職場と小学校に行っている。
逢は冷蔵庫を開けてみた。ほとんど何もない。

逢「どうしよう。今日お買い物に行くつもりだったのに雪が……」
逢「今夜どうしたらいいと思う?」

逢は眠っている幸伎に話しかけた。当然返答なし。気持ち良く眠っている。

逢「……だよね。はぁ」

逢は微笑みながら落胆した。

ガタッ。

逢「ん?」

はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……。

逢「な、何の音?」
しゅう「た、だ、い、ま……」
逢「せ、先輩!?」

バタッ。

逢「ちょ、先輩!?だ、大丈夫ですか?」
しゅう「あ、逢が……幻か?」
逢「えっと、今温かいお茶を出します」
しゅう「頼む」

数分後

しゅう「はぁ。死ぬかと思った。生き返った。もうちょっとで氷のオブジェになるところだった」
逢「外で仕事してたんですか?」
しゅう「うん。張り込みやってた。容疑者は無事確保できたからいいんだけど、寒くて」
逢「でも早く上がれてよかったですね」
しゅう「今日の仕事は主にそれくらいだったから」

気付けばまだ午後5時過ぎだった。

しゅう「あれ?」
逢「どうしました?」
しゅう「夕飯の支度はまだなんだ……」
逢「それがですね……」

逢が冷蔵庫を開けた。

しゅう「……買い物に行かなきゃな。寒いけど行って来るか」
逢「い、いいです!私が行きます!!先輩は休んでいて下さい」
しゅう「ほら、この通りもう大丈夫だから僕が行って来るよ」
逢「いいえ。私が……」

その時、玄関の呼び鈴が鳴った。

しゅう「はーい」

ドアを開けた。

森島「逢ちゃんお久しぶり~!」

開口一番、森島先輩がそう言った。

しゅう「え?えっと……森島先輩、お久しぶりです」
森島「ありゃ?キミもいたんだ」
しゅう「はい、ここ僕の家でもありますから」
森島「え、えっと、そうじゃなくって……」
しゅう「ん?」
塚原「ふふ、いつもしゅう君が出勤中で七咲しかいないから、ついいつもの癖が出ちゃったのね」
しゅう「塚原先輩……。なるほど、そういうことでしたか。とりあえずお二人とも上がって下さい」
森島「ありがとう」
塚原「お邪魔します」

森島先輩と塚原先輩を家に入れるなり、すぐに二人とも逢と対面した。
逢が温かいお茶を出した。

逢「どうぞ」
森島「ありがとう」
塚原「ありがとう、七咲」
しゅう「お二人とも早上がりだったんですか?」
塚原「私はもともと休診で、はるかは早上がり」
森島「今日寒かったでしょ?早く帰りたくて社長に駄々をこねちゃった」
しゅう「え?」
逢「ズル休み……みたいな感じですか?」
森島「ち、違うわよ!」
塚原「違うの?」
森島「私はただ早く帰りたくて、仕事をパパーっと終わらせたから、社長に帰っていいですかってお願いしたの」
塚原「なるほど。パパーっとね」
しゅう「お願いした?さっき駄々をこねたって言ってませんでした?」
森島「え?ああ、気のせい気のせい」
逢「それで、何をしにウチに?」
森島「えっと……なんだっけ?」

ズサーッ。

塚原「出たよ、はるかの物忘れ」
しゅう「えっと……一つは僕たちに逢いに来たんですよね?」
森島「そうそう!祈ちゃんと幸伎君の顔を見たくて」
逢「生憎ですが、祈はまだ学校です」
森島「そろそろ帰って来る頃ね。よーし、幸伎君を今のうちに抱っこしておこうっと。いいよね?」
逢「はい」

幸伎と戯れ始めた森島先輩。
これでは一向に話が進まない。

塚原「はぁ。はるかにも困ったものね」
しゅう「でも逆に森島先輩は森島先輩のままでちょっと安心しました」
塚原「うん。確かにはるかは全然変わってない。結婚の予定がないってところまで」
逢「まだ独身なんですか?」
塚原「付き合っては別れ、を繰り返してる」
しゅう「相変わらずだ……」
森島「幸伎君よしよし。う~ん、かわいい!」
塚原「……」
しゅう「……」
逢「……」
塚原「は、はるかが、あんなんだから、話が進まないね」
しゅう「……ですね」
逢「……はい」
塚原「仕方ない。代わりに用件を話すわ」
しゅう「お願いします」
塚原「はるかがね、どうしても行きたい店があるんだって」
逢「それで私たちを誘いに?」
塚原「そういうこと」
しゅう「えっと、夕飯ってことでいいんですよね?」
塚原「もちろん」
しゅう「助かったぁ」
塚原「助かった?」
逢「実はですね、食材がなくて夕飯をどうしようか考えていたんです」
塚原「なるほどね。それで夕飯の支度をしている姿がなかったわけだ」
しゅう「気付いてたんですか?」
塚原「何となくね」
逢「その店ってここから近いんですか?」
塚原「ごめん。店の情報ははるかしか知らないんだ」
しゅう「……そう、なんですか」
逢「……」
塚原「……」

3人で温かいお茶をすすりながら森島先輩に視線を送った。

森島「幸伎君かわいい!!……あ!ごめん」

視線に気付いたのか森島先輩は幸伎を再びベッドに寝かせて戻って来た。

森島「えっと、そう、その店の情報だよね?」
塚原「話聞いてたんだ」
森島「う、うるさい。ひびきちゃんは黙ってて」
塚原「……」
森島「早速、その店の情報だけど……どんな店か予想してみて」
しゅう「予想!?」
逢「ヒントはないんですか?飲食店って言ってもいっぱいありますよ」
塚原「そうね」
森島「ヒントはねぇ……今日!さあ、分かるかな?」
しゅう「今日?」
逢「今日ですか」
森島「あ、ちなみに正解した人だけ招待するから教え合いはなしよ」
しゅう(今日……閏年だから、2月29日……なるほどな。簡単じゃないか)
逢「あれ?先輩、今日って何月何日でしたっけ?」
しゅう「え?」

逢が珍しくアホな質問をしたので顔を見てみたら……笑ってる?ドヤ顔??

しゅう(そうか、逢も分かっててわざとボケてるんだ。よーし)
しゅう「逢、忘れちゃったのか?今日は3月1日じゃないか!!」
逢「えっ??もう3月なんですか??早いですね」
塚原「七咲、疲れてるのね」
逢「いえ、毎日幸伎とずっと家にいるので、曜日の感覚が鈍ってて」
しゅう「やだなぁ。たまには遊びに行かなきゃダメだな」
塚原「それならいい場所知ってるわよ」
逢「本当ですか?」
塚原「うん。小児科に来る親御さんが前に話してた。リラックスできる場所だって」
しゅう「暖かくなったらそこに行こうか」
逢「あ、でも、暖かくなると花粉が……」
塚原「そうね。花粉症対策はしっかり行わないと。二人は大丈夫?」
しゅう「今のところ」
森島「ちょ、ちょっと!!何でみんなして話をずらしてるの?」
しゅう「え?あ、すみません」
逢「えっと、今日が3月1日だから……雛祭り??」
森島「違うでしょ!!今日は2月28日よ!!」
しゅう「え??」
逢「はい??」
塚原「はぁ。またか」

出題者本人がヒントを忘れていたとは……恐れ入った。
ヒント以前に今日の日付を忘れるとは!!
さすが物忘れの森島先輩。

しゅう「それならもう解けてますよ」
逢「私もです」
塚原「私もよ」
森島「へ、へぇ……答えは?」
祈「ニンニク」
しゅう「あれ??」
逢「今祈の声が」
祈「ただいま。塚原先生、森島さん、こんばんは」
しゅう「おかえり。寒くなかったか?」
祈「大丈夫」
塚原「祈ちゃん、こんばんは」
森島「そ、それより、どうしてニンニクなの?」
祈「今日は2月29日。ゴロがニンニクだからです」
森島「せ、正解……」
しゅう「すごい!ていうか、いつからそこにいたんだ?」
祈「うちに帰って来たら話し声が聞こえて、森島さんがクイズ出したところから聞いてた」
しゅう(つまり盗み聞きか)
森島「むむむ。難しいクイズだと思ったんだけどな」
祈「え?」
森島「ん?どうしたの?」
祈「実はクラスメートにクイズ好きの男子がいて、同じクイズを出していたのを聞いていたんです」
森島「そう、だったんだ」
祈「他の子は分からなかったようですが、私はすぐに分かったので答えました」
しゅう「祈は頭がいいからなぁ」
塚原「ふふ、親ばかね」
塚原「それにしても、はるかのクイズは小学生レベルだったってことね」
森島「ひど~い!一生懸命考えたのに~」
逢「私もヒント聞いた瞬間に分かっちゃいました」
しゅう「簡単だからなぁ」
森島「で、でも、答えたのは飛び入り参加の祈ちゃんだから……」
しゅう「知ってるか、祈?ニンニクを食べると寒くなるんだよ」
祈「どうして?」

僕はペンとメモ帳を持って来て書き出した。

しゅう「ニンニクだろ?2、2、9だ。2×2×9は?」
祈「36!さむっ!」
しゅう「そういうこと」
森島「え……」
逢「あ!今日は2012年2月29日ですね」
逢「ニンニク(229)の、に・お・い・に(2012)……嫌(18)気がさす……とか?」
しゅう「そうか。2012年もゴロに当てはめられるし、2×9は18だ!なるほど」
森島「……」
塚原「はるか。どうやらはるかの負けのようね」
森島「……うん。そうね!みんなで行きましょう、焼肉屋!!」
祈「やった!!焼肉!!」
しゅう「えっと……」
森島「割り勘ね」
しゅう「う……奢りじゃないのか……ま、仕方ない」
逢「幸伎も連れて行きますが、遠くないですよね?」
森島「すぐ近くよ。行きましょう」

こうしてみんなで2012年の2月29日に焼肉屋に行った。
その店は“ニンニク”を使った料理が絶品らしい!!
なるほど、だから“今日”あんな簡単なクイズを出して僕らを誘ってくれたのか。
森島先輩、ありがとうございます。

ちなみに、行った店の店主は前にひったくり事件で僕が救った人だった。
おかげでちょっと安く提供してくれた。
いいことはするもんだな。



七咲アフターストーリー
エピソード閏年特別版「先輩、今日は2012年2月29日ですよ」
END

スポンサーサイト
2012-02-21

七咲逢&メッシさん、お誕生日おめでとう!!

みなさん、今日が何の日かお分かりですね。
ていうかもうタイトルでネタバレしてるし(笑)

え?分からない??
ちょ、ちょっと、校舎裏来いや!(^ω^#)ボキッポキポキ……

森島「もう、そんなこと言っちゃって。本当は分かってるんでしょ?いいから、一緒にプールに覗きに行こう?」
森島「今ちょうどひびきちゃんと逢ちゃんが泳いでるの!見たいでしょ?」

見たい。
ごくり。

塚原「はるか。出て行きなさい」
七咲「相変わらず先輩は変態ですね。見損ないました」

はい、というわけで。
本日、2月21日は
僕の最愛の妻、七咲逢のお誕生日です!!

おめでとう!!
パチパチパチパチ!!


併せて!
ゆかなストの同士、メッシさんのお誕生日です!!
おめでとう!!
パチパチパチパチ!!


えっと、メッシさんって誰??って思いますよね。
思いませんか?ならいいんですが。
一応説明しておくと、七咲逢と誕生日が同じで、僕と同じゆかなさんとazusaさんのファンです。
Twitterのフォロワーさんで、もう何度もお逢いしていて、ほぼ友達感覚です。
去年のゆかなさんのバースデーライブ(2/20)で出逢い、七咲逢と誕生日が同じだと知りました。

何故七咲逢&メッシさんにしたかと言うと……
ゆかなさんと誕生日が同じ、夢幻探求(むーたん)というこれまた同様に僕の友達がいます。
ゆかなさんの誕生日祝いの記事を書く時は必ず一緒に記事に書いてお祝いします。
それと同様で、七咲逢を祝うならメッシさんも一緒にお祝いしましょうという魂胆です(笑)
去年は書き忘れたというか、出逢って間もなかったので書かなかったんです。
今年はちゃんと覚えていたし、お互いの好感度的な物が高まったので。

まあ、それはいいとして。
現段階では誕生日SS的な物は思い付きませんでした。
代わりと言っては難ですが、このような画像を用意いたしました。
先に書いておくと、逢の分しか用意していなくてすみません。
メッシさんには後ほど何かを手渡しという形で……。

画像:Birthday of Ai Nanasaki 2012

七咲逢が持っているケーキは左がいちごタルト、右がミロワールカシスです。
たぶん、この後両方を半分ずつ分けて食べます。
メッシさんの分がない……。
あ、そうだ。僕は我慢して、メッシさんと逢で分ければ!!
そうしましょう!

ちなみにこの画像、元のサイズは1128x636(px)で854KBでした。
そのまま載せたかったのですが、FC2ブログの仕様上、500KBが限度でした。
70%のサイズでもギリギリアウトで、69%でやっとうp出来ました。

最後に

七咲逢
いつも仕事が忙しくて家事や育児を押し付ける形になってすまない。
僕や子供たちのためにいつも一生懸命でいてくれてありがとう。
無理はするなよ。きつかったら僕がいつでも代わるから。
これからもよろしくな。


メッシさん
いつもメッシさんの笑顔に癒されてます!
え?嘘つくなって??いや、本当ですって!!
メッシさんと一緒にイベントやライブに参加して
一緒にお喋りしている時間が楽しいです。
この先もずっと共にゆかなさんやazusaさんを応援していきましょう。
今度お逢いしたら何かしますね。期待してて下さい。

2012-02-17

ゆかなさん、azusaさんとの接点(随時更新)

2008年:アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」
C.C.(シーツー)役でゆかなさんを知る

2009年:プレーステーション2用恋愛シミュレーションゲーム「アマガミ」
七咲逢役でゆかなさんが出演していることを知り、購入
以後、七咲逢も好きになる

2010年7月:アニメ「アマガミSS」
OPテーマを歌っているazusaさんを知る

10月17日:アマガミSSマンスリーイベント七咲逢編
ゆかなさん、azusaさんともに初対面(座席は前から3列目、左から6列目という好位置)
イベント終了後、迷いに迷った末、azusaさんと初握手
以後、azusaさんのファンになる

10月23日:azusa 2nd Single「君のままで」発売記念インストアイベント
azusaさんのミニライブ、サイン・握手会

11月21日:アマガミSSマンスリーイベント桜井梨穂子編
azusaさん出演

11月22日~現在:超A&G Artist Zone 2h(文化放送)
azusaさんがメインパーソナリティを務める月曜2hのリスナー兼投稿者「七咲しゅう」

12月19日:アマガミSSマンスリーイベント絢辻詞編
azusaさん出演(サイン・握手会の列が終了するのを待って軽く挨拶)

2月20日:ゆかなシークレットバースデーライブ
ゆかなさんの1月6日のバースデー記念のライブ
整理番号10番で最前列左端のテーブルに着く
彼女の癒しの歌声に生きる希望をもらった
この時初めてゆかなさんに誕生日プレゼントを贈った

4月14日:ゆかなチャリティーライブ(神戸)
3月11日に発生した東日本大震災のチャリティーライブ
前から3列目くらいの右端の席に着く
再会したゆかなさんに感動を覚えた

4月28日:azusa 3rd Single「夢ノート」発売記念インストアイベント
イベントのラストの握手&サイン会でazusaさんに「アマガミSS以来知っていますよ」と言われた
おそらく初対面でazusaさんに顔と名前を覚えてもらえた

5月8日:ゆかなチャリティーライブ(渋谷某所)
神戸に続き、東京にも参加

8月31日:azusa 1st Album「azusa」発売記念インストアイベント
秋葉原にて行われた
イベント自体は諸事情で不参加だったものの…… (知りたい人はメールなどでこっそり聞いてね)

9月3日:azusa 1st Album「azusa」発売記念インストアイベント
新宿にて行われた
曲目は「1:明日晴れたら」「3:マングローブの森」「10:君のままで」
握手&サイン会の際に、azusaさんのスタッフさんが「adidas」のTシャツを着ていた
「adidas」のショルダーバッグを持っていた僕は思わず「お揃いですね」と話しかけた
またイベント後、とある2hリスナーのフォロワーさんとオフ会をした

9月4日:azusa 1st Album「azusa」発売記念インストアイベント
横浜にて行われた
曲目は「1:明日晴れたら」「6:真夏のフォトグラフ」「12:夏祭り」「10:君のままで」「4:夢ノート」
イベントの前日にazusa 1st Album「azusa」初回生産限定版DVDを見た
azusaさんのあまりの可愛さに興奮して眠れなくなり、結局徹夜で参加
眠気とコーヒーの飲み過ぎによる腹痛に苛まれながらも何とかイベントに参加出来た
イベントもちょっとしたハプニングが起きるなど、すごく盛り上がった
またもやazusaさんのスタッフさんとお揃いの「adidas」だった
二日連続でazusaさんに逢えて幸せだった
また他にも幸せな出来事はあったが…… (知りたい人はメールなどでこっそり聞いてね)

9月18日:2h Live
新宿BLAZEにて行われた2hの初ライブ
azusaさんの曲目は「ナミダアメ」「夏祭り」「君のままで」
また2h火曜パーソナリティの南里侑香さんとのコラボで「カントリーロード」
2h木曜パーソナリティの黒崎真音さんとのコラボで「やさしさに包まれたなら」
すべてバンド演奏で行われ、会場で先行発売されたサイリウムが真っ暗な会場を彩った
azusaさんの天然DJKスキルが発動したり、他のパーソナリティの方々のボケなどが冴えて面白かった
他のパーソナリティの方々のことを少しだけ書くと……
火曜日担当の南里侑香さんは「侑香ママ」で優しくてしっとりとした曲を歌った
水曜日担当の吉田仁美さんは「おしゃべりお化け」で、テンションが最高で盛り上がった
木曜日担当の黒崎真音さんはかっこいいイメージで、かっこいい曲を歌っていた
金曜日担当の鷲崎健さんのトーク力もすごくて、笑いが絶えなかった
なお、月曜日~木曜日のアシスタントパーソナリティの増田俊樹さんはというと……
この後、舞台があるとのことで出演はなかった
2h Liveの後に増田俊樹さんの舞台に向かった人もいた
また、来月からの2h二周年目に向けて、火曜日のパーソナリティが交代するとのことで……
南里侑香さん、一年間お疲れ様でした
個人的に言うと……
2h Liveなんだからその名の通り2時間かと思いきや、終わって時計を見るとナント3時間だったという……
さすがワッシー(鷲崎健さん)
3時間オールスタンディングのライブは実は初めてで、足腰の疲労が限界だったのと……
徹夜明けが重なって終わってご飯を食べて帰る頃には眠気MAXだった
また、サイリウムを会場で思いっきり振り過ぎて右脇が筋肉痛になった
サイリウムを買い占めて付属の缶バッジを制覇した2hリスナーさん(この時初対面)がいて
パーソナリティの方にその場で名前を読み上げられるという何とも羨ましいことがあった……
僕も色々頑張ろうと思う
(まあ、僕もその人も共通して少しだけ幸せな出来事があったのだが、それはここでは秘密♥)
詳しくはazusaさんのブログを見て下さい。 → 2h LIVE!!@新宿BLAZE

11月5日:早稲田祭2011(早稲田大学早稲田キャンパス)
ゆかなトークショー&ミニライブ ~早稲田にほほえみをあげたい~

早稲田大学早稲田キャンパスにて11月5~6日に開催された早稲田祭2011。
5日のゆかなトークショー&ミニライブ ~早稲田にほほえみをあげたい~に参加して来た。
詳細はコチラ
前回、5月8日のゆかなチャリティーライブ(渋谷某所)で友達になったゆかなストから情報を仕入れ……
彼と一緒に行った。
半年ぶりにゆかなさんに再会できて感動した。
また、トークショーの最中、静まり返った場内で飛ばした※ギャグがゆかなさんにウケたり……
言ってほしいセリフのコーナーで※※僕が投稿したセリフが他のセリフよりも高く評価されるなど……
個人的に驚きの連続で、イベントがすごく盛り上がった。

※ゆかなさんが撮った写真のスライドショーのコーナーにて
枝豆が好きで、無農薬で枝豆を栽培している友人から仕入れる。
でも、無農薬だから品質が心配で、自分で食べる際も、人にお裾分けする際も必ず事前に塩茹でする。
つまりはマメな性格。マメだけに。
僕「マメですねぇ」 ゆかな「マメだけにマメ……うまいね!」 会場、拍手!

※※前々回、4月14日のゆかなチャリティーライブ(神戸)でゆかなさんが言った励ましのセリフ
「今はね、こんなご時世だけど、みんなで落ち込んでちゃダメだよ。もっとみんな元気になろう!」
他の参加者がごくありふれたセリフとか、言わせちゃまずいようなセリフを送ってる中……
「このセリフは唯一まともなセリフです!」と司会者の男子学生に褒められた。
ゆかなさんの受け売りではあるけれども……。

他にはゆかなさんの学生時代や声優人生について聞けたり、色んな写真を見せてもらったり……
キャラ・場面・セリフを設定して即興でゆかなさんに演じてもらったりした。
参加者は終始笑顔で、「ほほえみをあげたい」は大成功だった。

また、ライブパートでは次の5曲が歌われた。
ほほえみをあげたい
インフィニット・ストラトスより、セシリア・オルコットのキャラソンとEDの複合曲
恋はみずいろ(倍速ver)
REINCARNATION(英語の部分だけゆかなさんの生演奏)
dearie

千代正行さんのギター演奏のみで行われたライブ。
通常のライブではステージが明るくて客席が暗いのだが、今回は逆だった。
ゆかな「逆だから緊張する~」 僕「ゆかなさんが眩しいです!」 ゆかな「//////」

イベント終了後には新たなゆかなストの友達ができ、一緒に遊びに行った。
♪ゆかにゃんのライブで、楽しい仲間がぽぽぽぽーん!ライブに行くたび友達増えるね///

2012年1月21日:yukana BirthdayParty2012
リンク参照

2012年2月1日:5th Single「check my soul」発売記念イベント
東京都虎ノ門にあるポニーキャニオン、1Fイベントスペースにて行われた。
詳しくは2行上のリンクをクリック。

2月8日:azusa 6th Single「告白」発売記念イベント
秋葉原にあるアソビットシティにて行われた。
詳しくは2行上のリンクをクリック。

2月12日:yukana BirthdayParty2012~会いに行くよ~in東北
リンク参照

続きを読む »

2012-02-17

dearie  素敵なお友達との思い出

こうしてゆかなさんのライブは無事に終了。
物販のところでしばらく僕、agaokaoさん、ききさん、ききさんの知り合いの4人で会話。
その後、ききさんの知り合いと別れて3人で商店街をブラブラしました。
とても大きな商店街で、地元の名産品がずらーっと並んでいて興味深かったです。
地元の名産品を眺めながらのゆかなさんについての会話はとても楽しくて……
気付いたら17時くらいまでそこにいました。
ここで特に印象的だったのは……
・ききさんが僕とagaokaoさんにワッフルをプレゼントして下さったこと
・朝僕が見つけられなかった「なか卯」がこの商店街のすぐそばにあったこと
……ですね。
ききさんは親切な方だし、僕はDJK(ドジっ子)だし、個性あふれる3人です。
(あれ?1人抜けてる?)

ちなみにこのライブで知り合ったゆかなさんファンは4人でした。
ききさん、彼の知り合い、僕の右隣の方、その右隣の方。
このうちの彼の知り合い以外の方々はゆかなさんのブログにコメントしています。
この4人とは出逢うべくして出逢ったわけですが、会話をしたのは今回が初めてでした。
こうやってゆかなさんのライブで楽しい仲間がぽぽぽぽーん!
もっと色んな方と知り合えたらいいですね。

一応改めて紹介しておくと、agaokaoさんとは早稲田祭で出逢いました。
彼が参加出来なかったゆかなさんの神戸のチャリティーライブ。
その内容が書かれているどこぞのブログにお世話になったとか。
それからしばらくして早稲田祭に参加。
同じ会場にいた目立つ人を見つけて声をかけました。
その相手がそのブログの管理人だったそうです。
それが僕と彼の出逢いでした。
当ブログと「七咲しゅう」だけで特定されてしまってびっくりでした(笑)
そうやって知り合った直後に一緒に映画プリキュアを見たという思い出が。

で、話を戻して、会場を離れた3人は別の商店街をブラブラしました。
いきなり牛たんを食べるか、それとも喫茶店でご当地のお菓子を食べるか。
迷った末に後者に決まりました。
そんなわけで入ったお店が「玉澤総本店」でした。
二階が喫茶店になっていて、18時半までの営業でした。
とりあえず、僕は「ずんだしるこ」を、他の2人は「抹茶ぜんざい」を注文しました。
DSC_0541縮小  DSC_0542縮小
「ずんだ」ってなんだ??って思われる方。ギャグのつもりはありません!!
「ずんだ」とは枝豆(未成熟な大豆)またはそら豆をすりつぶして作る緑色のペーストのこと。(by wikipedia)
言葉で説明するとそんな感じです。
写真を見ると、その色とところどころ豆の形が残っているということで分かると思います。
豆の味とクリームの味が合わさって絶品でした!
この「玉澤総本店」で18時半頃までだべっていました。
一番年上のききさんが面白かったです。
ききさん曰く、僕もagaokaoさんも変わり者だと(笑)
まあ、僕は確かに変わり者ですがね……。←自分で言うな(笑)

その後、2人をお土産物屋さんまで誘導しました。
この2人、何も調べずに仙台まで来たそうで、僕が案内するしかなかったです。
僕は珍しく用意しゅう到で仙台のお土産物屋さんについて色々と調べてから来ました。
まあ、もともとagaokaoさんが一緒に来ると分かるまで1人で行動する予定でしたから。
夜行バスの時間までの暇潰しをバッチリ用意していたわけです。
そんなわけで仙台三越、藤崎に行きました。
前日にお土産を買ってしまった僕は2人がお土産を買うのを見届けていました。

時刻は19時を周り、仙台三越、藤崎の閉店時間になりました。
20時台の新幹線に乗って帰るというききさんのために、仙台駅の牛たん通りへと案内しました。
人が大勢並んでいた「利久」は避けて、「たんや善治郎」に入りました。
僕はニ夜連続「牛たん定食1人前」を、agaokaoさんは「牛たん定食1.5人前」をそれぞれ注文。
ききさんは地酒3種類とともに「牛たん丼」か何かを注文していました。
「たんや善治郎」の「牛たん定食1人前」↓
DSC_0543縮小
僕は前夜に1人前で満腹になったのに1.5人前を注文したagaokaoさんがすごいなと思いました。
ききさんはききさんで、これから新幹線で帰るってのに酔い潰れる気満々でした。
「ニ夜連続牛たん食うハメになってすまんね」とききさん。
いやいや、むしろニ夜連続牛たんが食えて嬉しいくらいでした。
こうやって牛たん牛たん書いて写真見てるとまた牛たんが食べたくなってきたという……。
恐ろしや牛たん!
なお、前夜に牛たんを食べた僕は二人に盛んに「テールスープおすすめ」って言っていました。
テールスープは本当に美味いです!!
それに対し「酒飲んでテールスープって、汁物ばっかりだな」とききさんのさり気ないツッコミ。
とりあえず、ききさんの新幹線の時間に間に合うようにペースアップして食べていましたが……
それでもagaokaoさんが僕以上に食べる速度が速かったです。
「1.5人前あったのにもう二人の残っている量が同じだな。すごい」とききさん。
確かにagaokaoさんはすごいなぁと思いました。
その後食べ終わった僕はききさんの新幹線の時刻を調べました。
この時分かったのは、僕もagaokaoさんも「はやて」に乗って来たということです。
ききさんに新幹線の停車駅を聞かれて「東京、上野、大宮、仙台」と答えました。
「え??大宮から仙台までノンストップ??」
ききさんはすごくびっくりしていました。
どうやら東北新幹線はやまびこ以外は栃木県と福島県には止まらないようです。

ちょうどいい時間になって「たんや善治郎」を後にして新幹線の改札口へ。
「喫茶入ったし、お土産買ったし、牛たん食ったし。もう思い残すことはない」
ききさんは十分に仙台を堪能されたようで、何よりです。
ききさんと別れて、夜行バス組の2人だけになりました。
上記から分かる通り、ききさんは「やまびこ号」に乗って帰りました。
あんなに酔っ払って大丈夫だったかな?と心配でしたが、まあ問題ないでしょう。

2人で夜行バスの乗車位置を確認し、仙台駅東口のサイゼリヤに入りました。
僕は23:30発の横浜駅東口行きに、agaokaoさんは23:45発の東京駅行きにそれぞれ乗る予定でした。
なので、23:00までサイゼリヤでドリンクバーだけ注文してだべっていました。
この時一番驚いたのはagaokaoさんがazusaさんの曲を好きになっていたことです。
早稲田祭の時に、彼が「アマガミオールナイト上映会」に参加するという話を聞きました。
当然ゆかなさん目当てだったようですが。
そこでazusaさんの生歌「i Love」「君のままで」を聞いてファンになったとか。
僕はそれを聞いて嬉しかったです。
早稲田祭が終わって二人で映画プリキュアを見に行った際に彼の前でうっかり着信音が鳴ってしまいました。
azusaさんのアルバムの曲で「夏祭り」でした。
それを聞いた彼が「それ何て曲ですか?」って聞いて来て、「あ、知らないんだな」って思いました。
あの時azusaさんを知らなかった彼がazusaさんに興味を持ってくれて僕は嬉しい限りです。
今後、ゆかなさんだけじゃなくてazusaさんのイベントも一緒に行きたいなと思いました。

だべっているうちに時刻は23:00となりました。
23:20集合だというagaokaoさんを集合場所まで見送った僕は引き返して夜行バスに乗りました。
初めての1階建てトイレ付きの夜行バスでした。
今までは2階建てトイレ付きしか乗ったことがありませんでした。
やっぱり1階建てだろうが2階建てだろうが夜行バスが窮屈なことに変わりはない!!
しかも休憩なしで横浜に向かいました。
以前神戸行った帰りに休憩時間に起きた悲劇を思えば、休憩がなくてよかったなと思います(笑)
しかしやっぱり夜行バスは窮屈で寝付けません。
4時くらいに起きてカーテンの中に首を突っ込んで夜景を見ながらワッフルを食べました(笑)
ききさん、本当にありがとうございました。
ちょうどいいお夜食でございました。



最後にまとめます。
ゆかなさん、本当にありがとうございました。
ゆかなさんが仙台でライブを開いて下さったおかげです。
そうでもなければ僕らがこうして仙台に行くこともなかったと思います。
仙台の美味しい物を食べて宿に泊まって、楽しい仲間と出逢えて……。
本当に感謝の言葉しか出て来ません。
僕は仙台に行けて幸せでした。また行きたいなと思います。
そう思えたのもやっぱりゆかなさんのおかげですよ。
ありがとうございました。
また今度遠征する機会があったらぜひぜひお供させて下さい。
ゆかなさんが緊張せずにライブを楽しめるようにこちらも頑張ろうと思います。

がんばれ、東北!
がんばれ、ゆかなさん!



2012-02-17

ほほえみをもらった ゆかなさんのライブ

2月12日、ゆかなさんのライブ当日。
この日は朝7時半に起床し、軽くシャワーを浴びて身支度を整えて8時にチェックアウト。
なか卯で朝飯を食べたかったのですが見つからず、結局会場の隣のマクドナルドへ。
スマートフォンなので調べれば良かったのですが、面倒だったので(笑)
朝飯を食べ終えて9時くらいに会場前に待機。
新幹線で10:09に仙台に到着し、30分以内に来るという僕の相棒とここで待ち合わせをしました。
DSC_0534縮小  DSC_0535縮小

ご覧のとおりに、会場は大きな商店街の中にあります。
9時半くらいになって貼り出されました。
DSC_0536縮小
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
ゆかなああああああああああああああああああああ!!


それからちょっとの間PSPでゆかなさんのアルバムを聞きながら商店街をブラブラしていました。
10時ちょっと前くらいになって、ピアノの海老原さんを発見!!
急いでPSPの音楽を止め、隣にいたフードを被った白いゆかなさんに近付きました。
その際に焦ってPSPを地面に落としました!!
しかし拾っていてはゆかなさんが行ってしまうと思ったので放置
ゆかなさんに後ろから声をかけ、前日に買ったお土産を直接手渡ししました。
「頑張って下さいね」「ありがとう」
少ない言葉を交わし、再びPSPの元に戻りました。
「落としましたよ」「あ、だ、大丈夫です。問題ないです」
海老原さんともそんな会話をしました。
いやぁ、偶然とはいえお二人に逢えて嬉しかったです。
ゆかなさんに誕生日プレゼントを直接手渡せて良かったです。
前日に買った「ROYAL TERRASSE(ロワイヤルテラッセ)」の「ダックワーズ」です。
金賞を受賞したという洋菓子なので、ゆかなさんにはぴったりのお誕生日プレゼントです。

その後、待てども待てども相棒はなかなか来ませんでした。
会場の前にいたらスタッフと間違われ、地元の商店街のおじちゃんからゆかなさんについての質問を受けました。
「この人どういう人?」
「声優のゆかなさんです」
「声優さんがライブ?」
「はい。彼女の誕生日が1月6日で、それを記念して1月21日に東京でバースデーライブが行われ……」
「今回は出張版としてこちらで行われることになりました」
「当初、土曜日か日曜日かで迷って、土曜日は東京で日曜日は仙台で行われることになりました」
「まあ、去年が去年なので東北復興を兼ねて仙台での開催となりました」
「声優さんがライブやるんだ……声優さんも歌うんだね」
「はい。声優さんも歌が上手いですよ」
「スタッフですか?」
「あ、いえ、僕は参加者です」
「ずっと立ってるからスタッフかと思いました」
などという会話を交わしました。
そこまで説明しなくても良かったのに、ゆかなさんのことになるとついつい本気になります。
ノンストップで1日ゆかなさんのことを語れる自信があります!(キリッ
スタッフと間違われ、それでもいつか本当にスタッフになれたらいいなぁなどと考えていました。
いや、僕はただの参加者でいいです!それ以上は望みません!!
声優さんも歌が上手い……当然かもしれませんね。もともと歌唱力も鍛えられているはずなので。
最近はキャラソンを歌うことを余儀なくされるので歌唱力がないとやっていけないのかも。

相棒がなかなか来ないので聞いてみると、道に迷ったとか!
どうやら移転前の場所に行ったらしく、何とか連絡を取り合って会場前で再会出来ました。
去年の早稲田祭で出逢った相棒、agaokaoさん(ゆかなさんのブログのコメント参照)です。
彼もゆかなさんの大ファンで、初代プリキュアの頃からのファンだそうです。
彼と11:30頃までゆかなさんの出演作について語っていました。
例えば、ISでは僕同様シャルロッ党だとか、アマガミSS+七咲逢編について僕と同意見だったり。
会話の最中に今度は別のおじちゃんにゆかなさんについて尋ねられ……
代表的な出演作として初代プリキュアを挙げていた彼はさすがだと思いました。
最近の深夜アニメよりもプリキュアの方が一般受けがいいですからね。

そうこうしているうちに11:30くらいになって誰も待機者がいないことを不審に思い……
この通路を進んで会場内に入ると、すでに数名並んでいたという。
DSC_0539縮小
みんないつの間に!?
待機していた人の中にagaokaoさんの知り合いがいて、その人と仲良くなりました。
後ほど行動を共にすることになる「きき」さんという方で、同じくゆかなさんのブログにコメントする人です。
どうやら早稲田祭にいたらしく、僕のことを多少知っていました。
やがて整理番号順に整列し、会場入りとなりました。
ききさんが5番、僕が6番、agaokaoさんは9番の人がいなかったので9番でした。
ちなみに、僕とagaokaoさんの間にききさんの知り合いがいました。
彼は当日にゆかなさんのライブの情報を掴み、急いで当日券を買ったそうです。幸運!
DSC_0537縮小  DSC_0538縮小

僕はいつも通りに心のリミッターを解除し、ライブモードに突入。
カシスウーロンを注文。
膝にはゆかなさんのシングル2枚、セシリアさんのタペストリー、C.C.のファイル、七咲逢のラバーストラップ……
もちろん七咲逢Tシャツは常時装備で。
そんな臨戦態勢バッチリな僕は前から2列目中央、通りを挟んで右に着席。
その隣、通りを挟んで左にagaokaoさんが着席。
さらに僕の右隣とその右隣にもゆかなさんのブログにコメントを寄せている方々が。
彼らともすぐに仲良くなりました。

毎度毎度前置きが長くてすみません。
ここからお待ちかねのライブパートです。



こんな感じの衣装でゆかなさんがステージに上がり、続いて海老原さんが。
東京の時と同じ衣装で、そちらに参加した夢幻探求君(むーたん)が描いた絵です。
ゆかな衣装

1曲目:ほほえみをあげたい
ライブはこの曲の開始とともに始まりました。
むーたんから東京の方の話は聞いていたので、選曲が同じだとすぐに分かりました。
早稲田祭(早稲田にほほえみをあげたい)から連続して1曲目に歌われています。
この曲が終わって冒頭の挨拶でゆかなさんが仙台のPRっぽいことを言っていました。
ゆかなさんも僕同様に初仙台で、前日に牛たんを食べ、宿に一泊したそうです。
ホテルでONEPIECEのしらほし登場シーンを見てから来たと言っていました。
(仙台でONEPIECEは関東と放送時間が同じで一週遅れ)
ゆかなさんのライブが初めてという人が数人いました。
ゆかなさん「べ、別にたくさん来ているからいけないってわけじゃないんだよ?」
また、僕を含め、仙台以外から来た人が結構いました。

2曲目:DA-NN! DA-NN! はじまる物語
さっきも書いた通り、僕は去年のバースデーライブで買ったゆかなさんのシングルを膝の上に乗せていました。
2005年発売のシングル「dearie」に収録されているのが「DA-NN! DA-NN! はじまる物語」です。
CDのケースの表のゆかなさんはかっこいいし、裏のゆかなさんはかわいいし。
そのシングルをこの歌の間中、左手でゆかなさんに見えるように持っていました。
(さっき書いたもう一枚は2002年発売の「everytime together」です)
このタイミングだったか忘れましたが、ゆかなさんがご自身のライブのスタイルについて語っていました。
ゆかなさんのライブはフリーダムです。
毎回曲を決めて来るものの、その時の雰囲気や天候で曲を変えるらしいです。
今まではアニメの出演はそんなに多くなくてキャラソンはあまり歌わなかったのですが……
最近になってアニメの出演が増えてキャラソンを歌う機会が多くなったと。
ゆかなさん「仙台のアニメの事情は知らないけど、今アマガミSS+は何話?」
左端の方の人「梨穂子編終わりました」
ゆかなさん「そうなんだ……」
僕「関西では今日七咲逢前編です」←聞かれてもないけど答えた人
ゆかなさん「そっか。終わったのは関東だけなんだ。あ、ネタバレするつもりはないよ」
ゆかなさん「アマガミSS+ではキャラソン歌ってないけど、アマガミSSのEDを歌うね」
というわけで……

3曲目:Noble Heart
4曲目:恋はみずいろ
3曲目はIS(インフィニット・ストラトス)のセシリア・オルコットのキャラソンです。
早稲田祭で初披露となり、その時はEDと混ぜた感じでしたが、今回はフルサイズでした。
僕はシャルロッ党ですが、実は誰のキャラソンも聞いたことがありませんorz
早稲田祭で聞いた「Noble Heart」以外はね(^ω^;)
この歌の間中、セシリアさんのタペストリーを掲げていました。お約束。
むーたんから誕生日プレゼントとしてもらったものがここで役に立つとは……。
でも、その後ISの見てない3話以降を見始めたら見事にシャルロッ党になり……何だかなぁ。
まあ、それはいいとして、七咲逢「恋はみずいろ」
これも早稲田祭で聞いたのですが、あの時とは違ってそこまでアップテンポではなかったです。
東京の方では「幸せの砂浜」だったそうですが、ここでは「恋はみずいろ」でした。
これもゆかなさんが気分的に変えたのでしょうか?

5曲目:Close To You
2011年のバースデーライブの“ミュージックバーゆかな”
それが2012年のバースデーパーティ(東京)で“ミュージックカフェゆかな”に変わりました。
理由は簡単で、お酒がないからバーじゃないと。じゃあカフェ。
東京の方はケーキがありましたが、今回はケーキがなくて歌だけでした。
歌の間奏部分で「本当は抹茶でも出したいけどね」とゆかなさん。
でも今回逆にケーキがなくてよかったと思います。
東京との決定的な違いは、ケーキを食べるためのテーブルがないことです。
テーブルを置いたため、会場入り出来る人数が削減されてしまったのが東京のデメリットでした。
ゆかなさんご自身初の仙台でのライブなので多くの人に来てもらいたいという想いがありました。
そのため、ケーキを出さなかったことで、ゆかなさんとみんなの想いが実現したライブとなりました。
ただ、仙台にもデメリットがありました。
それは、会場の「仙台MACANA」がもともとオールスタンディング用のライブ会場だということです。
オールスタンディング用なので立った時にステージと客の高低がちょうど良くなります。
距離感も近めに設定されています。
それをライブ開始直前にagaokaoさんが言っていました。
チケットをゲットした時に「オールスタンディング」と書いてあり、それを覚悟して行ったわけですが……
わざわざ来た僕らのために丁寧に椅子を用意して下さったゆかなさん。
ゆかなさんのライブスタイルが「座ってゆっくり聞く」なので、当然と言ったら当然かもしれません。
ただ、座ってしまうと客席の方が低くなるし、距離感もかなり近かったです。
普段とは全然違う会場にゆかなさんも緊張していたように見受けられました。

ここで、海老原さんがゆかなさんとの出逢いについて語っていました。
「“ゆかなです(可愛い感じに)”って紹介された時は、ああそういう感じなんだって思った」
「でも、初めて彼女の洋楽を聞いて、圧倒された」
要するに普段は可愛いゆかなさんだけど、本気モードになるとまったく別人になるというギャップです。

また、物販に置いてあった謎のCDの説明がここでありました。
どうやら海老原さんの奥さんのCDだそうです。
いつも海老原さんと女性が一緒にいるところを見かけ、仕事の関係者だと思っていたゆかなさん。
実はそうではなくて、海老原さんの奥さんだったという!
ゆかなさん「結婚してたんだ……。いいなぁ。私は一生独り身」
それを聞いて僕の中の何かが反応しました!(笑)

6曲目:Friends
この曲はゆかなさんの友達が落ち込んでいる時に思い付いた曲だとか。
友達って大事だなって思わせる曲です。

7曲目:傘になる
海老原さんが下のパートを担当していました。
ゆかなさんは(コードギアスの)某福山と一緒に仕事をしているといつも雨になるそうです。
東京でのライブの時にゆかなさんがそう言っていたとむーたんから聞いたのを思い出していました。
また、agaokaoさんから後で聞いた話ですが……ゆかなさんが「傘になる」を歌うと大抵失敗するとか。
ゆかなさんのアルバムのコンサートDVDでは失敗した「傘になる」だけがカットされているとか。
このライブでは成功していたので良かったですが。
ちなみに、この日の仙台は朝から雪が降っていました。
ゆかなさんは以前は晴れ女でしたが、東京・仙台どちらも雪が降り、雪女疑惑が浮上しました……。

8曲目:Wandering
全体的にしっとり系の曲が多かった今回のライブ。
2曲目の「DA-NN! DA-NN! はじまる物語」と同様の明るい曲でした。
この日珍しく会場から手拍子が聞こえたような気がします。

9曲目:dearie
ゆかなさん「短かったね。これで最後だけど……」
僕「え~~~~~!」
みんな「え~~~~~!」
ま、お約束のリアクションでした。
東京の方の8曲目「愛が迷わない」の代わりにここで「dearie」でした。
曲の途中でゆかなさんの歌声が途切れました。
どうしたのかな?と思ったら目から涙が。
曲が終わり、海老原さん「今朝被災者を見て感極まったんだよね?」ゆかなさん「それ言わないで……」
なるほど。仙台は被災地です。あの災害の爪痕はまだ残っています。
ゆかなさんは言ってなかったけど、前日から仙台に泊まっていたなら地震を体感したはずです。
僕は地震の直前に目が覚めたので感じましたが、ゆかなさんははたして……?
また、ライブの直前にagaokaoさんから聞いた話ですが、気仙沼はテレビで見るよりも被害がすごかったとか。
「dearie」って歌はゆかなさんの人生そのものが書かれた歌です。
「生きた証」という言葉が歌詞に出て来ます。
まさしく被災者の方々が抱えている悩みや不安と通じるものがある歌です。

ここで一旦ゆかなさんと海老原さんが退場し、アンコールで戻って来ました。

戻って来て早々アニメの話になりました。
「私ね、男子高校生の日常~女子高生は異常~っていう作品に出ていて女子高生役をやってます」
「男子高校生の日常って言うけど、あれはほんのごく一部の男子高校生だと思うのね」
といった感じに最初は男子高校生の日常の話題になりました。
~女子高生は異常~っていうのを聞いて真っ先に思い浮かんだのは言うまでもなく「●咲逢」です(笑)
何故か「●咲逢」が脳内をループしていました(笑)
続いて……
「他に何か作品知ってる?」
僕「未来日記」
「未来日記かぁ。あれ恐いよね。そう思わない?未来日記は恐いから、元気のある時に見てね」
いや、そうは思いませんが……。疲れている時に見ても何とも思いません。
最後に……
「他は?」
agaokaoさん「ラストエグザイル」
「ラストエグザイルは大変!寝れない!」
「台本が収録の二日前に渡されて、ロシア語を勉強しなきゃいけないから徹夜する」
「私は私の役の他にナレーションをやってて、サブタイトルが何故か英語」
「他にも男の子と女の子の役をやってて、もう大変!!」
「まあ、男の子と女の子は日本語だからまだ楽だけど……」
……とにかく途方もない話を聞きました。
ラストエグザイルの話自体は東京の方のライブに参加したむーたんから聞いていましたが……
まさかここまで大変な役だとは思ってもいませんでした。
ゆかなさん頑張り過ぎじゃないですか?
徹夜して倒れないことを祈っています。

「えっと……そろそろ歌おっか?」

10曲目:命咲く
11曲目:やさしさがしっとりと降るなかで
さきほどまでのトークの中で海老原さんが「アンコールで一曲増やそうか?」と言っていました。
よって、11曲目が歌われることになりました。
僕的には「そよかぜのウタ」でシメてもらいたかったのですが、こういうシメ方もアリだなと思いました。
しっとり系の曲で始まって、途中ちょっとだけ盛り上がって最後はしっとり系でシメる。
素晴らしいライブでした。


ライブ全体を通して
さきほども書きましたが、いつもとは違う雰囲気の会場だったためにゆかなさんは緊張していました。
「~です、よ、ねっ?」と言って不安そうに海老原さんの方に振り向くことが多々ありました。
今回しっとり系の曲が中心で、いつもはっちゃける僕も比較的大人しかったです。
ていうか、しっとり系の曲なのに一人だけバカみたいにハイテンションだったらおかしいです。
困っているゆかなさんを見てもどうしていいか分からず、僕も困っていました。
もっとゆかなさんがリラックスできるリアクションができたらよかったのになと後悔しました。
まあ、いつもこんな感じの癒し系フリーダムライブなので何とも言えませんが。
それでも僕は他の人よりは頑張ってリアクションしている方ですよ?
しっとり系の曲だってゆかなさんを見つめながら体を揺らしてリズムに乗りながら聞いています。
目立つように色々なアイテムを毎回用意しているし。
……って!そんな僕はどっちかって言ったら異常??
ゆかなさんのライブは癒されて眠くなってリアクションできなくなるのが通常。
逆にはっちゃける僕は異常ってこと、です、ね……。
いいじゃないですかぁ!!隠しきれない気持ちを体全体で表現しているんです!!
まあ、そんなわけで、僕はゆかなさんが緊張しないように精一杯リアクションします!!
それが僕に癒しをくれるゆかなさんへの精一杯の感謝の気持ちだと思うから!!

ラストエグザイルなどのハードな仕事を次々とこなしていく立派なゆかなさん。
だけど、ライブで緊張してしまうなど、内面はすごく繊細で弱いです。
チャリティーライブを開催した時も事務所が動いてくれなくて自力でやったそうで……
大丈夫かなぁ?ってちょっとビクビクした様子でした。
今回、そんなゆかなさんのギャップを知ることが出来ました。
こんな風に忙しい中わざわざ仙台まで足を伸ばして椅子も用意して下さるなど優しいゆかなさん。
その優しさに答えるべく僕らも困っているゆかなさんを支えてあげられたらなぁと思います。

まあ、そういう話はまた別の機会にして、次行きましょうか。



dearie  素敵なお友達との思い出  へ続く

Copyright (C) アマガミ・七咲逢をこよなく逢する七咲逢依存症患者の家. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。